イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

こんなときはフロアタイルを張り替えよう!簡単にイメチェンできる張替え方法を紹介

   

見た目がまるで本物のよう…と言われるフロアタイルですが、せっかくの高級感も年月と共に色あせていきます。フローリングや大理石すらも忠実に再現させてしまう本物仕立てのフロアタイルも、傷がついたり、表面が剥がれてしまっては、「やっぱり偽物だった」と分かってしまいます。

フロアタイルの寿命はどれくらいあるのでしょうか?どんなときが張替えのタイミングなのでしょうか?

フロアタイルの寿命

フロアタイルの寿命は普通に使っていれば10年は何の変化も感じずに使うことができるでしょう。同じ塩化ビニルという材質でできているクッションフロアと比べると硬いために傷がつきにくく長持ちします。ある程度の重さにも耐えることができますが、やはり表面はビニル素材のために、同じ場所を何度も歩いて靴やスリッパで摩擦すると、表面のプリントが落ちていきます。

しかし傷がつくというのはフローリングでもカーペットでも磁気タイルでも同様に言えることなので、床材の中では平均的な寿命と言えるでしょう。

ただし本無垢のフローリングなどは、本皮のカバンなどと同じく、色あせや磨耗痕も本物の味わいとしてかもし出されますが、フロアタイルは人工的なものなので傷んだら偽物感が漂うだけです。

フロアタイルの張替えタイミング

床材メーカーはフロアタイルの寿命の基準として、10年という数字を掲げています。ですがこれは10年経てば必ず交換しないといけないというものではありません。フロアタイルは割れるものではありませんし、カーペットや畳のようにダニが繁殖し健康上の被害が生じさせることもありません。10年という数字は一般的に、表面が薄れてしまって本物感が消えてしまうという期間です。

ただ10年より早く交換したほうがいいケースもあるでしょう。一部の化学的な製品に過敏に反応してしまう人が家にいるときは、フロアタイルが発する独特においがダメですぐに交換しなくてはいけないこともあるでしょう。

ですが基本的にフロアタイルの張替えタイミングは、「見た目が悪くなったとき」です。見た目が悪くなる要因としては、擦り傷が増えること、太陽によって表面が変色してしまうこと、家具の移動の際のキズ痕などがあげられます。

家族みんなが健康的に問題がなく、フロアタイルの表面が少々磨り減っても気にならないのであれば、10年といわず15年も20年も使い続けても問題ありません。

フロアタイルの張替え方法

フロアタイルは床材の中でも極めて張替えが簡単です。安価なフロアクッションも一枚もののために、イザ張替えるとなると、部屋の家具をすべていったん外に出して、すべての床を張り替えるという作業となります。つまり床の材料代そのものはほとんどかかりませんが、職人の手間がかなり取られるため人件費がそれなりに掛かってしまうでしょう。

しかしフロアタイルはタイルカーペットのように一枚一枚が独立しています。よって家具を移動させなくても傷んだ部分だけをはがしてそのまま新しいフロアタイルをペタリと貼り付けることが可能です。フロアタイルは他の床材と比べても色の変化は少ないので、一枚だけ張り替えたとしてもあまり違和感は感じないでしょう。

張替え箇所が少ないのであれば5~20分もあれば簡単に張替えが終わってしまいます。

フローリング→フロアタイルも可能

フロアタイルの張替え方法として「フローリング→フロアタイル」のということも可能です。フロアタイルそのものが傷んだだけでなく、フローリングが傷んでしまって床を張り替えたいけれども予算的に限界がある。もしくは張替えのタイミングで部屋のイメージチェンジをしたいというときにはフロアタイルへの張替えは有効方法です。

方法も簡単で既存のフローリングの上に接着剤を塗りフロアタイルを貼り付けていくだけです。

張替え簡単なフロアタイル

傷んだところだけ取り替えることができる、さらには他の床材の上から貼り付けられるといった優れた特性があるので、手軽にイメチェンが必要な賃貸物件などでの利用が増えてきました。

特に床材が痛んでいなくてもリビング全体のイメージをガラッと一変させたいときなどもフロアタイルへの張替えは非常に有効な方法です。

部屋をいつも美しく装いたい人はぜひともこのフロアタイルを導入してみるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

寝室の床選びで見落としがちな下の階への影響。適した床材はコレ

寝室。 それは寝る場所であり、くつろぐ場所です。どんな床材が適しているのでしょう …

畳の張替え。こんな状態が起こったら張り替えよう

日本伝統の畳。昔の方はよく畳と共に生きてきたので、畳をどのように管理するのか、い …

お金がない!じゃぁまずはクッションフロアで。メリットとデメリットを紹介

「お金をかけたくない。だけど我が家の床はすてきにしたい」 こんなわがままな願いを …

こんな場合は天井吹き抜けにはできない!見落としがちな理由

吹き抜けのあるお家に憧れて、マイホームの中に開放感あるれる吹き抜けをつけたいなと …

こんな場合は窓設置できない!見落としがちな7つのケース

家の構造は意外と複雑です。ここに窓をつけたいと思っていても専門家からすると絶対に …

絶対失敗しないクッションフロア選び3か条。なるほど!これは思い付かないという選択基準

「クッションフロアは結局は同じ肌触りなので、どれを選んでも一緒」というわけではあ …

意外と知らないクッションフロアの張替えのタイミング。こんなときに変えると家がとっても長持ち

「まだまだ使える」 こう思って同じ床材を何年、何十年も使っていると、後々大きな問 …

クロスのもともとも意味は布!「本家」布クロスを内装材に使ってみる

布クロスは本来おかしい ? 内装工事をする場合、壁紙をどうするかという問題が出て …

壁を撤去して2つの部屋を1つにすると…こんなステキな4つのことが生じます

2つの部屋を1つにしてみませんか。これは意外と簡単なことです。部屋と部屋の間にあ …

コレって和室?という和室を演出。和モダンとは

和室というとどんなイメージを想像しますか?床の間、ふすま、押入れ…。いわゆるサザ …