イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

あいにくの雨…濡れるけれども外壁塗装は行われる?

   

塗料関係の工事は延期に
外壁塗装をする場合に注意しなければならないのは天候です。もし雨が降っているのであれば、塗装の作業は基本行わないという業者が多いです。もし雨が降って壁面が濡れているのに塗装工事を行うといろいろなトラブルが発生しやすくなるからです。

塗装をしても直後に雨でぬれてしまうと、塗料が流されてしまう恐れがあります。最近の住宅は軒を短めにデザインしている物件が多いです。このため壁に雨粒がダイレクトに当たりやすいです。

また雨の降っているときは当然のことながら、湿度も高めです。湿度の高い環境で塗装するのは好ましくないと考えられています。もし湿度の高い状態で無理やり塗装をすると、白化する可能性も出てきます。白化とは塗膜が白っぽく濁った現象のことで、きれいに外壁塗装ができなくなります。

また塗料に雨粒が落ちてしまうと、水玉模様のようなムラができやすくなります。その結果、まだらの汚い仕上がりになってしまうのも雨の日に外壁塗装を行わない理由の一つです。では具体的にどのような状況になったら作業を行わないかですが、雨の強さよりも湿度を重視する傾向があります。湿度が85%以上になると、塗料が壁にうまく接着してくれません。湿度85%になったら小雨でも作業を中止する業者が多いと思いましょう。

実際には雨が降っていなくても「本日の作業は行いません」と連絡してくる業者もあります。天気予報などを見て、作業中に雨の降る可能性がある場合には作業しないと決めている業者も見受けられます。

作業途中に雨が降ってしまった

このように雨に対しては万全を期す業者が多いです。しかし最近はよく異常気象と呼ばれますが、全く予測し得なかった天気の急変もあります。大気の状態が不安定で局地的にまとまった雨の降ることもままあります。このような局地的な雨はなかなか天気予報でも予測することが難しいようです。

もし作業しているときに雨が降り出してしまったのであれば、雨の強さによって中断するかどうかの判断をします。もしこれ以上塗装をしても意味がないと判断されれば、いったん作業を中断することもあります。もし外壁が雨に濡れてしまったのであれば、作業のやり直しをすることになるでしょう。

雨が止みそうになければ、業者がいったん引き揚げることもあり得ます。しかしたとえばゲリラ豪雨のような短時間だけ大量に雨が降る場合には、しばらく様子を見ることもあります。そして天候が回復してくれば、作業を再開します。プロ野球の雨の日の対応に似ています。

雨の日でも作業をする業者には要注意

通常ある程度まとまった雨が降ったら、作業を中断する業者が多いです。しかし一部業者は雨の日でも作業しようとするところもあるようです。「すぐに乾く塗料を使っているので」や「水性塗料を使っているので問題ありません」と素人が聞けば、一見もっともな理由をつけてくることも多いです。しかし雨の日に基本どのような塗料を使って塗装をしても、上で紹介したような仕上がりの悪さになるでしょう。

仕上がりが悪くなるのに雨の日でも作業をするのは、業者側の事情が関係しています。雨が降って中止すれば、その分工期が伸びてしまいます。工期を伸ばしたくないから、雨の日でも無理に作業してしまうのです。

たとえば足場などは自分たちで準備するのではなく、レンタルしてもらっているところもあります。工期が延びれば、それだけレンタル料金もかさみます。たとえば下請け業者が外壁塗装を担当している場合、元請けから予算の決められていることもあります。工期が延びるとそれだけ利益も目減りしてしまうのです。

もし雨でも何かと理由をつけて作業をしようとする職人さんがいれば、即刻中止するように求めましょう。仕上がりが悪くなるだけでなく、足場が濡れてスリップしやすくなるので事故の起こるリスクも高まります。

ただし塗装そのものは雨の日には作業できません。しかしそれ以外の作業であれば、できるものもあります。たとえば足場を組み立てるとか、養生シートを張り巡らせるといったことは雨の日であっても作業は可能です。塗装以外の作業を行うというのであれば、業者にお任せしましょう。

雨の日続きで工期が伸びた…追加料金はかかる?

おそらく業者に外壁塗装のお願いをする前に、見積もりを取っていくら費用が掛かるのか確認しているはずです。工事期間中に雨に降られてしまって、工期が伸びてしまった場合、追加料金がかからないか気になるでしょう。

基本的に業者も雨が降って、多少工期の伸びることは見積もりを出す時点で織り込み済みです。ですから工期が多少伸びても、追加料金を請求されることはまずありません。

ただし雨が降って工事期間が長引いてしまうと、足場やシートでずっと住宅が覆われた状態になるため、見栄えが悪いです。また職人さんが何度も自宅にやってくるので、気を遣うはずです。このように考えると雨のあまり降らないタイミングで、外壁塗装はお願いしたほうがいいです。すなわち梅雨シーズンに外壁塗装をするのはお勧めできないことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

縁の下の力持ちは、実は外壁のコーキングだった!?

外壁がサイディングボードやACLパネルの場合、ボードとボードの境目に継ぎ目があっ …

数多く出ている塗料・その中でも人気の品種ベスト5は?

外壁塗装で使われる塗料には、いろいろな商品があります。その中でもプロの間で人気に …

塗装工事中の破損や汚れの事故 だれに責任負わせますか?

塗装業界で働いていると良くわかることですが、何の失敗もなしに塗装業を続けることは …

新築住宅の塗装で使われるアクリル系塗料は安さが魅力

新築の外壁塗装で使われることの多いアクリル系塗料 塗料にはいろいろな種類がありま …

セルフクリーニング機能に優れた光触媒塗料は次世代の塗料になりうるか?

次世代の塗料 外壁塗装に用いられる塗料は今でもなお進化しています。その中でも次世 …

しっかり安全対策をしてDIYで外壁塗装にチャレンジ!

外壁の塗りかえは、大切な家を守り、長く住むために必要なものではありますが、かかる …

断り切れずに契約してしまった場合どうしたらいい? 外壁塗装工事のクーリングオフ

外壁工事の営業は手馴れたものです 上手に話を持っていきその場で、料金の高い外壁塗 …

知らないと恐い!外壁塗装工事による健康被害 

「外壁がボロボロになってきたなぁ。そろそろ塗りかえかぁ」 そんな軽い気持ちで頼ん …

設計と塗料選びで10年後もキレイな外壁に

ギリシャの青い空と青い海の間に広がる白壁の家々。 ヨーロッパの緑豊かな草原に佇む …

騙された! それ本当?普通の外壁工事の訪問販売で騙されたと思う例

リフォーム系の訪問販売で騙されたという苦情が生活消費者センターに毎年6000件上 …