イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

外壁塗装をどのカラーで行う?ベスト5を参考までに紹介

   

外壁塗装をする場合、どの色にするかで迷うお客さんは多いようです。外壁塗装をする際にほかの人はどのような色を選んでいるのでしょうか?

以下では人気のカラーベスト5を紹介します。一般的な傾向として、奇をてらった色ではなくオーソドックスなカラーのほうが好まれます。

ホワイト

外壁塗装の中でも人気なのは、ホワイトです。やはりシンプルでオーソドックスな色合いは高い人気があります。周辺に住宅もあるので、周りに溶け込めるような色合いのものを好む人は多いです。ホワイトに近い色として、クリームや薄いトーンのグレーなども人気は高いです。

ホワイトの外壁はきれいですし、清潔感もあります。しかし一方で「ホワイトだと汚れが目立ってしまうのではないか」と不安に感じる人もいるでしょう。その場合には塗料などで対処するといいでしょう。最近では、光触媒塗料が発売されています。太陽光によって汚れを分解して、雨が降るときれいに洗い流すというものです。

そのほかにも自分でこまめにメンテナンスすることで、きれいさを維持できます。例えば定期的に水洗いをすることで、塗りたてのきれいさをキープできます。

ホワイト&ブラック

白と黒の外壁塗装も人気です。一般の住宅を見ると、1色の外壁が多いです。白黒にしてしまうと目立ってしまうのではないかと思う人もいるかもしれません。しかしこのモノトーンの住宅は、住宅街でも周りの家に溶け込みやすいです。一方シックでモダンということで、おしゃれな感じに仕上がります。

白黒といっても、決してピュアなホワイトとブラックを使わないといけないわけでもないです。例えばクリームやベージュのようなホワイトに近い色を使うことも可能です。同様にブラックといっても、紺色で黒に近いカラーを使用することもあります。

白黒といわれると中には、葬式の色合いで縁起が悪いのではないかと思う人もいるでしょう。しかしいくつか物件の画像がインターネットでも紹介されていますが、クールで若々しくカッコいい住宅もたくさんあります。ほかの住宅と比較して浮かない色合い、その中でもおしゃれ感を出したければ、白黒の外壁塗装をするのもおすすめです。

オレンジ

白や黒のような比較的シックな色合いとは少し性格の異なるのが、オレンジです。オレンジはかなり自己主張の強い色なので、個性的すぎないかと不安に感じる人もいるでしょう。しかしオレンジの外壁をした住宅もネットなどで紹介されていますが、決して違和感はないです。オレンジがこれだけ高い人気を誇るのは、暖色系の色だからです。

色には暖色系と寒色系とがあります。暖色系はオレンジやレッド・寒色系はブルーが代表的です。暖色系のカラーは、見た目にも温かさを感じさせてくれます。ですから冬場の厳しい寒さの時でも、外壁を見ただけでほっこり和むような気がします。また周りの人が物件を見たときに、「心の温かい人が住んでいるのだろう」と思わせてくれる効果もあります。

それでも、オレンジだと目立ちすぎるのではないかと不安に感じる人もいるでしょう。しかしオレンジにもいろいろなトーンがあります。例えばオレンジに茶色を混ぜることによって、落ち着いたトーンとなり、それほど目立つ感じにもならないはずです。

ブラウン

4位はブラウンです。住宅は長く過ごす生活拠点となります。よって家は落ち着いていて、リラックスできる空間にしたいと考える人は多いです。そこでブラウンの落ち着いた色合いを希望する人が多いです。

またブラウンと聞いて、木をイメージする人も多いのではありませんか?木のぬくもり・自然を連想して、ほっとくつろげる印象もあります。ブラウンの塗料を使って外壁塗装をする場合、色選びを慎重に行うべきです。

ブラウンは外壁塗装でも人気の色で、各メーカーともブラウンでも様々なトーンのものを販売しています。ライトブラウンからダークブラウン、ほかの色に近いブラウンなどもあります。このため、「思ったよりも重たくなってしまった」とか「自分のイメージしている色合いとちょっと違った」といったことが起こりえます。ですから業者と入念に打ち合わせをすることです。

おそらく色選びをするときに、色見本といわれるカタログのようなものを見ながらどれにするかを決めるでしょう。色見本でみた場合と実際に壁面に塗ってみた時では、色の印象が違って見えることもあります。候補になる色が決まったら、試し塗りをしてイメージ通りかどうか検証したほうがいいでしょう。

ブルー

ブルーを外壁塗装のカラーとして採用する家も少なくありません。例えば海に近い住宅の場合、マリンブルーのイメージをマイホームにも反映させたいと思う人は多いです。

ブルーもトーンの明るいものから落ち着いたものまでいろいろとあります。またブルーのほかに別のカラー要素を混ぜて、異なるテイストの色に仕上げることも可能です。ブルーの中にグレーの要素を混ぜてみる方法も人気です。アメリカ西海岸の住宅のような、異国情緒あふれる外壁に仕上げることも可能です。

ブルーのような寒色系の色は、クールな印象の住宅にするにはうってつけです。カッコ良さを追求するのであれば、ブルーの外壁は有力な選択肢になるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

「カラーシュミレーション」 便利な機能もほどほどに

玄関の顔とも呼ばれる外壁ですが、いざとなるとどんな色調・配色にすればいいか悩んで …

外壁塗装を業者に依頼・差し入れは出したほうがやっぱりいい?

気持ちよく工事をしてもらうために差し入れは必要 外壁塗装の工事を業者に依頼すると …

外壁塗装選びは見た目だけじゃダメ!?

自分の家の“外壁”、注目したことはありますか? 実は普段気に留めていない外壁、我 …

外壁塗装を長持ちさせるために・5つのテクニックを頭に入れよう

定期的な塗り替えを行うこと 外壁塗装は外壁の劣化を防ぎ、建物全体の強度を維持する …

車にペンキが付いている! もめずに解決するウルトラQ

これほど顔が真っ青になるときも早々ありません。 なんと大切な愛車に塗料が飛んでい …

○×日で終わるといっていたのに… 塗装工事が期間内に終わらないトラブルの思わぬ原因

塗装工事の料金は足場のリース料金、塗装職人の人件費も含まれているので、期間が長く …

外壁塗装で使う塗料の選び方のポイントは3つプラスアルファ?

耐用年数で比較しよう 外壁塗装をする際に、塗料にどれを使うかは重要なポイントにな …

色分けは全体のバランスが決め手

近所を歩いていると、思わず足を止めて見たくなる「素敵なおうち」がありますよね。 …

おいおい、塗ったばかりなのにサビてるし… 外壁なんでそうなるの!

外壁塗装をお願いしました。しばらく経ちました。ハイ、錆びが生じました。 外壁塗装 …

外壁を塗り替えた場合は修繕費?それとも固定資産維持費?

どんなに頑丈で美しい建物でもメンテナンスは定期的に必要になるものです。 特にこの …