イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

畳にカビが発生したどうする?昔の人なら知っている賢いカビ除去方法はこれだ!

   

畳というのはイ草という自然の植物でできているので、カビなどが生えてしまいます。他にも年月と共に変色したり、表面がスレてしまい、ケバ立つかもしれません。

そんなときにはどうしたらよいのでしょうか?正しく対処すればカビが生えたり、少々変色してしまった畳も引き続き使用することができます。畳の状況に合わせた対処方法を見ていきましょう。

まずは原因を追究しよう

単にカビや変色が出たから掃除するというのではなく、まずはどうして畳に問題が起きたのかということを突き止めることが重要です。そうすればせっかく時間をかけてきれいにしてもまた同じ問題が出てしまうという問題を避けられます。

まずはカビの原因です。畳の欠点ですが、畳は床材の中でも極めてカビが発生しやすい環境が整っています。通気性を保ちやすいようにはなっていますが、部屋を閉め切ると、畳の中に湿気がたまりやすく、カビが繁殖しやすくなります。さらに畳の上で素足で歩くことも多いので人間から出たアカやフケなども格好のダニやカビの食物となります。

カビが発生しやすいのは夏です。カビの発生する条件である「室温25~30度・湿度が70%」を満たすからです。冬場であっても寒いからといってたたみの上にカーペットを敷いてその上にコタツをつけて一冬過ごすなどすると、カーペットの下の畳はカビだらけになるリスクがあるでしょう。

つまりカビが発生しないようにするには。畳を通気性の良い状態に保つことカビやダニの食物がたたみに残らない状態にすることが重要なのです。

カビを増やさないために具体的にできること

定期的に通気をしていれば、カビが増えにくいわけです。畳という自然の床材は通気さえしていれば内部の水分が飛んでいくという優れた特性があります。ですから一年を通して、晴れた日には畳の部屋の窓を開けて通気させるようにしましょう。それだけでカビはかなりの程度抑えられます。

掃除機でたたみの上のホコリを吸うこともよいのですが、一部で繁殖を始めたカビは掃除機で他の場所に撒きちらがるようです。ですから、最も良いのは畳の掃除は拭き掃除で行なうことです。

畳の拭き掃除どうやって行なう?

畳は水分を嫌うために、ビショビショに濡らした雑巾で拭くのは好ましくありません。しかし乾拭きではなく少し水分を含んでいるほうがホコリが取れやすいでしょう。

カビは菌です。菌は生きていますので、固く絞った雑巾の水ぶきをするときに少し漂白剤を入れると、発生しかかったカビは死滅します。ですがあまり入れすぎるとたたみの色そのものが変わってしまうので気をつけましょう。さらに漂白剤は畳に残るとお子さんの皮膚にも影響があるので注意が必要です。

そこで昔の人なら知っている賢い畳のカビの予防&除去方法があるのです。その方法とは…

緑茶の殺菌作用を利用

緑茶には強い殺菌抗菌作用があります。いつも日本家屋を掃除してきた昭和を生きたおばあちゃんたちは知っています。緑茶を雑巾に湿らせて絞り、畳を拭くと漂白剤と同じように殺菌作用を得ることができるのです。緑茶なので身体への悪い影響はありませんし、比較的安価です。同じように雑巾に酢やアルコールを湿らせても同じような効果が得られます。

この殺菌作用あるお茶で定期的に畳をふきあげれば長年カビを発生させずに、万が一発生させたとしても早いうちに安全に対処することが可能です。

すでに目に見えるカビが発生しているときには?

すでに目に見えるほどのカビが発生しているときは、どうしたらよいのでしょうか?

まずはさきほどのお茶、アルコール、酢などでカビが落ちないかどうか試してみましょう。最後の手段として色が変化しないのを目立たないところで確認しながら、濃い目の漂白剤入りの水を湿らし、カビの部分をふきあげます。頑固なカビも漂白剤ならほとんど取れます。

すでに畳の内部にまでカビが侵食し、表面を拭くだけではどうにもならないときには畳そのものを交換するしかありません。

畳が擦れてしまっているときには?

畳の表面が擦れてしまっているときはまずは畳表と言われるイ草の面を裏にして使えないか試して見ましょう。裏もケバだち、すでに傷んでいるなら新しく畳表を交換することになります。3~5年もすれば、通常畳の表面は擦れてしまうでしょう。

畳のカビ除去への正しい見方

畳の表面のカビはいろいろな方法で取り除くことが可能ですが、カビというのは菌ですので、なかなか根強い生命力があります。カビというのはいったん発生してしまうと、完全には除去することは不可能というのが正しい見方です。

畳には湿気が多い季節はカビはつき物です。アレルギーが出ない程度に定期的に換気と掃除をしてできるだけ畳を長く美しく使えるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

天井が歪んで変形している…原因の候補と対策の方法について公開

天井に歪みが…その原因とは? 天井は本来フラットな状態であるはずです。しかし中に …

こんな場合は天井吹き抜けにはできない!見落としがちな理由

吹き抜けのあるお家に憧れて、マイホームの中に開放感あるれる吹き抜けをつけたいなと …

天井を吹き抜けにして見ませんか?想像もしえない変化が起こります

思い切った家の改造の1つにリビングや玄関部の天井をぶち抜いて、吹き抜けにしてしま …

クロスのもともとも意味は布!「本家」布クロスを内装材に使ってみる

布クロスは本来おかしい ? 内装工事をする場合、壁紙をどうするかという問題が出て …

これはやっちゃう…間違った床のシミの落とし方。正しい方法はコレ

せっかく大切にしている家なのに、あるときにふと、床に大きなしみができているのを見 …

フロアタイルで部屋はこんなに変わる!すてきな素材活用例を5つ紹介

多種多様な色とデザインが選べるのがフロアタイルの最大の特徴です。フロアタイルが持 …

子供部屋の内装リフォーム・おすすめ壁紙3つのポイントを紹介

明るめの色の壁紙で 子供部屋のリフォームをするにあたり、壁紙を変更しようと思って …

壁紙に傷をつけてしまった…自分で部分的な補修はできるの?

自分で部分補修することも可能 壁紙に引っかかって部分的に破けてしまった、画鋲でポ …

フローリング選びで失敗しないために…画期的!この優先順位で考えれば後悔しない

フローリングにはいろいろあるので迷っちゃう。複合フローリングと無垢フローリング、 …

カーペットの張替えはいくら掛かるの?自分でする場合と業者がする場合

ゴロゴロ寝転ぶと気持ちがいい新品のカーペットですが、何年か経過すると快適ではなく …