イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

人気のフロアタイルの料金目安、こうすれば安く張り替えられる!

   

優れたデザイン性と耐久性で人気上昇中のフロアタイルですが、まだまだ実際の住宅では採用している人は少ないようです。その原因のひとつとして、フロアタイルを採用したらいくら費用がかかるか分からないという人がいるようです。

今回はフロアタイルを新築の家に敷いたときと、リノベーションして他の床材をフロアタイルに変更したときにどれくらいの費用が掛かるのか見ていきたいと思います。

フロアタイルの値段

フロアタイルはフローリングや陶器タイルなどと比べると材料そのものの値段は安くつきます。では他の床材と比べていくらになるのか見てみましょう。

フロアタイル 1㎡当たり 4000~8000円
フローリング 1㎡当たり 5000~1万2000円
磁器タイル 1㎡当たり 5000~1万5000円
畳 1㎡当たり 5000~1万5000円
クッションフロア 1㎡当たり 1000~3000円

このように材料代そのものはクッションフロアほどは安くありませんが、他の床材と比べると若干安めです。

では6畳の部屋に張るとなると全部で12㎡となるので5万円~10万円でフロアタイルを敷き詰めることができるという意味ですか?

ハイ。張り付け作業を自分で行なう場合はネットでフロアタイルを購入し張り付けるだけなので、それだけの予算で済むでしょう。

ですが新築の家だと床材だけでなく、壁も、ドアも工程に合わせて取り付けるので、床だけ自分で張りますというわけにはいきません。部屋の改装で床材を張り替えるにしても、やはり自分でするのは仕上がりが心配でしょう。よって職人の工賃をこれらの材料費に足したものが本当のフロアタイルの値段ということになります。

フロアタイルの貼り付け職人価格

部屋のリフォームを職人に頼んで行なうときは、「材料代+職人の工賃」が必要です。どれくらいになるのでしょうか?

一般的に職人の一人当たり給料は、日当1万5000円ほど。都心部なら2万円でしょう。1日掛かったとしても数時間程度で終わったとしても、現場まで材料を運んで作業をして帰ってもらう限り、1万5000円は工賃として最低でも必要です。

さらに現場までの交通費や、材料が職人の会社まで届くための宅配便の料金も掛かりますが、これらは職人の会社が負担します。つまり職人の会社の儲けも若干足すことを計算すると、1日当たりもうプラス1万円を加算することとなるでしょう。

フロアタイル張替えの規模がそれなりに大きくなると、材料も重くなるために職人は1人ではなく2人必要になります。よって材料代そのものは5~10万円掛かりますが、職人の工賃や交通費、職人の会社の利益を考えると、「材料代×2」必要と考えておいてよいでしょう。

つまり6畳の部屋(9.9㎡)をフロアタイルに張り替えるのに10~20万円掛かるという計算になります。12畳なら材料代は倍になり、工賃とその他雑費が1.5倍ほど掛かるので、全部で20~30万円ほど掛かるという計算になります。

新築の場合にはいくら掛かるのか?

新築の場合はまっさらのところにフロアタイルを張り付けていくことができるので、リフォームのときよりも価格は安くなるように感じるかもしれませんが、実はその逆で高くつきます。

なぜなら大工との兼ね合いもありすべての部屋のフロアタイルを一度に張ってしまうことは難しく、何度か内装職人が足を運ぶことが必要になるためです。さらに新築の場合は建築工務店の儲け分も加算されることとなります。

新築のときのフロアタイル張り付け価格の目安ですが、相場は1㎡あたり1万5000円といったところでしょう。つまり6畳の部屋(9.9㎡)なら、15万円ほど、50平米ほどの大きなリビングなら75万円ほど見込んでいる必要があるということになります。

どうにか安くフロアタイルで仕上げたいという場合

部屋をちょっと改装したいという程度なら何十万円という費用はかなりの負担でしょう。最初にも少し触れましたが安くするために自分で張り付けてしまうことができます。

床材の中でもフロアタイルは比較的素人でも簡単に張り付けやすい床材です。フロアタイルの裏面には強力な滑り止めが付いているので、畳の上でもフローリングの上でもしっかりと張り付けることができます。

長さの調整が難しいように感じるかもしれませんが、カッターで切り取りながら張り付けるというものなので他の床材ほど難しくはありません。最悪失敗したらまた新しいフロアタイルを切って張り付ければいいだけだからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

絶対失敗しないクッションフロア選び3か条。なるほど!これは思い付かないという選択基準

「クッションフロアは結局は同じ肌触りなので、どれを選んでも一緒」というわけではあ …

天井吹き抜けをセルフで行なう方法がまる分かり!用意する道具と注意点

家のリノベーションの基本は空間作りです。今ある家のそれぞれの部屋のクロスを替えた …

壁紙の張り替えをしようか悩んでいる人のための張り替えタイミング講座

10年前後が目安といわれているけれども… リフォームの中の一つに、壁紙の張り替え …

天井に変化はある?張り替えのタイミングはいつ頃?

天井リフォームのタイミングは築10~20年 リフォームという言葉がメディアで広く …

より快適な住まいに・機能性クロスとはどのようなもの?

機能性クロスもいろいろと登場 壁紙や天井材として、クロスを利用しようと思っている …

こんなときにはカーペットの張替えが必要。さもないとこんな怖い結果に…

「そろそろカーペット張り替えたほうがいいですよ」 業者がこのように言われるとほと …

日本人にとってはなじみのある紙クロスを壁紙に使うメリット・注意点は? 

住宅建材としてなじみのある紙 日本家屋にとって切っても切り離すことのできない素材 …

畳の張替えっていくら掛かるの?知られていない中国産畳の危険

畳の張替えっていくらするんだろう? 床材の張替えの中でも一番わかりにくいのが畳の …

内装リフォームする場合ペンキで塗装とクロスの張り替え・どっちがいいの?

どちらもバリエーションは多種多様 内装のリフォームをする場合、壁の印象を変えたい …

こんなときはフロアタイルを張り替えよう!簡単にイメチェンできる張替え方法を紹介

見た目がまるで本物のよう…と言われるフロアタイルですが、せっかくの高級感も年月と …