イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

塗装の工法を知って、後悔しない業者選びを

   

もちろん、外壁塗装はプロにお任せするのが安心ですが、外壁は家の見た目を左右する、とても大切な要素の一つです。

何にも分からずにまる投げするよりも、自分自身がよく理解したうえで委ねる方が、業者も慎重にきちんと仕事をしてくれるでしょうし、手抜きかどうかも見分けやすくなります。それでここでは、塗装の工法について、それぞれの特徴と、なぜその場所にその方法がふさわしいのか見てみましょう。

塗装の塗り方 3つの工法

刷毛塗り

塗装道具の中で一番長い歴史があるのが刷毛です。縄文時代から刷毛の原型があったという説もあるほど、日本でもよく親しまれた道具ですが、今は形や材質など用途に合わせバラエティーに富んだものとなっています。ではどんな種類の刷毛が外壁塗装に使われているのでしょうか?

「平刷毛」「筋交い刷毛」「寸胴刷毛」「目地刷毛」「隅切り刷毛」などです。一度に広い範囲を塗れるものや、少し曲がっていて角や細かいところを塗るのに便利なもの、粘度の高い塗料に適応したものなどがあります。プロはこのような道具を必要に合わせて使いこなしているんですね。また、種類だけでなく材質も様々です。

油性塗料には獣毛、水性塗料には化学繊維が使われるのですが、獣毛は馬やヤギ、豚の毛などの尾やたてがみ、足の毛など、動物の種類だけでなく、体の場所によって毛の質や長さも違うので、優良な業者は用途に合わせて様々なタイプの刷毛を使いこなしています。

刷毛を使った塗装のメリットは、塗料の飛び散りが少ないことや複雑な形のところ、また細かい場所も塗りやすいことです。デメリットは、もし刷毛だけで全体を塗ろうとすると相当な時間がかかってしまうことです。工期が長くなれば費用も高くなります。また、ムラができやすく、仕上がりが職人の腕の良し悪しに左右されるというデメリットもあります。

ローラー塗り

耐水性のある硬い紙や合成樹脂でできた芯となる筒に、羊などの動物の毛や合成繊維を巻きつけたものです。ローラーの中でも使われる頻度が高いのがウールローラーなどと呼ばれるもので、羊毛のように柔らかい繊維でできたローラーです。その柔らかいという特徴によって、壁面の模様をつぶさずに塗ることができ、また塗膜を均一に塗りやすいという利点があります。

マイクロファイバーローラーも羊毛ローラーと同じ特徴を持っています。そして、羊毛ローラーは毛足の長さによって3種類に分けられています。粗い面の塗装には長毛タイプのローラーが使われ、逆に平坦な広い範囲の外壁には短毛タイプのものが使われます。中毛タイプのローラーは壁を選ばず、非常に万能です。

さらに、羊毛ローラー以外に砂骨ローラーというものがあります。これはスポンジのように空洞があるので、塗料を一度にたくさん吸い上げることができます。主に塗料を厚く塗りたい時や粘度の高い塗料を塗るときに使われます。ではローラーのメリットをまとめるとどうなるでしょうか?

まず、刷毛に比べてムラができにくく、時間も半分くらいで塗ることができます。また、塗料の飛び散りが少ないので狭い場所や汚したくない場所でも塗りやすい、というメリットもあります。デメリットは道具の良し悪しで仕上がりに差がでる、という点です。古くなったり、手入れが良くないローラーを使うと、毛羽立ったり気泡が入ってしまうこともあります。また安いローラーも表面のうぶ毛が取れて壁に張り付いてしまったり、ムラになったりしますから、良い道具を使う優良な業者を選びましょう。

スプレー塗り

スプレー塗装は、スプレーガンなどを使って、薄めた塗料を圧力や空気で霧状にして噴出する方法です。塗料そのものを圧縮して噴出させるのはエアレススプレーで、空気の力で噴出させるのはエアースプレーですが、今はエアレスが主流となっています。

塗装後の塗装面がきれいで、早く施工できるということで人気がありましたが、今ではあまり使われなくなりました。メリットは先に挙げた点に加えて、比較的低コストで済むことや、高粘度の塗料を吹き付けられること、またスプレーでしかできないようなデザインもこなせるということが挙げられます。

デメリットは、シンナーを混ぜて噴出するのでシンナーの臭いがきつかったり、周りに塗料が飛び散りやすく無駄が多いこと、吹き付ける距離や量などをきちんと計算する必要があり、業者に技術が求められることなどがあります。

知識があれば怖くない!

一度塗り替えたら10年はそのままですし、においやコストのことを考えても、キレイに、そして効率よく終わらせて欲しいものですよね?“適材適所”という言葉がありますが、なぜその道具をその場所に使うのか理解し、業者に確認することで、適当な仕事をされずに済むかもしれません。自分は素人だから、といわず、あなたの家の主人はあなた自身です。後悔しない10年にするために、今、必要な知識を取り入れておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

夏場涼しく快適に暮らせる遮熱塗料で外壁塗装をする

遮熱塗料とはどのようなもの? 最近外壁塗装に使う塗料の種類の中で、遮熱塗料と呼ば …

「カラーシュミレーション」 便利な機能もほどほどに

玄関の顔とも呼ばれる外壁ですが、いざとなるとどんな色調・配色にすればいいか悩んで …

便利な機能を賢く使おう「カラーシュミレーション」

あこがれのマイホームに欠かせないのが、自分のイメージに合った外壁の色や質感です。 …

外壁塗装で使う塗料の選び方のポイントは3つプラスアルファ?

耐用年数で比較しよう 外壁塗装をする際に、塗料にどれを使うかは重要なポイントにな …

玄関タイルや屋根を塗装工事人に割られた! 問題はぜんぜん大きくない理由

リフォーム中というのはいろいろな事件が起きるものです。 とくに屋根や外壁の塗装工 …

自分で塗装?それとも業者に依頼する?あなたはどちらに向いているか?

DIY好きの人からすれば、自分の家の外壁まで自分で塗装できたら、その達成感はどれ …

カラーシュミレーション 失敗しないためのポイント

近所を散歩していると、誰もがあこがれる素敵な家があるものですね。 洋式の家も増え …

外壁塗装をどのカラーで行う?ベスト5を参考までに紹介

外壁塗装をする場合、どの色にするかで迷うお客さんは多いようです。外壁塗装をする際 …

外壁塗装でよく使われている塗料の成分にはどのようなものがある?

現在ポピュラーなのはシリコン樹脂系塗料 外壁塗装で使われる塗料は、いろいろな成分 …

大切なペットちゃんが塗装工事で最悪の例も・・・ 対処方法を考えよう

塗装工事が順調に進んでいると思いきや、思わぬ問題が勃発します。 なんとペットちゃ …