イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

原色の外壁の落とし穴

   

小さい頃に見たムーミンハウス、ブルーの外壁が新鮮で憧れました。

そんなムーミンの里、フィンランドにはかわいい原色の家が建ち並んで、まるでおとぎの国に来たようです。では、日本で同じような原色の外壁を選ぶとどうでしょうか?外壁の色選びについて考えて見ましょう。

原色の外壁のデメリット

白い外壁は汚れが目立ちやすいのであれば、色の濃い原色を選べば汚れは目立たないのでは?と考える方もいるかもしれません。でも答えは一概にそうは言えないんです。色彩の中には色あせしやすいものと、しにくいものがあるのですが、色あせの主な原因は紫外線です。

赤や紫といった色は紫外線などの波長の短い光を吸収しやすい性質をもっているので、外壁に使うと退色しやすいという特徴があります。逆に青は退色しにくい色といわれています。このような経年劣化といわれる退色によって、原色の外壁、特に赤い色味のものは淡い色の外壁と比べて早く古びたように見えてしまいます。

では青なら大丈夫でしょうか?一部分が色あせてしまったり、また傷が付いてしまうと、原色は色が鮮やかなので青でもとても目立ってしまいます。また汚れも、たいていのものは中間色のものがほとんどです。たとえば藻やカビは薄茶色ですし、土や砂もそうですね。それで本来はそうした汚れと同じ中間色の外壁にすると汚れは目立たなくなります。

「調和」が大切! 

また、外壁の塗り替えで原色を選ぶ場合に注意したいのは、サッシや玄関、窓枠など塗装しない部分との調和です。新築の場合は全体の調和を考えて外壁の色やサッシ、玄関などの色を決めますが、塗り替えるときにそれら全体がマッチしていなければ、どうにもしっくり来ない悪目立ちする家になってしまいかねません。それで外壁の色を決めるときには家全体の雰囲気を考えて決定しましょう

また、隣近所との調和も大切です。フランスやイギリスなど、美しい町並みが建ち並ぶヨーロッパでは町全体の景観に重点が置かれ、法律で色彩が規制されているところも多いですね。また、ムーミンの里、フィンランドのように雄大な大自然の中では、原色のはっきりした外壁が融合してよくなじみます。

それで外壁の色を考慮するときには、自分の好みだけでなく、ご近所や周囲の環境との調和がとれる範囲で色を楽しむという配慮も必要かもしれません。

似合う、似合わないは太陽にも関係があった?!

 
ではなぜ、外国の写真や映像に出てくる原色の家はかわいく映るのに、日本ではちょっとイメージが違って見えるのでしょうか?これは実は「光」が関係しているんです。つまり太陽光の明るさの違いで見え方が違ってくるからです。

実際、赤道付近の太陽光を100の明るさとすると、北欧は25、日本の関東付近では45程度です。明るければ明るいほど鮮やかな原色が映えるんですね。たとえば日本でも沖縄では青い海と青い空に明るい原色の花がよく映えますが、逆にあまり淡い桜のイメージはありませんね。

また季節や立地条件などによって原色の外壁がキレイに映えたり、反対に浮いて見えることもあります。「夏の時期の色が好きだから、それ以外の季節の色が少々違っていても自分は満足!」といえるのであればよしとする方もいることでしょう。まずは自分の近所を良く散歩して、どんな色の外壁がキレイに見えるか研究してみるのはいかがでしょうか。

長い目でみて悔いのないように決断しよう

外壁の塗装は一度塗ったら大体10年ほどは変えません。それで10年間は飽きのこない色を選ぶようにしましょう。そして、汚れや経年劣化などの様々なリスクをよく知り、退色後の色味も想像する必要があります。

また汚れが付きやすい場所、紫外線によって色があせやすい場所も事前に知っておくと対策を講じる助けになるかもしれません。さらに、周囲の雰囲気にも調和しているかどうか、あまりに突飛で不快感を与えるものとならないかも考えるようにしましょう。あなたの家の外観は、ご近所の方々にとっても10年間の街の景観に影響を与える大切な要素の一部になるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

しっかり安全対策をしてDIYで外壁塗装にチャレンジ!

外壁の塗りかえは、大切な家を守り、長く住むために必要なものではありますが、かかる …

塗装職人に大切な鉢を割られた! えっ怒るだけ無駄って本当?

外壁塗装工事は家の周りに、足場を組んで塗装をするというものです。 塗装工事のよく …

格安外壁塗装業者のカラクリ 知らないと恐い…こんな理由で安いだけだった

ときどき他社とは比べ物にならないほどの安い価格で外壁塗装を行なうという会社があり …

イメージと違う!外壁塗装は塗りなおせるの?

家を見栄え良く、また保護してくれる外壁。塗り替えは少々出費がかさむものですが、同 …

対策を講じて塩害から我が家を守れ!

「塩害」という言葉を聞いたことはありませんか?これは一般に沿岸部に建てられた住居 …

費用がかさむ…塗装前の高圧洗浄って必要なの?

意外とかかる高圧洗浄の費用 外壁塗装を業者に依頼した場合、普通足場を組んでいきな …

外壁塗装で使う塗料の選び方のポイントは3つプラスアルファ?

耐用年数で比較しよう 外壁塗装をする際に、塗料にどれを使うかは重要なポイントにな …

外壁塗装が剥がれるのは9割以上が業者の施行ミス 何年以内ならやり直せる?

せっかくきれいに外壁塗装してもらったのに、しばらくするとボロボロと外壁の塗装が剥 …

自分で塗装?それとも業者に依頼する?あなたはどちらに向いているか?

DIY好きの人からすれば、自分の家の外壁まで自分で塗装できたら、その達成感はどれ …

外壁塗装はなぜ必要なの?主要な目的は2つあり

お金をかけて外壁塗装する必要がある? マイホームを購入してしばらくすると、外壁の …