イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

意外と知らないクッションフロアの張替えのタイミング。こんなときに変えると家がとっても長持ち

   

「まだまだ使える」

こう思って同じ床材を何年、何十年も使っていると、後々大きな問題が生じることも少なくありません。クッションフロアに関しても同じで、張替え時期が来ているにも関わらず、しつこく使い続けていると、家全体の大きな改装が必要となり、金銭的に大きな負担となってしまいます。クッションフロアを適正なときに張り替えて、大切な家を長く使うことにしましょう。

基本となるクッションフロアの張替え時期

クッションフロアに関わらずほとんどすべての床材の張替えは10年を目安とすると良いようです。床材というのは普通に使えば10年は問題なく使えるように設計されているためです。畳は少し短く、3~5年ほどで交換が必要になりますので、クッションフロアは費用が安い割には比較的長く使えるコストパフォーマンスの良い床材と言えるでしょう。ですが10年というのはひとつの目安に過ぎません。下記で挙げるような症状が出始めているのであれば、10年経たずとも張り替えたほうがいいかもしれませんし、10年過ぎていたとしても下記の症状がまったく見られなければもう数年使用し続けることができるかもしれません。

クッションフロアの取替えサイン

クッションフロアは人工的な素材なので、自然素材のもののように腐っていくということはありません。しかし表面がビニール上になっているだけでそのビニールが裂けてしまえば耐久性は一気に落ちてしまいます。下記のような症状が出ていたら張り替えサインです

 

つなぎ目の剥がれ

クッションフロアは専用接着剤や両面テープで床に張り付けているだけなので、容易にはがれてしまいます。部屋の隅の部分のクッションフロアが何かの拍子でめくれ上がるように剥がれてしまっているなら、張替えのサインです。

下地に問題がなく、もう一度そのまま接着剤で張り付けてしまえればそれでも良いのですが、一度はがれてしまったところは、張ってもしばらく経てばもう一度同じように剥がれてしまう傾向があるようです。つなぎ目の剥がればないか注意深くありましょう。

クッションフロアの目に見えるところだけでなく、洗濯機の裏側や、机の裏側の湿気がたまりやすいところのクッションフロアが剥がれていないか時々確認することも必要です。

部屋の端だけでなくクッションフロアというのは1枚張りの場合もあれば、1.82m幅のシートをつなぎ合わせている場合もあります。クッションフロアとクッションフロアのつなぎ目の部分は少しでも剥げていないか注意するのは良いことです。つなぎ目が剥げていると水が下地の床材に染み込んでしまうためです。

 

落下物のへこみはないか?

クッションフロアは床材の中でも衝撃に弱い床材です。重いものが落ちてしまうと確実に痕が残りますし、修復できません。

フローリングなどなら補修材で補修したり表面をカンナで削るなどして新品同様にできるのですが、クッションフロアはへこみ傷ができてしまうと張替え以外に方法はないのです。

 

床鳴りがしないか?へこまないか?

続いて確認が必要な点は、クッションフロアの上を歩いたときに、床がへこむ感じや、ミシミシという音がしないかどうかという点です。これはクッションフロアそのものの問題ではなく、クッションフロアの下の床材に問題があるケースです。どちらにしてもクッションフロアすべてを一度剥がしてしまい対処しなくてはいけませんし、一度剥がしてしまったクッションフロアは再利用できません。よって張替えとなります。床なりやへこみというのはシロアリで床下が腐っているとか、地震などの影響で家の建てつけが悪くなっているサインです。早めに対処して長く家を使うようにしましょう。

 

汚れていないか?

汚れというのは見た目の問題に過ぎませんが、あまりにも汚れがひどいと部屋の美観を損ないます。クッションフロアは床材の中でも最も安く張り替えられるものですから、汚れがひどい時は張替え時期と思いましょう。表面が汚れているだけのように見えても、中にまで汚れが侵食しているときもあるかもしれません。

 

ペットを飼うことになった(赤ちゃんが生まれることになった)

 
最後に考える張替えタイミングはペットの購入です。ペットをクッションフロアの上で遊ばせると、必ずと言っていいほどキズをつけてボロボロにします。さらに普通のクッションフロアは人間にとっては歩きやすいのですが、ペットからすると滑りやすくて歩きにくいのです。大切なペットの骨折や関節痛の原因となるかもしれません。

今はペット対応のクッションフロアというものがあって、滑らず、ツメをたてても傷がつかない設計になっています。おまけに消臭効果もあり、粗相をしても拭いてしまえば臭いが残りません。ペット購入が決まったならクッションフロアをペット専用のものに張り替えると良いでしょう。赤ちゃんが生まれるというときもクッションフロアを厚手のものに取り替えると良いでしょう。クッションフロアには2mmのものだけでなく4mmのものがあります。転げまわったり歩き始めのときに転んだとしても厚いクッションが赤ちゃんを守ってくれます。

 

問題を放置すると何が起きる?

上記の症状が出ているにもかかわらず、クッションフロアの使用を続けるならどうでしょうか?一番の問題はキズとなった部分から水が床下に入ってしまうことです。木造住宅の場合、いったん染み込んでしまった水の影響は絶大で、確実に木が腐っていきます。ですから水が浸入する前に床材を良い状態に保ち、いつも床の上で水をストップさせる努力が必要でしょう。

クッションフロアの張替えは専門業者なら1,2日で終えてしまえます。費用的にも最も安く済む床材です。早め早めの張替えに心がけて大切なお家を長く使用したいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

なるほど!と思わずうなずく、カーペットの色選び4つの秘訣

カーペットをどんな色にしようか?と悩みますよね。インテリアイメージの専門家からす …

人気のフロアタイルの料金目安、こうすれば安く張り替えられる!

優れたデザイン性と耐久性で人気上昇中のフロアタイルですが、まだまだ実際の住宅では …

フローリングの張替えタイミング。他のサイトでは書かない新真実

フローリングの張替え時期はどれくらいでしょう? 「フローリング 張替えタイミング …

絶対失敗しないクッションフロア選び3か条。なるほど!これは思い付かないという選択基準

「クッションフロアは結局は同じ肌触りなので、どれを選んでも一緒」というわけではあ …

知らないと怖い!カーペットを張り替えないと起こりうる事

「カーペット傷んできたけど、まだまだ使えるし、生活するうえで支障ないから、別に張 …

壁の撤去をセルフでやるための3つのポイント

家の壁を取り壊すと、今まで太陽の光が入っていなかった部屋にまで光が差し込み、家の …

柄のある壁紙を取り入れたい!2つのテクニックとおすすめ5つのデザインを紹介

柄選びは部屋の広さに合わせること 壁紙の中には、柄物もたくさんあります。特にビニ …

こんな場合は窓設置できない!見落としがちな7つのケース

家の構造は意外と複雑です。ここに窓をつけたいと思っていても専門家からすると絶対に …

コレでお風呂場がアジアンテイストのおしゃれ空間に!お風呂場にオススメしたい床

脱衣場は単に着替える場所だけでなく、洗濯機があったり、洗面台があったりと、なにか …

畳の張替え。こんな状態が起こったら張り替えよう

日本伝統の畳。昔の方はよく畳と共に生きてきたので、畳をどのように管理するのか、い …