イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

外壁塗装をするタイミングは?4つのチェックポイントを見逃すな!

   

外壁塗装のタイミングの目安はいつ?

外壁塗装は時間の経過とともに劣化していきます。そこで定期的にメンテナンスをする必要があります。ではどのくらいで外壁塗装をしたほうがいいのでしょうか?

住宅や使われている塗料、立地環境によって違ってきます。しかしデザインサイディングの住宅は7年・外壁モルタルと総仕上げの住宅は10年を目安にしましょう。2回目以降は10~13年を一つの目安にして塗り替えを検討しましょう。
外壁塗装を行うにあたって、外壁のチェックポイントがいくつかあります。以下で紹介する症状が外壁に出てきたら、そろそろ塗り替えの時期に差し掛かっていると思ったほうがいいでしょう。

外壁が汚れてきた

素人でも簡単に見分けのつく方法として、外壁の汚れです。自分の住宅を見た場合、「どうも最近外壁が汚れてきたな」と思ってきたら塗り替えの時期だと思っていいです。

外壁の汚れが目立ってきた場合、高圧洗浄機を使って汚れを落とすことも可能です。しかし時間が経過すると、高圧洗浄機を使っても汚れの落ちない場合があります。このような状況になったら、外壁塗装のタイミングだと心得ておきましょう。
外壁塗装のタイミングは、このような見た目でも判断することが可能です。ですから住宅の壁の状況を定期的に確認しておくように心がけましょう。

チョーキング現象もサインの一つ

外壁塗装のタイミングとして、チョーキング現象があります。チョーキング現象とは、壁を触った時に指に白いチョークの粉がついたような状況をさします。

チョーキング現象がなぜ起きるかですが、紫外線などの直射日光、雨風などが原因で塗料の表面が劣化するためです。チョーキング現象は壁を指で触れば簡単に素人でも確認できます。チョーキング現象が起きている段階で外壁塗装を依頼すれば、それほど建物の劣化が深刻にはならないでしょう。

チョーキング現象が起きている外壁を放置していると、だんだん状況が悪化します。だんだん外壁にひび割れが起きてきて、カビが生えてくることもあります。状況が悪化してから外壁のリフォームをお願いすると、大掛かりな工事が必要になります。費用もかさみますので、チョーキング現象が起きれば早めにリフォーム業者などに相談しましょう。

ひび割れが起きたら外壁塗装を

外壁塗装が劣化していると、クラックといって外壁にひび割れが起きてしまうことがあります。これも外壁塗装を行う重要なサインです。ひび割れを放置していると、住宅の強度などに深刻な問題を引き起こす可能性があります。

ひび割れが起きているということはもし雨が降った場合、水分が建物の内部にそこあら侵入してしまいます。そうすると建物の内部でカビやさび、木材の腐食などを引き起こします。すると建物の強度に深刻な問題が発生しかねません。そしてこのカビ・さびを放置すると、外壁の腐食もどんどん進行してしまいます。

雨風にさらされるのはもちろんのこと、直射日光にさらされることでも外壁の劣化を進めます。ひび割れが大きいと建物の寿命がどんどん短くなります。もし住宅にひび割れが起きているのであれば、できるだけ早くリフォーム業者に住宅を見せて、外壁塗装を含め工事をお願いしましょう。

雨漏りが起きているのであれば早めの塗装を

雨が降ると部屋のどこかで雨漏りを起こしているという人はいませんか?もし雨漏りが起きているのであれば、早めに外壁塗装を含めたリフォームを業者に相談すべきです。

雨漏りが起きているということは、建物のどこかに隙間が発生している証拠です。その隙間から雨が降った時に水分が内部に侵入して、それが雨漏りとなって表れているのです。また外壁など一見するとひび割れが起きていないのに、雨漏りが発生することもあります。この場合、もしかすると屋根の塗装が劣化して建物を保護する機能の失われていることが原因かもしれません。

雨漏りが起きているのであれば、建物にカビやさびも発生しやすくなります。そうなれば構造が劣化してしまって、建物の寿命を早める結果につながりかねません。もし雨漏りが起きているのであれば、早めにリフォーム業者に相談して、どこで雨漏りが発生しているのか突き止め、外壁塗装を含め適切な対策を講じる必要があります。

雨漏りを自覚しているのであれば対処もできますが、もしかすると雨漏りに気づいていないケースもあるかもしれません。たとえば雨漏りのしている個所が押し入れなど、普段見ないところの場合、雨漏りが発生していても気が付かないこともあり得ます。ある程度築年数の経過している住宅で特別リフォームしていないのであれば、収納スペースなどで雨漏りが起きていないかチェックするのもいいでしょう。

壁のところに黒ずみがある、壁を触ったらちょっと湿っぽいことがあれば、これは雨漏りの痕跡である可能性が高いです。このような雨漏りが発生しているようであれば、早めに外壁塗装などの適切な対処を業者にお願いすることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

外壁塗装が浮いてきた・剥がれてしまった…なぜこのようなことが起きる?

手抜き工事の被害で外壁に問題が 外壁の塗膜が浮いてきた、ペンキがめくれた・剥がれ …

安い買い物ではない・外壁塗装の相場を理解しておこう

外壁塗装の料金を決める4つの要素 外壁塗装を業者にお願いするにあたって、どのくら …

外壁塗装選びは見た目だけじゃダメ!?

自分の家の“外壁”、注目したことはありますか? 実は普段気に留めていない外壁、我 …

騙された! それ本当?普通の外壁工事の訪問販売で騙されたと思う例

リフォーム系の訪問販売で騙されたという苦情が生活消費者センターに毎年6000件上 …

実は目の錯覚かも…色が違うじゃないか!と外装塗装で苦情を言う前に

外装塗装工事前に見せてもらった色と、実際に塗り始めたときの色が違う。 これはよく …

外壁塗装が剥がれるのは9割以上が業者の施行ミス 何年以内ならやり直せる?

せっかくきれいに外壁塗装してもらったのに、しばらくするとボロボロと外壁の塗装が剥 …

あいにくの雨…濡れるけれども外壁塗装は行われる?

塗料関係の工事は延期に 外壁塗装をする場合に注意しなければならないのは天候です。 …

塗装工事中の破損や汚れの事故 だれに責任負わせますか?

塗装業界で働いていると良くわかることですが、何の失敗もなしに塗装業を続けることは …

縁の下の力持ちは、実は外壁のコーキングだった!?

外壁がサイディングボードやACLパネルの場合、ボードとボードの境目に継ぎ目があっ …

設計と塗料選びで10年後もキレイな外壁に

ギリシャの青い空と青い海の間に広がる白壁の家々。 ヨーロッパの緑豊かな草原に佇む …