イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

対策を講じて塩害から我が家を守れ!

   

塩害」という言葉を聞いたことはありませんか?これは一般に沿岸部に建てられた住居やビル、または農作物が塩分を含んだ風や空気、海水などによって傷んでしまう被害のことです。

海の近くの家は昔から人々の憧れですが、きちんとした知識と対策がないと、思った以上に劣化が進み、見た目の悪さだけでなく、建物そのものの耐久性が弱まったり、修理のために余計な出費がかさむことにもなりかねません。それで、ここでは塩害の外壁に与える影響と、どんな対策がとれるかについて考えてみましょう。

海からどのくらいの距離だと塩害があるの?

実際にどのくらいの量の塩分が飛んでくるのかは、風向きや海抜の高さ、海岸の形状などによって変わってくるので、明確な線引きが難しい、というのが現状のようです。

それで一般的な分類になりますが、直接波しぶきがあたる場所は「岩礁隣接地域」、海岸から200m~500mは「重塩害地域」、そして海岸から2km以内は「塩害地域」と分けられて、それぞれ必要に応じた対策を取るように勧められています。

ただ、2km以上の場所でも風が強いと潮風を感じることもありますから、植物が枯れやすかったり、洗濯物がべたつきやすいという「自覚症状」があるなら やはり対策が必要でしょう。新築で家を建てる方なら地元の業者に相談したり、ご近所の方々に尋ねることもできます。

さわやかな潮風。でも外壁には いた~い潮風

ただでさえ外壁は紫外線や雨水、排気ガスや湿気などの脅威にさらされています。それに加えて、塩分を含んだ空気、風、海水などが外壁に触れ、その塩分が張り付いたままでいると外壁は急速に劣化したり酸化してしまうのです。

特に金属製の部分はさびてしまうので、窓枠やサッシ、排気口や室外機近くなどは塩害対応の材質のものを選ぶ必要があるでしょう。また、金属部分だけでなく、無垢材を使った家は、木材が錆びるわけではありませんが、木材から出てきたヤニに塩が付き固まってしまうことがあります。

これはなかなか取りにくいので厄介です。さらに、コンクリートの壁の場合、塩分によって壁にヒビが入ってしまい、内部の金属が傷む可能性があります。これは壁の耐久性に影響を与えるので、コンクリートの外壁を望まれるなら、もしくはすでにそうであるなら、対策が必要です。

外壁の塩害対策とは?

まず外壁の材質選びです。多くの外壁業者が沿岸地域に建てる家に薦めているのは「樹脂サイディング」という外壁材です。サイディングにはコンクリートなどの窯業系、アルミなどの金属系、そして樹脂系があります。金属は塩でさびやすい、という特徴がありますから、金属系のサイディングは沿岸地域では使わないほうがいいでしょう。

樹脂はサビに強く、日本の酸性雨にも強いので、最初から樹脂系のサイディングにしておくと耐久性があります。ではコンクリートを選ぶのはどうでしょうか?先ほど述べたように、コンクリートの壁は塩分の影響でヒビが入り、中の金属が傷みやすいのですが、上からガラスコーティングという液体ガラス塗料を塗ることで外壁の耐久性と防水性を高めることができます。

ガラスコーティングすることで一般的な塗料より3~4倍の耐久性になる、とされていますから、かなり心強いですね。このガラスコーティングはコンクリートの外壁に塗ることで高い能力を発揮しますが、木材の外壁に塗ってもサビの防止になるそうですから、ひとつ覚えておくといいでしょう。

洗う、も有効

塗り替えの場合、下地処理の段階できちんと洗浄することはとても大切です。もししっかりと汚れが落ちていない段階で上から塗装してしまうと、せっかく塩害に強い塗料を塗っても簡単に塗装が剥げてしまい、その剥げた部分から塩分が悪さをする、という残念なことになりかねません。

そして、塗装の後も普段から高圧洗浄機を使ってこまめに塩分や汚れを落とすようにすると、外壁が長持ちします。特に、効率よく洗浄するために水圧が7Mps以上のもの使うといいようです。

対策を講じさえすれば、海はやっぱり気持ちいい!

外壁や塗料など、一般の住居より気を配ることが多かったり、金属のサビや洗濯物を短期間で取り入れることなど、厄介なことがあるのも事実ですが、毎日波の音を聞いたり、海に沈む夕日を見たりできるのは魅力的ですね!

こんな大自然が毎日癒してくれるのですから、多少の不便もなんのその、ではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

数多く出ている塗料・その中でも人気の品種ベスト5は?

外壁塗装で使われる塗料には、いろいろな商品があります。その中でもプロの間で人気に …

外壁塗装を長持ちさせるために・5つのテクニックを頭に入れよう

定期的な塗り替えを行うこと 外壁塗装は外壁の劣化を防ぎ、建物全体の強度を維持する …

外壁塗装をするタイミングは?4つのチェックポイントを見逃すな!

外壁塗装のタイミングの目安はいつ? 外壁塗装は時間の経過とともに劣化していきます …

塗装の工法を知って、後悔しない業者選びを

もちろん、外壁塗装はプロにお任せするのが安心ですが、外壁は家の見た目を左右する、 …

外壁塗装後にカビ、サビが出てきた 業者要らず こうすれば簡単に元通り

塗装工事を後であってもしばらくすると塗装面にカビやサビが発生することがあります。 …

外壁塗装選びは見た目だけじゃダメ!?

自分の家の“外壁”、注目したことはありますか? 実は普段気に留めていない外壁、我 …

断り切れずに契約してしまった場合どうしたらいい? 外壁塗装工事のクーリングオフ

外壁工事の営業は手馴れたものです 上手に話を持っていきその場で、料金の高い外壁塗 …

新発想―異素材の組み合わせて素敵な外壁を演出

最近の家はなんだかモダンでスタイリッシュな外壁が増えているような気がしますね。 …

格安外壁塗装業者のカラクリ 知らないと恐い…こんな理由で安いだけだった

ときどき他社とは比べ物にならないほどの安い価格で外壁塗装を行なうという会社があり …

安い買い物ではない・外壁塗装の相場を理解しておこう

外壁塗装の料金を決める4つの要素 外壁塗装を業者にお願いするにあたって、どのくら …