イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

外壁塗装は気候に左右される・どの季節が最もおすすめ?

   

外壁塗装できない条件を理解しよう
外壁塗装は基本的に自分が「やりたい」と思うタイミングで行うといいです。ただし一つ頭に入れておいてほしいのは、外壁塗装できない気候条件のある点です。

外壁塗装のできない条件は2つあります。それは気温5度以下・湿度85%以上の時です。これは塗料のラベルにも明記されていることです。もしこの条件下で外壁塗装を行った場合、せっかく塗装してもすぐに塗料がはがれてしまう、塗装の持ちを低下する原因となります。この2つの条件では塗料を十分に乾燥できなくなるからです。

この条件で考えた場合、外壁塗装に不適切な季節がいくつか出てきます。まずは梅雨時です。いうまでもなく雨の降りやすい天候が続くので、湿度85%を超える可能性は十分です。梅雨時の後の夏場も日本は高温多湿の傾向があるので、外壁塗装はあまりお勧めできません。そして真冬になると気温が5度以下になる可能性は地域によっては高いでしょう。

このタイミングで外壁塗装をしてもできないことはないです。しかし2つの条件のいずれかを満たせば、その日の工事は中止となって、工期が延び延びになりかねません。できれば夏と冬、梅雨時を回避するといいでしょう。

この中でも梅雨時と夏場は特にお勧めできません。外壁塗装をする際には、お客さんに家の窓を閉め切ってもらうことが推奨されます。そうなると猛暑の際には結構お客さんはつらい思いをしなければならないかもしれません。窓を閉め切り、プラスビニールを使って窓をカバーしますので冷房が苦手という人は避けたほうがいいでしょう。

夏場の日航が照り付ける季節は塗料を塗ると乾きやすいので、外壁塗装するのには理想ではないかと思う人もいるでしょう。しかし真夏の猛暑だと外壁の表面が急激に乾燥します。しかし内側の乾燥が不十分だと泡が生じて、壁面が凸凹してしまって見栄えが悪くなります。ですから猛暑の際には、表面温度が異常上昇しないために日陰から塗る対処をしなければなりません。

ベストシーズンは春と秋…しかし注意も必要

夏と冬は外壁塗装に向かないとなると、春と秋に外壁塗装したほうがいいとなります。確かに夏や冬と比較すると、春と秋のほうが外壁塗装をするには好ましいです。ただし天気予報などを十分チェックする必要があります。

実は春や秋でもタイミングによっては、雨の降りやすい時期もあるからです。例えば春には春雨前線・秋には秋雨前線が停滞する可能性があります。前線が自分の住んでいる地域にかかってそのまま停滞してしまうと雨が降りやすくなって、外壁塗装できないことも考えられます。

秋には前線プラス、台風のことも頭に入れておかないといけません。秋になるとシーズンによっては台風が何度も日本列島に上陸・最接近する可能性も考えられます。するとまとまった雨が数日続くこともあり得ます。また秋でも晩秋になると、だいぶ日が暮れるのが早くなります。基本外壁塗装は日中に作業をしますので、日が沈むのが早ければ、それだけ作業時間も限定されます。

晩秋になると4時半くらいになるとだいぶ外は暗くなります。屋根の塗装を行う場合、夜露の直撃を受ける可能性もあります。夜露のある状況で塗装してしまうと塗料がうまく乾燥しない、乾いたとしても白っぽく変色してツヤがなくなりがちです。このため、外壁塗装の作業はせいぜい2時半ごろまでがタイムリミットと言われています。

外壁塗装をするのに理想的な季節はなかなかない

このように外壁塗装を季節別でみると、どのタイミングでも一長一短なところがあります。ですから外壁の塗料が劣化してきているのであれば、季節関係なく業者に相談しましょう。そして外壁の様子を見てもらって、今すぐ行う必要があるか業者のアドバイスを聞くことです。

外壁塗装業者の中でも実績のある所は、どのような季節でもしっかりとした仕上がりにしてくれます。外壁塗装業者を選ぶ際には、下地を縫って十分乾燥させ、塗り重ねをする際にはきちんと乾いてから行うという基本を守っているかどうかをチェックしましょう。気候の条件が整っていないと、工期の長引く可能性があります。しかし塗装業者の中には、工期をできるだけ伸ばしたくないと考えるところも出てきます。

小雨が降っていて本来であれば外壁塗装すべきではないにもかかわらず、塗装を強行する業者もあります。しかしこのような好ましくないコンディションで外壁塗装をしても塗料の劣化を速め、結局またすぐに外壁塗装のやり直しをしなければなりません。つまり塗装費用を余計に支払うことになってしまいます。

5度以下・湿度85%以上の条件になったら、塗装作業を中止する業者のほうがおすすめです。また外壁塗装をするにあたって、わからないこともいろいろとあるでしょう。その場合には臆することなく、どんどん質問しましょう。実績のある優良業者であれば、どのような質問でもしっかり答えてくれるはずです。逆にいろいろと質問すると嫌な顔をする業者には作業依頼するのはあまりお勧めではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

縁の下の力持ちは、実は外壁のコーキングだった!?

外壁がサイディングボードやACLパネルの場合、ボードとボードの境目に継ぎ目があっ …

日本家屋の外壁塗装。色選びの5つのポイントを紹介

落ち着いた色を選ぶのがポイント 日本家屋に住んでいる人で、そろそろ外壁塗装を行わ …

カラーシュミレーション 理想を形にするときの注意点

マイホームづくり欠かせないのが、全体の色調、質感などの調和です。 「どんな外観の …

外壁塗装を業者に依頼・差し入れは出したほうがやっぱりいい?

気持ちよく工事をしてもらうために差し入れは必要 外壁塗装の工事を業者に依頼すると …

便利な機能を賢く使おう「カラーシュミレーション」

あこがれのマイホームに欠かせないのが、自分のイメージに合った外壁の色や質感です。 …

色分けは全体のバランスが決め手

近所を歩いていると、思わず足を止めて見たくなる「素敵なおうち」がありますよね。 …

外壁を塗り替えた場合は修繕費?それとも固定資産維持費?

どんなに頑丈で美しい建物でもメンテナンスは定期的に必要になるものです。 特にこの …

外壁塗装選びは見た目だけじゃダメ!?

自分の家の“外壁”、注目したことはありますか? 実は普段気に留めていない外壁、我 …

塗装職人に大切な鉢を割られた! えっ怒るだけ無駄って本当?

外壁塗装工事は家の周りに、足場を組んで塗装をするというものです。 塗装工事のよく …

都市のビルで用いられることの多いフッ素系塗料。使用するメリットとデメリットは?

フッ素系塗料とはどのようなもの? フッ素系塗料とは文字通り、塗料の主成分を構成す …