イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

こんなときはフロアタイルを張り替えよう!簡単にイメチェンできる張替え方法を紹介

   

見た目がまるで本物のよう…と言われるフロアタイルですが、せっかくの高級感も年月と共に色あせていきます。フローリングや大理石すらも忠実に再現させてしまう本物仕立てのフロアタイルも、傷がついたり、表面が剥がれてしまっては、「やっぱり偽物だった」と分かってしまいます。

フロアタイルの寿命はどれくらいあるのでしょうか?どんなときが張替えのタイミングなのでしょうか?

フロアタイルの寿命

フロアタイルの寿命は普通に使っていれば10年は何の変化も感じずに使うことができるでしょう。同じ塩化ビニルという材質でできているクッションフロアと比べると硬いために傷がつきにくく長持ちします。ある程度の重さにも耐えることができますが、やはり表面はビニル素材のために、同じ場所を何度も歩いて靴やスリッパで摩擦すると、表面のプリントが落ちていきます。

しかし傷がつくというのはフローリングでもカーペットでも磁気タイルでも同様に言えることなので、床材の中では平均的な寿命と言えるでしょう。

ただし本無垢のフローリングなどは、本皮のカバンなどと同じく、色あせや磨耗痕も本物の味わいとしてかもし出されますが、フロアタイルは人工的なものなので傷んだら偽物感が漂うだけです。

フロアタイルの張替えタイミング

床材メーカーはフロアタイルの寿命の基準として、10年という数字を掲げています。ですがこれは10年経てば必ず交換しないといけないというものではありません。フロアタイルは割れるものではありませんし、カーペットや畳のようにダニが繁殖し健康上の被害が生じさせることもありません。10年という数字は一般的に、表面が薄れてしまって本物感が消えてしまうという期間です。

ただ10年より早く交換したほうがいいケースもあるでしょう。一部の化学的な製品に過敏に反応してしまう人が家にいるときは、フロアタイルが発する独特においがダメですぐに交換しなくてはいけないこともあるでしょう。

ですが基本的にフロアタイルの張替えタイミングは、「見た目が悪くなったとき」です。見た目が悪くなる要因としては、擦り傷が増えること、太陽によって表面が変色してしまうこと、家具の移動の際のキズ痕などがあげられます。

家族みんなが健康的に問題がなく、フロアタイルの表面が少々磨り減っても気にならないのであれば、10年といわず15年も20年も使い続けても問題ありません。

フロアタイルの張替え方法

フロアタイルは床材の中でも極めて張替えが簡単です。安価なフロアクッションも一枚もののために、イザ張替えるとなると、部屋の家具をすべていったん外に出して、すべての床を張り替えるという作業となります。つまり床の材料代そのものはほとんどかかりませんが、職人の手間がかなり取られるため人件費がそれなりに掛かってしまうでしょう。

しかしフロアタイルはタイルカーペットのように一枚一枚が独立しています。よって家具を移動させなくても傷んだ部分だけをはがしてそのまま新しいフロアタイルをペタリと貼り付けることが可能です。フロアタイルは他の床材と比べても色の変化は少ないので、一枚だけ張り替えたとしてもあまり違和感は感じないでしょう。

張替え箇所が少ないのであれば5~20分もあれば簡単に張替えが終わってしまいます。

フローリング→フロアタイルも可能

フロアタイルの張替え方法として「フローリング→フロアタイル」のということも可能です。フロアタイルそのものが傷んだだけでなく、フローリングが傷んでしまって床を張り替えたいけれども予算的に限界がある。もしくは張替えのタイミングで部屋のイメージチェンジをしたいというときにはフロアタイルへの張替えは有効方法です。

方法も簡単で既存のフローリングの上に接着剤を塗りフロアタイルを貼り付けていくだけです。

張替え簡単なフロアタイル

傷んだところだけ取り替えることができる、さらには他の床材の上から貼り付けられるといった優れた特性があるので、手軽にイメチェンが必要な賃貸物件などでの利用が増えてきました。

特に床材が痛んでいなくてもリビング全体のイメージをガラッと一変させたいときなどもフロアタイルへの張替えは非常に有効な方法です。

部屋をいつも美しく装いたい人はぜひともこのフロアタイルを導入してみるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

天井を吹き抜けにして見ませんか?想像もしえない変化が起こります

思い切った家の改造の1つにリビングや玄関部の天井をぶち抜いて、吹き抜けにしてしま …

塗り壁で内装リフォーム・主要5種類の特徴を紹介

漆喰 内装をリフォームする場合、塗り壁を選択する人もいるでしょう。塗り壁リフォー …

天井吹き抜けをセルフで行なう方法がまる分かり!用意する道具と注意点

家のリノベーションの基本は空間作りです。今ある家のそれぞれの部屋のクロスを替えた …

リビング、そこはその家を象徴する場所…好みに合わせた失敗しない床材選び

リビングで家族みんなが自由に語らう時間はとても重要ですよね。リビングはご飯を食べ …

天井吹き抜けの工事料金の目安。これが具体的に必要な金額だ

天井吹き抜けのある家は憧れです。開放感があり、太陽の光も入ってきて家のイメージが …

壁紙の張り替えをしようか悩んでいる人のための張り替えタイミング講座

10年前後が目安といわれているけれども… リフォームの中の一つに、壁紙の張り替え …

壁紙の種類が多様に・木質系・無機質系の壁紙も普及中

木質系壁紙とは 日本の家屋で用いられている壁紙というと、ビニールクロスが一般的で …

壁の撤去をセルフでやるための3つのポイント

家の壁を取り壊すと、今まで太陽の光が入っていなかった部屋にまで光が差し込み、家の …

壁紙に傷をつけてしまった…自分で部分的な補修はできるの?

自分で部分補修することも可能 壁紙に引っかかって部分的に破けてしまった、画鋲でポ …

子供部屋の内装リフォーム・おすすめ壁紙3つのポイントを紹介

明るめの色の壁紙で 子供部屋のリフォームをするにあたり、壁紙を変更しようと思って …