イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

外壁塗装でよく使われている塗料の成分にはどのようなものがある?

   

現在ポピュラーなのはシリコン樹脂系塗料

外壁塗装で使われる塗料は、いろいろな成分が使われています。その中でも最も外壁塗装で使われているのが、シリコン樹脂系塗料です。シリコン樹脂系塗料のメリットは耐久性に優れている塗料で一度塗れば、長期間持たせることができます。また汚れも付着しにくいので、いつまでもきれいな外壁を維持できるのも人気の理由です。

シリコン樹脂系塗料の中でも、さらに2種類異なるタイプがあります。まずは水で薄めることのできる水性です。もう一つは溶剤といって、シンナーなどを使って薄めるタイプの塗料です。現在のトレンドは環境や人体への影響を考えると溶剤よりは水性の塗料の選ばれることが多いです。

シリコン樹脂系塗料は先ほど紹介したように塗料の成分の中では、かなり優れた成分であることは確かです。しかしすべてのケースにおいて最適かというとそうではありません。塗装する個所や気候によって選ぶべき塗料の種類も違ってきます。業者と相談のうえ、塗装の種類を決めましょう。

最近注目のラジカル制御塗料

最近注目を集めている塗料の種類に、ラジカル制御塗料があります。ラジカル制御塗料は後で紹介するシリコンとフッ素の中間あたりに位置する塗料です。シリコンよりも耐久年数が上で、フッ素塗料よりも費用が安いということで使用する業者も増えています。

ラジカル制御塗料は文字通り、ラジカルと呼ばれる物質の発生を抑制する効果があります。ラジカルとは何か、これは酸化チタンによって発生する物質です。塗装は日光に含まれる紫外線を日々受けているのですが、紫外線を塗料の中に含まれる酸化チタンが吸収することで発生します。このラジカルは塗料の中に含まれている樹脂成分を破壊してしまいます。これは塗装の経年劣化を引き起こすメカニズムです。

ラジカル制御塗料はラジカルの発生を抑制する特色があります。となると塗装の劣化のペースを遅らせることができ、寿命年数を伸ばせます。もしそれなりの品質の外壁塗装をリーズナブルな価格で行いたいというのであれば、ラジカル制御塗料による塗装工事を実施している業者を見つけることです。

耐久性に優れたフッ素樹脂系塗料

耐久性に優れた塗料を使って外壁塗装をしたければ、フッ素樹脂系塗料がお勧めです。先ほど紹介したシリコンの場合、耐用年数は12~15年といわれています。フッ素樹脂系塗料は耐用年数が15~20年なので、シリコンよりも耐久性に優れていることがわかります。できるだけ外壁塗装工事の頻度を少なくしたいと思っている人は、フッ素樹脂系塗料による塗装工事を業者にお願いしましょう。

ただしフッ素樹脂系塗料は、ほかの塗料と比較すると割高の傾向があります。外壁塗装用の塗料の中でも、比較的後発の塗料です。普及もそれほど進んでいないので、価格が安くないのです。

フッ素樹脂系塗料はうまく塗装工事ができれば、高い能力を発揮してくれます。しかし施工技術が低ければ、耐久年数もさほど長くなく、お金を余計に出した意味がなくなりかねません。業者を選ぶのであれば、フッ素樹脂系塗料を使った外壁塗装工事の実績の多いところにお願いすべきです。

いつまでもきれいな外壁になる光触媒塗料

せっかく外壁塗装する以上、いつまでも塗りたてに近い状態を維持したいと思っている人もいるでしょう。その場合、光触媒塗料による工事がお勧めです。表面が酸化チタンの層が来るような塗料で紫外線と反応するためにセルフクリーニングできるので、いつまでも外壁がきれいなのです。

また光触媒塗料は親水性に優れた性質を持っています。水と密着するので、もし外壁にちりやほこりなどの汚れが付着したとしても雨が降れば洗い流せます。

ただしこの光触媒塗料を使った外壁塗装工事は、難易度が高いといわれています。ですから経験豊富な業者に依頼しないと、後々問題の発生する危険性があります。慎重に依頼する業者を探すように心がけましょう。

今後シェアの増加する可能性のあるナノテク塗料

ナノテク塗料はシリコン系の塗料の一種ですが、通常の塗料と比較すると粒子の粒が非常に細かいのが特徴です。しかも超微粒子シリカというガラスの微粒子を混ぜているのも特徴です。

このためナノテク塗料を使用するといろいろなメリットが期待できます。ざっと見ても汚れにくい、色あせが起こりにくい、難燃性である、カビや藻が発生しにくい、シックハウスリスクが低いといったようにです。また速乾性にも優れているので、業者としてみれば効率的に作業できるというメリットもあります。

ただしこのナノテク塗料は、まだそれほど業界の中ではメジャーな塗料ではないです。価格も塗料の種類の中では比較的高いので、ナノテク塗料を使った外壁塗装の場合コストもそれなりにかかります。また施工技術の低い業者が行うと、せっかくのナノテク塗料のメリットが半減しかねません。ナノテク塗料を使った外壁塗装をするのなら、実績の高い業者を慎重に見つける必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

外壁塗装用の中で最もポピュラーなシリコン系塗料。その特徴を紹介

一戸建ての大半を占めるシリコン系塗料 日本中に無数の一戸建てがありますが、外壁塗 …

外壁塗装工事に思わぬ伏兵 「ご近所待った!」が起きないために

近隣トラブルで急に外壁塗装工事が中断するというのはよくあることです。 予想以上に …

エコ素材で外壁塗装!自然塗料でシックハウス対策をしよう

シックハウス症候群に悩まされる世帯も少なくない シックハウス症候群という言葉を聞 …

外装塗装したばかりなのに…塗装が浮いてくる原因 意外にも工事業者だけの問題とは限らない

「高いお金を出して外壁塗装を行ったのに、もう塗装が浮いてきている!」 外装工事は …

セラミック塗料は耐久性に優れる!でも注意が必要な点も

正しくはセラミックの配合されている塗料 外壁塗装をする際に、どの塗料を使うかも重 …

外壁・屋根の塗装でポピュラーなウレタン系塗料。そのメリットデメリットについて紹介

そもそもウレタン系塗料とは? 屋根や外壁塗装を業者に依頼するにあたって、見積もり …

玄関タイルや屋根を塗装工事人に割られた! 問題はぜんぜん大きくない理由

リフォーム中というのはいろいろな事件が起きるものです。 とくに屋根や外壁の塗装工 …

イメージと違う!外壁塗装は塗りなおせるの?

家を見栄え良く、また保護してくれる外壁。塗り替えは少々出費がかさむものですが、同 …

つやのあるなしで分けると塗料は5種類に分類される

つやで分類できる塗料 外壁塗装をする場合、どの塗料を使うかを決める必要があります …

○×日で終わるといっていたのに… 塗装工事が期間内に終わらないトラブルの思わぬ原因

塗装工事の料金は足場のリース料金、塗装職人の人件費も含まれているので、期間が長く …