イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

断り切れずに契約してしまった場合どうしたらいい? 外壁塗装工事のクーリングオフ

   

外壁工事の営業は手馴れたものです

上手に話を持っていきその場で、料金の高い外壁塗装の契約を結んでしまいます。ですがあとで冷静になってみると後悔するような工事契約を結んでしまった場合どうすればよいのでしょうか?

クーリングオフという方法があります。いったん結んでしまった売買契約を無効にすることができるのですが、どんな契約でもクーリングオフできるというわけではありません。どんなときにはクーリングオフできないのでしょうか?
クーリングオフ以外に問題を解決する方法はないのでしょうか?

人はなぜあわてて契約してしまうのか

人にモノを買わせる方法は、塗装工事も普通のスーパーでの買い物も同じです。夕方スーパーに買い物に出かけると、本来買う予定ではなかったお惣菜が夕方限定のタイムセールを行なっています。そのお惣菜は栄養分○○がたくさん含まれているということで、美容と健康に良いということです。

しかも残り5分で終わりということで、1つ購入すれば、もう1つおまけにつけてくれるとまで言っています。多くの人がこれはお買い得だと思って購入しますが、家に帰って「別に購入しなくても良かったものだった…」と気付くわけです。
これは外壁塗装の営業においても同じです。

訪問営業を受けると、本来さほど緊急性を感じていなかった外壁塗装がいかにも重要であるかのように思わせられます。「もうすでに外壁に割れが入っています。割れからすでにある程度水が進入していることでしょう。このままにしておくと…」と言って緊急性がある工事のように思わせられます。

さらに、「ちょうどいまうちの工務店で、キャンペーンをやってまして、半額で…」と言ってお買い得感を出してきます。
このキャンペーンが今日までだといわれれば、あわてて契約してしまうかもしれません。

契約してしまったときの対処策

その場の勢いであわてて契約してしまうということはあるものです。問題はその後にどうするかでしょう。
冷静に考えて、やっぱり塗装工事を行なったほうがよいと判断するならば、あわてて契約してしまったとしても、塗装工事をしてもらうほうが良いかもしれません。

本当に外壁塗装工事はいずれかはしないといけないものだからです。ですが家族とも相談し、やっぱり今回の契約は取り消したいと思うときは、クーリングオフという制度を使うことができます。

クーリングオフとは?

電話や訪問販売で契約を結んでしまった場合、8日以内であれば、取り消すことができるという法律です。ただし幾つかの条件があり、この条件を知らないとあわてて契約したものでも契約を取り消すことはできません。

これは要注意!こんな場合はクーリングオフできない

クーリングオフというのはあくまでも、詐欺から国民を守るための法律です。
詐欺ではない場合から守ってくれるものではありません。例えば自ら工務店に出向いて、外壁工事の見積もりを出してもらい、契約をします。ですがあとでもっと安い業者が見つかったのでクーリングオフしたいという場合は契約取り消しできますか?

できません。いくら少し高めの契約だったとしても、自ら工務店に出向いているので、自らの意思で契約していると見なされるからです。契約は有効で、料金を支払い、塗装工事をしてもらう必要があるでしょう。

いくら訪問営業だとしても、自らが電話をして訪問してもらった場合は詐欺とは見なされません。初めに電話で営業マンを来させているので、知らずに騙されたとは見なされないからです。

たとえ自らが呼んだ場合ではなく、飛び込みで工務店の人がやってきて営業をかけてきたとしても、過去一年にその工務店に依頼した実績があるならば、やはりクーリングオフはできません。なぜならその工務店はまったく知らない業者ではなく、詐欺として騙されたとは言えないからです。

業者がクーリングオフに応じない場合

ときどき、契約してから8日以内にクーリングオフを申し出たにもかかわらず、業者が応じようとしない場合もあります。そのまま強制的に工事に突入しようというケースもあるでしょう。その場合できるのは、国民生活消費者センターに苦情を述べると告げるか、それでも応じない場合は裁判をおこすことになります。

外壁塗装工事となると100万円、またはそれ以上の大きなお金が動くので、業者も簡単に契約を破棄してくれないことは考えられます。本当に契約を取り消したいなら、毅然とした態度で、接することが必要です。そのほかにも大きな影響力があるのは、クーリングオフに応じないということを、リフォーム工事などの口コミ掲示板などの大々的に載せると述べることです。

工務店としても一番恐いのは、今後仕事が来なくなることです。一件の仕事にこだわってしまうために多くの仕事を失うのを恐れます。ネットの口コミがどれほど大きな影響を及ぼすかは建設業であればよく知られていることなので、ネットの力を最大限利用すると伝えるのはこちらが思っている以上に効果があるものです。

クーリングオフするくらいなら契約しないほうが良い

言うまでもないかもしれませんが、クーリングオフというのは行なうほうもめんどくさいですし、何よりも飛び込み営業だったとしても、せっかく獲得できたと思った契約を破棄されるのは、一番迷惑なことです。もしかしたら、すでに契約を結んでいるのでその外壁塗装工事のために塗料の購入や工事人の手配などを行なっているかもしれません。

これらをすべてを取り消すとなればかなりの赤字を強いられます。クーリングオフの本当の被害者は工務店だったということもあるのです。できればクーリングオフをするのではなく、断るのであればその前に契約しないのが一番でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

費用がかさむ…塗装前の高圧洗浄って必要なの?

意外とかかる高圧洗浄の費用 外壁塗装を業者に依頼した場合、普通足場を組んでいきな …

原色の外壁の落とし穴

小さい頃に見たムーミンハウス、ブルーの外壁が新鮮で憧れました。 そんなムーミンの …

外壁塗装の塗料には油性と水性の2種類あるけど両者の違いはなに?

塗料には水性と油性の2種類がある 外壁塗装をする場合、どの塗料を使うのかがポイン …

新手な外壁塗装詐欺 モニター価格で…この手口ならあなたも騙される

最近の訪問販売詐欺は、常に進化しています。 振り込め詐欺も進化しているのを知って …

あいにくの雨…濡れるけれども外壁塗装は行われる?

塗料関係の工事は延期に 外壁塗装をする場合に注意しなければならないのは天候です。 …

外壁を塗り替えた場合は修繕費?それとも固定資産維持費?

どんなに頑丈で美しい建物でもメンテナンスは定期的に必要になるものです。 特にこの …

カラーシュミレーション 失敗しないためのポイント

近所を散歩していると、誰もがあこがれる素敵な家があるものですね。 洋式の家も増え …

外壁塗装後にカビ、サビが出てきた 業者要らず こうすれば簡単に元通り

塗装工事を後であってもしばらくすると塗装面にカビやサビが発生することがあります。 …

格安外壁塗装業者のカラクリ 知らないと恐い…こんな理由で安いだけだった

ときどき他社とは比べ物にならないほどの安い価格で外壁塗装を行なうという会社があり …

実は目の錯覚かも…色が違うじゃないか!と外装塗装で苦情を言う前に

外装塗装工事前に見せてもらった色と、実際に塗り始めたときの色が違う。 これはよく …