イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

費用がかさむ…塗装前の高圧洗浄って必要なの?

   

意外とかかる高圧洗浄の費用

外壁塗装を業者に依頼した場合、普通足場を組んでいきなり塗装をすることはないです。塗装するところに洗浄を実施します。業者に外壁塗装の依頼をする際に見積もりを出してもらうでしょう。するとこの洗浄の費用がかなりすることに気が付くはずです。

高圧洗浄をする業者の場合、どの機械を使って洗浄するかで費用も変わります。しかしどんなに安くても高圧洗浄をすると20万円程度はかかります。機械によっては、50万円とか100万円を超えることもあり得ます。これは外壁細部のチェックをする、防水するための養生の準備、水道代、乾燥などいろいろな名目で費用が必要になるからです。

しかし業者によって、この洗浄方法には若干違いがあるようです。高圧洗浄を行っている業者もあれば、水洗いだけで外壁塗装を始める業者もあるようです。水洗いだけであれば、費用も安く抑えられます。また高圧洗浄の場合1日がかりになることが多いのですが、水洗いであればそれほど時間もかからないでしょう。

費用はかさむ、外壁塗装の作業が終わるまで時間もかかるというのであれば、わざわざ高圧洗浄にしなくても水洗いでいいのではないかと思う人もいるでしょう。しかしきれいにかつ長く美しい状態を保ちたいのであれば、高圧洗浄を行う必要があります

化粧の前の洗顔の役割がある

なぜ外壁塗装をする前に高圧洗浄をする必要があるか、女性であればメイクをイメージすれば理解できるでしょう。メイクをする際、まず洗顔をして顔に付着した汚れを洗い流すでしょう。たとえば夜遅くまで遊んで、メイクを落とさずに眠ってしまい翌朝を迎えます。メイクを落として洗顔している時間もないので、慌てて上から化粧をし直して外出した経験はありませんか?

一見するとメイクを上塗りしているので、いつもと同じきれいな状態になるかもしれません。しかししばらくすると化粧が崩れてしまって、結局途中でメイクをし直す羽目になるはずです。これと同じような意味合いがあります。

実は外壁塗装をする前に、壁を十分に洗浄しておかないと壁に汚れなどが付着した状態で塗装する形になります。するとちょっと時間が経過しただけで、塗装が浮き出す・剥がれを引き起こすことが多くなります。その結果、せっかくお金を出して外壁塗装をしてもまたすぐに塗りなおしてもらわないといけなくなります。

外壁に塗られている塗装の表面には、塗膜があります。この塗膜が外壁内部の劣化を防いでいるのです。しかしこの塗膜、時間の経過とともに雨や雪、さらには紫外線などにさらされ続けます。するとどんどん劣化してしまって、外壁をカバーする能力もダウンしてしまいます。塗装が劣化してしまうと、チョーキング現象を引き起こします。チョーキング現象とは、壁を指で触った時にチョークの粉を触った時と同じような白い粉が付着する現象のことです。

チョーキング現象を起こしている外壁に十分な洗浄を行わないと、この粉が残ったままの状態で塗装する形になりかねません。するとこの粉が邪魔になって、せっかく塗装してもはがれやすくなるのです。

手洗いできれいにするのには限界がある

高圧洗浄が登場する前は、ブラシなどを使って塗装する外壁を手洗いするのが一般的でした。老舗の塗装業者の中には、このような伝統的な手洗いで外壁をきれいにしているところもまだあるようです。しかしいくら丁寧にブラシで洗ったところで、どうしても洗い残しの起こる可能性があります。すると一部の塗料が外壁塗装をして時間が経過すると浮くとか剥がれてくるといった症状が起こりやすくなります。

洗い残しを起こさないためには、高圧洗浄のほうが一日の長があります。文字通り高い圧力を使って、外壁の表面に付着している汚れを吹き飛ばします。ですから汚れが残る心配もありません。

外壁に付着している汚れは、いろいろなものがあります。先ほど紹介したチョーキングのほかにも、コケやカビ、前の塗料の剥がれかけのものなど様々です。これをきれいに洗浄するためには、高圧洗浄がどうしても必要なのです。コケやカビなどはこびりついていることもあって、ブラシなどでは取りきれない可能性もあります。

高圧洗浄の実績のある業者にお願いすること

高圧洗浄を行っている業者の中でも、経験の長いところにお願いするのがお勧めです。

業者の使っている業務用の高圧洗浄は、一般家庭で使われているものよりも強力です。ゴム長靴に高圧洗浄の水が当たると、貫通してしまうだけの威力があります。

ですから適度な水圧と壁に当てる時間を理解していないと、外壁がダメージを受ける可能性もあります。知識や経験を持った職人のいる業者にお願いすることです。ちなみに高圧洗浄について豊富な経験を持っている職人であれば、この作業を新人に任せることはまずありません。外壁を目で確認して、どこが傷んでいるのかなどをチェックして微調整を行います。

高圧洗浄だけでも、外壁の汚れを完全に落とせないケースも中にはあるかもしれません。その場合には薬剤などを使って、汚れをこそぎ落すような業者もあります。汚れを丁寧に洗浄してくれる業者に、多少費用がかさんでも依頼すべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

対策を講じて塩害から我が家を守れ!

「塩害」という言葉を聞いたことはありませんか?これは一般に沿岸部に建てられた住居 …

外壁塗装は気候に左右される・どの季節が最もおすすめ?

外壁塗装できない条件を理解しよう 外壁塗装は基本的に自分が「やりたい」と思うタイ …

家をできるだけきれいな状態を維持したい!そんな人におすすめのナノテク塗料

最先端の科学技術を活用した塗料 ナノテクという言葉をどこかで聞いたことはありませ …

断り切れずに契約してしまった場合どうしたらいい? 外壁塗装工事のクーリングオフ

外壁工事の営業は手馴れたものです 上手に話を持っていきその場で、料金の高い外壁塗 …

外壁塗装が剥がれるのは9割以上が業者の施行ミス 何年以内ならやり直せる?

せっかくきれいに外壁塗装してもらったのに、しばらくするとボロボロと外壁の塗装が剥 …

外壁塗装工事に思わぬ伏兵 「ご近所待った!」が起きないために

近隣トラブルで急に外壁塗装工事が中断するというのはよくあることです。 予想以上に …

塗装職人に大切な鉢を割られた! えっ怒るだけ無駄って本当?

外壁塗装工事は家の周りに、足場を組んで塗装をするというものです。 塗装工事のよく …

知らないと恐い!外壁塗装工事による健康被害 

「外壁がボロボロになってきたなぁ。そろそろ塗りかえかぁ」 そんな軽い気持ちで頼ん …

外壁塗装選びは見た目だけじゃダメ!?

自分の家の“外壁”、注目したことはありますか? 実は普段気に留めていない外壁、我 …

外壁塗装でポピュラーなシリコン系とウレタン系。使うならどっちがいいか徹底比較

外壁塗装で使われることが多い 外壁塗装でどの塗料を使用するかは重要な問題になりま …