イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

クッションフロアランキングベスト3!人気があるのにはこんな理由があった

   

クッションフロアをどんな柄にしようか?いろんな柄がありすぎて選択に迷うことでしょう。ただ単にクッションフロアだけを見て気に入った柄を選んでも実際に部屋に敷いてみるとぜんぜん部屋の雰囲気に合わなかったということもあります。

どんな素材のクッションフロアが部屋にマッチしやすく、飽きずにつかえるのでしょうか?クッションフロアはプリント柄なので、どんな柄であっても値段は一緒です。結局はみんなの人気が高いクッションフロアが長く飽きずに使える素材となります。

今回は人気のクッションフロア素材をランキング形式で見ていきましょう。さっそくベスト3の発表です。

フローリング調

オーソドックスではありますが、一番人気はフローリング柄です。プリントのフローリング柄といっても一つ一つのフローリングは同じ色にプリントされてはおらず、一つ一つが木の節やちょっと白く変色した色合いなど再現してあって、本物のフローリングよりも木材感が漂っています。

洋風の部屋に木目調フローリングのクッションフロアを敷き詰めるとビックリするほどマッチします。安い素材ではありますが、広いリビング全体に敷き詰めても素材負けしません。むしろ他の床材よりも踏み心地がよく、部屋の雰囲気とマッチしやすいものです。

テラコッタ調

2番目に人気が高いのが、テラコッタ柄です。テラコッタというのは、イタリア語で「焼いた土」という意味があります。赤レンガ独特の暖かい雰囲気はテラコッタ調のフロアタイルを敷き詰めることによってかもし出せます。

実際の部屋の中が寒くても、テラコッタ調のフロアタイルを床全体に敷き詰めれば、まるで家の中にサンタクロースが入ってくる暖炉があるようなイメージになることでしょう。寒い冬は「暖かい我が家」を演出できるのです。

テラコッタ調の床は他のインテリアともマッチしやすく、観葉植物を飾ったり、おしゃれなアイテムを壁に並べると、部屋がまるでカフェテラスのような雰囲気になります。

モロッカンタイル調

3番目に人気が高いのはモロッカンタイル調と呼ばれるオシャレな素材のフロアタイルです。モロッカンというのは「モロッコ人風」という意味合いになるので、モロッカンタイルというのはモロッコ人が使っているようなタイル調のクッションフロアという意味となります。といってもモロッコ限定ではなく中東地方全般のインテリアの形ということになります。

モロッカンタイル調のフロアクッションを床に敷き詰めると、それだけでその部屋を異国の空間にいざないます。観葉植物とはよく合いますが、他の椅子や机などをもモロッカンスタイルにしないとマッチしません。

部屋をモロッカンスタイルにすると決めたなら、オシャレな細工が施された椅子を置いたり、東洋柄のきれいな布を壁に張り付けたり、オシャレなシャンデリアを上から吊るすなどして、部屋全体のイメージアップをする必要があるでしょう。ですがいったん作ってしまったアジアンビューティーな部屋は誰の目をも奪うすてきな空間となります。

どの部屋で使うのかを考慮した素材選び

クッションフロアはプリント柄が違うだけで、同じものなのですが、それぞれの部屋の雰囲気にあった素材選びは重要です。素材選びの基本はクッションフロアではなく本物の床材なら何を使うかという点です。

トイレやお風呂場にフローリング調のクッションフロアをを敷いてしまうならどうでしょうか?硬いイメージがあるだけではなく、本来フローリングは「水で濡らしてはいけない」素材なので、ミスマッチとなります。>水周りは本来の床材が濡れてもよいようなものを選んだほうがいいということになります。

クッション性があるので子ども部屋にクッションフロアは適しているのですが、シックな色合いだと雰囲気に合いません。

クッションフロアだからできる自由な部屋のイメージ作り

クッションフロアのプリント柄は無数にあります。ですから自分の作りたいイメージの部屋をわがままに実現できてしまえるでしょう。フローリングや畳などは1つのイメージしか出せませんが、クッションフロアは和風・洋風・東洋風と好きなイメージの部屋が作るのです。

さらにクッションフロアは費用が安く施工も簡単な床材です。万が一素材が思っていたものと違っても、簡単にやりなせることでしょう。他の床材であれば、失敗しても簡単にやり直しは効きません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

失敗しないためのフロアタイル選び。3つの確認事項とは?

「思っていたのとちょっと違うなぁ」 フロアタイルの購入時はコレがいいと思って選ん …

壁紙に傷をつけてしまった…自分で部分的な補修はできるの?

自分で部分補修することも可能 壁紙に引っかかって部分的に破けてしまった、画鋲でポ …

これはやっちゃう…間違った床のシミの落とし方。正しい方法はコレ

せっかく大切にしている家なのに、あるときにふと、床に大きなしみができているのを見 …

サンプルだけで選ぶべきではない?失敗しない壁紙の選び方の5つのポイント

色と柄をまずは決めていこう 壁紙を変えることで、部屋の印象はだいぶ変わります。ま …

天井にシミが発生…これは雨漏りなの?

天井のシミは雨漏りの可能性がある 横になっている時にふと天井を見上げてみるとシミ …

なるほど!と思わずうなずく、カーペットの色選び4つの秘訣

カーペットをどんな色にしようか?と悩みますよね。インテリアイメージの専門家からす …

壁紙の張り替えを業者に依頼・どんな流れで進められるの?

まずは見積もりを取ること リフォーム業者に壁紙の張り替え工事を依頼する場合、まず …

壁紙の選び方のポイントを種類別に開設

まずは壁紙の種類を理解しよう 内装のリフォームをするにあたって、壁紙をどうするか …

フロアタイルで部屋はこんなに変わる!すてきな素材活用例を5つ紹介

多種多様な色とデザインが選べるのがフロアタイルの最大の特徴です。フロアタイルが持 …

意外と知らないクッションフロアの張替えのタイミング。こんなときに変えると家がとっても長持ち

「まだまだ使える」 こう思って同じ床材を何年、何十年も使っていると、後々大きな問 …