イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

縁の下の力持ちは、実は外壁のコーキングだった!?

   

外壁がサイディングボードやACLパネルの場合、ボードとボードの境目に継ぎ目があって、その目地をゴム状のシール、つまりコーキングまたはシーリングといわれる物が埋め込まれています。窓のサッシ周りも同様です。外壁の塗装を塗りなおす時に、たいていは業者がそのコーキング材の塗り直し、いわゆる「打ち替え」を勧めれるものです。

でも、「本当に必要なの?儲けようとして不必要な工程を勧めてきているのでは?」と不安な方もいるかもしれません。では、このコーキングが実際どんな役割を果たし、劣化が激しい場合にどんな危険があるのか見てみましょう。

コーキングの大切な役割

サイディングやACLの外壁はボードとボード、パネルとパネルを繋いでできています。そのジョイント部分にコーキング材を埋めることで、室内に雨水や湿気などが入ってこないように防水性を高める、というのが役割の一つです。また、そのようにして外壁素材そのものに水分が浸透していくのを防いでくれます。

外壁が劣化すると建物自体にも影響がありますから、とても大切な役割を果たしているのが分かります。さらに、地震や強風、大型車が通過するなど、家は何かと揺れることが多いですが、コーキングはゴムのように柔軟性があるので衝撃を吸収し、力を逃がして外壁にヒビが入らないように守ってくれています

また、サイディングボードやACLパネルは気温や湿度によって収縮したり、膨張したりしますが、コーキングがそれに合わせた動きをしてヒビから守ってくれます。

コーキング材が劣化したままにしておくとどうなってしまうの?

先ほども述べたように、地震などの外からの揺れやボード同士の収縮、膨張の影響でコーキング材は徐々に痩せていきます。また、紫外線の影響によっても組織が破壊されたりして、同じように、痩せるという現象が起きてしまいます。それをそのまま放っておくとどうなるのでしょうか?

コーキング材にヒビが入り、そのうち壁から剥がれてしまうのです。もちろん、そうなると外見が悪くなるということもありますが、もっと重大な問題は、コーキング材が剥がれたり隙間ができることで、ボードの端から雨水などが裏面に浸入していき、湿気がたまってカビが生えてしまうのです。

そして水が浸入していくと、サイディングのボード自体も反ってきてしまい、そこからどんどん水が浸入していく、という恐ろしい悪循環になってしまうのです。そうなると、建物自体の耐久性やカビの影響が心配ですし、これ以上被害を大きくしないためにサイディングボードを新しいものに差し替えなくてはなりませんが、同じ色やデザインのものが手に入るとは限らないので、面倒なことになるかもしれません。それで、一見目立たないコーキングですが、実はとても大切なものなんだ、ということが分かりますね。

大切な家を一生懸命守ってくれるので寿命は短い

コーキングは耐候性に乏しく、紫外線や雨、風に弱いので時間とともに劣化が進み、表面にヒビが入ったり、肉やせが起きて隙間ができてしまったり、また断面から剥離してしまうこともあります。それで、外壁の塗装は10年程度といわれていますが、コーキング材の寿命は7~10年ほどです。

それで、本来ならその寿命に合わせてコーキングだけを打ち替えするのが最善ですが、せめて、塗装の塗り替えの時にコーキングも打ち直しするようにしましょう。そうすることで外見だけでなく、家そのものを少しでも長く守ることができます。

コーキングの注意点とは?

コーキングの打ち替えとは、古いコーキング材を一度すべて剥がしてから新しいコーキング材を塗っていく方法です。基本的にはこのようにしないと、すぐに新しいコーキングが剥げてきてしまうので、費用や時間が多めにかかっても、こちらをお勧めします。でも、まだ塗装の塗り替え時期でなく、痩せてきているだけで、コーキングだけを補修したい場合には打ち増しを勧める業者もいるかもしれません。

そのような時には、コーナーの部分は古いコーキングを直角に少し切り落としてから、新しいコーキング材をしっかりと多めにつけてもらいましょう。薄いとまたすぐに剥がれてしまう可能性があります。ただし、塗装の塗り替えなどの時にはお勧めできません。なぜなら、先ほども述べたように古いコーキング材と新しいものはなじむことはなく、分離してしまい、新しいものが剥がれてしまいます。それで、外壁の塗り替えの時には必ず、まず既存のコーキングをきちんと撤去してから新しいコーキング材を塗りましょう。

目立たない所だけど、働きは大きい!

普段はあまり気に留めない外壁の目地ですが、その目地に付いているコーキング材は実はとっても頼もしい存在だったんですね。壁の構造やそれぞれの役割を知ったなら、その必要に応じてケアすることで、10年、20年後もキレイで丈夫な我が家を守っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

設計と塗料選びで10年後もキレイな外壁に

ギリシャの青い空と青い海の間に広がる白壁の家々。 ヨーロッパの緑豊かな草原に佇む …

外壁を塗り替えた場合は修繕費?それとも固定資産維持費?

どんなに頑丈で美しい建物でもメンテナンスは定期的に必要になるものです。 特にこの …

夏場涼しく快適に暮らせる遮熱塗料で外壁塗装をする

遮熱塗料とはどのようなもの? 最近外壁塗装に使う塗料の種類の中で、遮熱塗料と呼ば …

木製の家の場合のおすすめ外壁塗装の塗料3選を紹介

ウレタン系塗料 木造住宅で外壁にひび割れが起きた、剥がれが生じているのであれば、 …

外壁塗装をするタイミングは?4つのチェックポイントを見逃すな!

外壁塗装のタイミングの目安はいつ? 外壁塗装は時間の経過とともに劣化していきます …

カラーシュミレーション 理想を形にするときの注意点

マイホームづくり欠かせないのが、全体の色調、質感などの調和です。 「どんな外観の …

石造りの住宅の外壁塗装には石調の塗料を使うべし

石造りの住宅にはラピス塗料がおすすめ マイホームにこだわっている人の中には、石造 …

外壁塗装で特殊な塗料を使って機能性アップ!おすすめの5種類を紹介

遮熱・断熱塗料ガイナ 塗料メーカーの中には従来の塗料に別の機能性を加えた特殊な塗 …

外壁塗装でよく使われている塗料の成分にはどのようなものがある?

現在ポピュラーなのはシリコン樹脂系塗料 外壁塗装で使われる塗料は、いろいろな成分 …

しっかり安全対策をしてDIYで外壁塗装にチャレンジ!

外壁の塗りかえは、大切な家を守り、長く住むために必要なものではありますが、かかる …