イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

コレって和室?という和室を演出。和モダンとは

   

和室というとどんなイメージを想像しますか?床の間、ふすま、押入れ…。いわゆるサザエさんの世界に出てくるような純和風の雰囲気を思い描くかもしれません。

ですが最近の和室というのは違うのです。畳という日本独特の床材を取り入れつつも、まるで洋風のインテリア性を取り入れることもできます。世界的な観点から見ても日本の「和」という空間が作り出す力は、インテリアコーディネイトの観点から見ても高く評価されています。

そんな畳を使って部屋をおしゃれな印象にする方法を模索してみましょう。

畳の持つ特殊な力

畳には特殊な力があります。それは畳を敷きさえすれば、そこは「和」の空間になるという力です。洋風の部屋に無理やり、床の間や押入れを作ったところで「和」は演出されません。かといって洋風の部屋に障子を取り付けても雰囲気が合わないのです。

ところが畳というのは不思議な床材で、完全な洋室の空間でもその一部に畳を敷き詰めるとそこだけは「和」の空間となるのです。家のインテリアを考える上で、畳に床の間、床の間には掛け軸と伝統的な和室を完璧に作り上げるのもいいのですが、ちょっと方法を変えて「洋」の中に「和」を取り入れることもできるでしょう。それが「和モダン」という新しいスタイルです。

和モダンとは

和モダンに明確な定義はありませんが、西洋のインテリアの中に和の要素を組み込むことです。日本美をかもし出す方法は畳を敷き詰めるだけではありません。日本庭園に代表される和の要素が入ったアイテムを部屋の中にちりばめることによっても可能です。

畳をベースとして、囲炉裏(いろり)を再現してみたり、畳の部屋に洋風の棚をつけて、日本人形や紙風船などの和のアイテムを並べてみたりすることによって和の印象を演出できます。

日本家屋の特徴は梁や柱に木材が使われていることです。部屋の柱や天井部分に木材の直線美を演出することによっても和モダンを演出できます。ですが、畳というアイテムだけでもインテリア性を高めることができるのです。畳は「敷く」という方法以外に変化の余地がなさそうではありますが、どのように畳を使って部屋をおしゃれな和風にすることができるのでしょうか?

和モダンを演出する畳の可能性

畳というのは部屋全体に敷き詰めなくてはいけないものではありません。洋室の部屋の一部に和畳を敷いて和風にすることができます。そのときに重宝するのが琉球畳というインテリア性の高い畳です。

和モダンを演出する方法として大きなフローリング張りの洋間のリビングの一スペース、床の間の段差くらい高さを上げます。そのスペースの中に琉球畳(1条の半分の大きさで畳縁がないもの)を敷き詰めていきます。

琉球畳なら色も選べます。通常の畳に近い「銀白色」、黄色が強い「黄金色」、ちょっとピンクの入った「灰桜色」、シックで大人っぽい雰囲気の「黒染め色」、白に近い「乳白色」など部屋の雰囲気にあった畳が選べるのです。同じ色の畳を敷き詰めるのも良いのですが、2種類の違った琉球畳を市松模様に並べるととってもおしゃれな和モダンが出来上がります。

和室でありながら、今までの和室の常識を覆すようなおしゃれな空間となるでしょう。

和モダンにマッチする家具とは?

畳そのものが和を演出する力があるので、他の家具もそれなりにマッチするものを揃えれば和モダンを演出できます。

例えば和室と言えば座布団というイメージがあります。座布団を用意するのもいいですが、木製の椅子にクッションを用意してもいいかもしれません。思い切っておしゃれなソファーをたたみの上においてみるのもいいかもしれません。

しかしソファーは木製で取っ手のところなどが木目のものを選ぶようにします。ソファーの生地の色は畳に近い緑か、気の色に近い茶を選ぶようにします。そうすれば和の雰囲気を崩さずに居心地のいい空間を演出できるでしょう。

畳が与える部屋の印象を最大利用

畳さえ敷き詰めてしまえば、ソファーを置いたり、おしゃれな観葉植物を飾ったりと、少々冒険してもそこは和の空間という印象になるのです。畳にはどんな空間をも「和」に変えてしまう不思議な力があります。自分の家をリノベーションしてまったく新しい空間を手に入れたいと考えているなら、洋室の一部を和の空間に変身させる和モダンを採用してみるのはいかがでしょうか?あなたの家に来たお客さんは、きっとその空間にまた訪れたいとおもうことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

寝室の床選びで見落としがちな下の階への影響。適した床材はコレ

寝室。 それは寝る場所であり、くつろぐ場所です。どんな床材が適しているのでしょう …

クロスのもともとも意味は布!「本家」布クロスを内装材に使ってみる

布クロスは本来おかしい ? 内装工事をする場合、壁紙をどうするかという問題が出て …

壁のリフォームをしたい!塗り壁とクロスどちらがいいの?

塗り壁の長所は天然・自然素材にあり 壁のリフォームをするにあたって、大きく分けて …

こんな場合は天井吹き抜けにはできない!見落としがちな理由

吹き抜けのあるお家に憧れて、マイホームの中に開放感あるれる吹き抜けをつけたいなと …

カラー・デザイン・質感…部門別人気の壁紙を紹介

人気のカラーの壁紙はどれ? 壁紙を張り替えるにあたって、どのようなカラーの壁紙を …

知らないと愕然!意外に高くつくクッションフロアの張替え料金。安くするには?

大工さんにしても、電気屋さんにしても「お客さんが相場を知らない」ために、普通の工 …

柄のある壁紙を取り入れたい!2つのテクニックとおすすめ5つのデザインを紹介

柄選びは部屋の広さに合わせること 壁紙の中には、柄物もたくさんあります。特にビニ …

天井のリフォームには湿式工法と乾式方法がある・その違いって何?

湿式工法と乾式工法を理解しよう 天井リフォームを検討しているのであれば、業者にお …

カーペットの張替えはいくら掛かるの?自分でする場合と業者がする場合

ゴロゴロ寝転ぶと気持ちがいい新品のカーペットですが、何年か経過すると快適ではなく …

風呂場をリフォームして壁紙を変えたい!押さえるべきポイントを3つ紹介

風呂場の壁紙選びは機能性重視 風呂場をリフォームするにあたって、今までと異なる壁 …