イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

新手な外壁塗装詐欺 モニター価格で…この手口ならあなたも騙される

   

最近の訪問販売詐欺は、常に進化しています。

振り込め詐欺も進化しているのを知っていることでしょう。以前のように「あ、オレオレ。いま事故しちゃってすぐ振り込んでくんない」というものではありません。

「母ちゃん。いまカバン電車においてきちゃって、友達の携帯借りて電話してる…」というようなリアリティ溢れるストーリー仕立てで騙してきます。自分は騙されないと思っている年配者もあまりのリアリティーさにすっかり騙されてしまうようです。

外壁塗装の訪問詐欺も常に進化しており、その1つが「今ならモニター価格でお安く外壁塗装ができます」というものです。すっかり騙されてしまうその驚きの手口を見てみましょう。

訪問営業とはすぐには分からない

最新の訪問営業詐欺はスーツとネクタイを付けて、いかにも建設会社の営業ですというイメージはありません。家々に訪問するときから、仕掛けは始まっています。工事人が着る作業服を身にまといます。ヘルメットをかぶっていることさえあるかも知れません。

「町内のご近所で工事を行なうことになった業者のものです。今日はあいさつ回りでお伺いしました」という感じで訪問してきます。あいさつ回りですから、訪問された側としても、疑うことはありませんし、悪い気はしないでしょう。軽く町内の話などをして、最後に目的となることを触れます。

「ご近所で工事をしてご迷惑をおかけしているので、町内の方はお望みなら無料で点検をしますよ」と言って帰ります。訪問営業詐欺は2回目の訪問で次なる一手を売ってくるのです。

無料点検で恐怖を煽る

あくまでも立場は近所で工事をしている会社の人。工事は終わったのであいさつをしに来たなどと言ってやってきます。ついでに「この前伝えていた無料点検ですが、10分くらいで終わるので、やってみましょうか」と点検チェックリストの表などを持ち出し、提案してきます。

家の人はてっきり「ついでに見てもらおうかしら」と感じます。10分の点検後、「だいぶ外壁が傷んでますね。すでに…」と言っていろいろ問題を指摘します。続いて恐怖を煽ります。「2年ほど前に手を打っておけばよかったんですけど、ここまで痛んでいるとだいぶ費用が掛かりますね。今なら手を打てばギリギリ間に合うでしょう」とお金はかかるけど今すぐ外壁工事を行なえば間に合うということをそれとなく伝えます。

特別だと思わせる

「高くつくんですけど…、この家立地条件がいいんですよね」と切り出します。「角に立っていて、家の造り的にも見栄えがいいので、当社のホームページやパンフレットに施行例として掲載したいんです。掲載にご同意していただけるならモニター価格ということで、すべて半額でさせていただけますよ」ここで先ほど述べただいぶ痛んでいるので費用がかかるという言葉が効いてきます。

「見積り260万円なのですが、130万円でやりますよ」と営業をかけてくるのです。モニター価格で半額なら…と思って契約してしまうわけです。

腕の立つ営業詐欺は急がないように急がせる

上記のように腕の立つ営業詐欺は、一芝居打ちます。芝居を打つということは直接営業をかけるより時間も掛かるのですが、確実に相手を落とします。中にはモニター価格とうたっておいてその料金を前金でもらい、工事すら行なわないで姿をくらませることもあるでしょう。

ですがそれでは警察から狙われるリスクがあるので、モニター価格という名の下、お客さんにはお得に外壁塗装してもらったと思わせといて、実際には正規の値段をしっかり取っているというパターンがほとんどです。

営業詐欺に騙されないためには

何をもって騙されたかというのは人それぞれ違います。いくらモニター価格でと言って割安感を出されて契約したとしても、普通に外壁塗装工事をしてもらい、お客としても納得して工事料金を払ったのであれば、それは詐欺ではありません。

上手な営業をかけられたという程度です。詐欺と言えるのはお金を持ち逃げされたとか、ほとんど工事されてないのに、法外な値段を要求されたというケースです。「モニター価格で行ないます」というのは工事をしてもらう以上は詐欺ではないのかもしれません。よって、営業詐欺に騙されないための注意点はただ1つ、お金を持ち逃げされないことです。

モニター価格であるとか、今だけのキャンペーン価格であると相手が言ってきているとしても、すべてがウソだとは限りません。本当に建設会社はそのようなキャンペーンを張ることがあります。お金を持ち逃げされないために、契約前に相手の会社がどこかを聞き出し、その会社が実在していることを確認することです。

その営業マンであれ、工事人を装う営業マンであれ、建設会社(塗装会社)の固定電話に電話をして、本当にその会社に在籍している人かを確認することです。所在がしっかりしているのであれば、詐欺としてお金を持ち逃げされることはないでしょう。料金も前金と後金の2段階に分けるなら、きちんとした工事をしてもらいやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

「カラーシュミレーション」 便利な機能もほどほどに

玄関の顔とも呼ばれる外壁ですが、いざとなるとどんな色調・配色にすればいいか悩んで …

塗料選びで家族の健康を守り、光熱費が節約できる?!

毎日紫外線や雨水にさらされる外壁。普段はあまり気に留めないかもしれませんが、実は …

おいおい、塗ったばかりなのにサビてるし… 外壁なんでそうなるの!

外壁塗装をお願いしました。しばらく経ちました。ハイ、錆びが生じました。 外壁塗装 …

外壁塗装でよく使われている塗料の成分にはどのようなものがある?

現在ポピュラーなのはシリコン樹脂系塗料 外壁塗装で使われる塗料は、いろいろな成分 …

外壁塗装を業者に依頼・差し入れは出したほうがやっぱりいい?

気持ちよく工事をしてもらうために差し入れは必要 外壁塗装の工事を業者に依頼すると …

外装塗装したばかりなのに…塗装が浮いてくる原因 意外にも工事業者だけの問題とは限らない

「高いお金を出して外壁塗装を行ったのに、もう塗装が浮いてきている!」 外装工事は …

車にペンキが付いている! もめずに解決するウルトラQ

これほど顔が真っ青になるときも早々ありません。 なんと大切な愛車に塗料が飛んでい …

塗装工事中の破損や汚れの事故 だれに責任負わせますか?

塗装業界で働いていると良くわかることですが、何の失敗もなしに塗装業を続けることは …

格安外壁塗装業者のカラクリ 知らないと恐い…こんな理由で安いだけだった

ときどき他社とは比べ物にならないほどの安い価格で外壁塗装を行なうという会社があり …

騙された! それ本当?普通の外壁工事の訪問販売で騙されたと思う例

リフォーム系の訪問販売で騙されたという苦情が生活消費者センターに毎年6000件上 …