イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

外壁塗装をすると還付金がもらえる?そのためには確定申告を

   

外壁塗装すると住宅ローン減税が受けられる?
外壁塗装をすると、それなりの費用を捻出する必要があります。この費用ですが、確定申告することで税金の還付を受けられる可能性があります。もし外壁塗装工事をするのであれば、領収書など関連する資料は捨てずにそのまま保管しておきましょう。

外壁塗装をすると、住宅借入金等特別控除と呼ばれる住宅ローン減税の一種が適用される可能性があります。住宅ローン控除といわれると、マイホームを購入するときは住宅建築する際に適用されるものと思っている人も多いかもしれません。しかし外壁塗装のようなリフォームを行った場合でも、住宅ローン控除は受けられます。

もし外壁塗装をして住宅借入金等特別控除が適用されたら、400万円を限度額として減税対象になります。もし該当すれば、今後10年間にわたって住宅ローンの残高の1%に相当する額が減税されます。サラリーマンで源泉徴収されている場合、還付金として税金が一部戻ってきます。

住宅借入金等特別控除の適用を受ける条件

住宅借入金等特別控除によって還付を受けるためには、一定の条件をクリアする必要があります。まず居住用の物件であることです。中には居住用と事業用の両方を兼ねた住宅を所有している人もいるでしょう。この場合、床面積が50平方メートル以上あって、その過半数が居住用として使用されていれば対象になります。

この床面積は少し注意する必要があります。販売資料や売買契約書に記載されている床面積ではなく、登記簿に記載されている床面積のほうが適用されます。両者は若干異なる傾向があり、登記簿に記載されている床面積のほうが少なくなりがちなので、確定申告する前に登記簿の確認をしておいたほうがいいでしょう。

住宅借入金等特別控除は住宅ローン減税の一種なので、住宅ローンを組んでいることも条件です。住宅ローンは、10年以上の返済期間を設定しているものであることが条件となります。そのほかにも金融機関以外からの借り入れは適用外になります。親族からの借り入れや職場の従業員向けのローンは適用外になりますので、注意しましょう。

もう一つポイントになるのが「大規模な模様替えの工事」であることです。抽象的な表現ですが、建築物の主要構造部の一種以上を改修工事前の建物と比較して、価値の低下を防ぐことを目的としている工事という意味です。外壁や屋根の塗装をした場合には対象になります。ただし外壁塗装の費用が100万円を超えていなければなりません。

建物を取得した時期も判断材料になります。平成28年末の時点で、平成26年4月1日から平成31年6月30日までに取得した物件となっています。しかしこの時期は見直される可能性があります。最新の情報をチェックしておきましょう。これらの条件を満たしていても、耐震性能が搭載されていない物件は対象外となります。木造は築20年・鉄筋コンクリート造は25年を超えていると対象外となりますので、注意が必要です。

増改築等工事証明書が必要

住宅借入金等特別控除の手続きは2月中旬から3月中旬に実施される確定申告の際に行います。確定申告は税務署で行うのですが、サラリーマンなどの給与所得者も初年度は手続しなければなりません。確定申告をする際には、必要書類として増改築等工事証明書の提出が必須です。

増改築等工事証明書は、外壁塗装を依頼した業者にお願いすれば作成してくれます。おそらく「確定申告したいので…」といえば、相手も理解してくれるはずです。増改築等工事証明書をお願いする場合、工事着工する前に相談することが大事です。場合によっては工事が終わってからお願いしても、増改築等工事証明書を作成してくれない場合もあります。工事着工前に増改築等工事証明書は依頼しましょう。

ほかのリフォームをした場合、増改築等工事証明書がなくても住宅借入金等特別控除が適用される可能性があります。リフォーム工事の前後で見た目が変わっていれば、証明できるかもしれないからです。しかし外壁塗装の場合、着工前と完成後とでは違いがなかなか分かりにくいです。よって住宅借入金等特別控除を受けるためには、増改築等工事証明書は必須といっていいでしょう。

増改築等工事証明書について勘違いしている人も多いのですが、ほかの何かで代用できません。よく勘違いしている人は「工事契約書や見積書、領収書があれば大丈夫」と思っているようです。しかしこれらの書類は増改築等工事証明書の代用にはなりません。外壁塗装による住宅ローン減税を受けるためには、増改築等工事証明書が必須と思っておきましょう。

住宅借入金等特別控除が適用されれば、10年間住宅ローン減税が適用されます。10年分で比較すれば、かなり大きな税負担から解放されます。条件に合致する人は、住宅借入金等特別控除を活用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

塗装工事中の破損や汚れの事故 だれに責任負わせますか?

塗装業界で働いていると良くわかることですが、何の失敗もなしに塗装業を続けることは …

対策を講じて塩害から我が家を守れ!

「塩害」という言葉を聞いたことはありませんか?これは一般に沿岸部に建てられた住居 …

外壁・屋根の塗装でポピュラーなウレタン系塗料。そのメリットデメリットについて紹介

そもそもウレタン系塗料とは? 屋根や外壁塗装を業者に依頼するにあたって、見積もり …

外壁塗装で特殊な塗料を使って機能性アップ!おすすめの5種類を紹介

遮熱・断熱塗料ガイナ 塗料メーカーの中には従来の塗料に別の機能性を加えた特殊な塗 …

あいにくの雨…濡れるけれども外壁塗装は行われる?

塗料関係の工事は延期に 外壁塗装をする場合に注意しなければならないのは天候です。 …

しっかり安全対策をしてDIYで外壁塗装にチャレンジ!

外壁の塗りかえは、大切な家を守り、長く住むために必要なものではありますが、かかる …

外壁塗装を長持ちさせるために・5つのテクニックを頭に入れよう

定期的な塗り替えを行うこと 外壁塗装は外壁の劣化を防ぎ、建物全体の強度を維持する …

今ある色の魅力をそのままに。クリア塗装がおすすめできる物件とは?

クリア塗装とはどのような外壁塗装? 外壁塗装をするにあたって、できることなら今の …

外壁塗装用の中で最もポピュラーなシリコン系塗料。その特徴を紹介

一戸建ての大半を占めるシリコン系塗料 日本中に無数の一戸建てがありますが、外壁塗 …

外壁塗装でよく使われている塗料の成分にはどのようなものがある?

現在ポピュラーなのはシリコン樹脂系塗料 外壁塗装で使われる塗料は、いろいろな成分 …