イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

フローリングの張替えタイミング。他のサイトでは書かない新真実

   

フローリングの張替え時期はどれくらいでしょう?

「フローリング 張替えタイミング」などで検索すると

「10年~15年が目安となります」とどのサイトにも書かれています。

でもちょっと考えて見ましょう。日本の伝統的な一軒家で本当に10年~15年に一度、床を張り替えているお家があると思いますか?いわゆるおじいちゃんやおばあちゃんが住んでいる家のフローリングは30年40年にも渡って、1回も張り替えていないことでしょう。それでも、おじいちゃんもおばあちゃんも、怪我することなくフローリングの上を歩いて生活しているのです。

フローリングの張替え時期について他のサイトでは書かない真実を今回まとめて見ました。

なぜ10年~15年と言われているのか?

「フローリングの寿命は10年~15年」

そう言っているのは誰でしょうか?そう。フローリングの販売業者もしくは工事の施行業者なのです。彼らはできればフローリングをそれぐらいの期間で張り替えてくれると自分の商売が維持されるので、10年~15年という張替え時期の目安を自分たちで設定しているだけです。

しかし根拠のない数字ではありません。フローリングも消耗品のために、たしかに年数経過に応じて、色あせしたり、以前はなかった床鳴りがしたりするでしょう。

つまり、「新築同様の完全な状態を維持できなくなり始める」のが10年~15年経ってからというわけです。

ですが少々色があせるとフローリングとして味わいが深まったりします。フローリングとフローリングの隙間などが若干開くかもしれませんが、そこに足を引っ掛けることなどはありません。完全な状態を保てなくてもフローリングというのはまだまだ使うことができるのです。

フローリングは電化製品とは違う

電化製品の場合は寿命が明らかです。突然使えなくなるからです。交換時期も分かりやすいでしょう。

しかしフローリングは徐々に支障が出てくるものなので、交換時期が分かりにくいというわけです。ではいつフローリングを張り替えるとよいのでしょうか?

本当の張替えのタイミングは?

本当のフローリング材張替えのタイミングを見極める上で、2つのポイントがあります。

1つは、「自分がそろそろ張り替えたいと思ったとき」です。時期などありません。木材が腐って足が床にはまり込むような状態でない限り、50年でも100年でも同じフローリングを使っても問題ないでしょう。法律で使用年数が定められているわけでもありませんし、木材というのはそれなりに強いので、ミシミシ音がしていてもそれなりの年数使用し続けることは可能です。

ただし新しいフローリングに張り替えると気持ちいいものですし、見た目もよく、なおかつより安全に生活できるでしょう。

そこでタイミングを計る2つ目のポイントがあります。それは「フローリングを張り替えるだけの金銭的な余裕があるか」という点です。金銭的に厳しければフローリングの張替えは後回しにしてもかまいません。むしろ屋根の張替えや水周りのやりかえを優先させたほうがいいでしょう。

家を常によい状態に保ちたい人は

といっても家の中を常に最善の過ごしやすい状態に保ちたいという人もいるでしょう。そこでフローリングの張替え時期を見定める症状を幾つか挙げていきます。ですが下記の症状が出ているからといってすぐに取り替えないと大きな問題が起きるというわけでもありません。
 

  • 目立つ汚れがある
  • 日光で色あせして色にばらつきがある
  • フローリングを踏んだときにミシミシ音がする
  • フローリングが反っていてつまずく可能性がある
  • 大きなものが落ちてへこみや擦り傷が目立っている
  • 複合フローリングの表面が剥げて中の合板が見えてしまった
  •  
    これらの症状が出ているならフローリングの張替えを検討してみてもいいでしょう。ただし張り替えるお金があればということで、絶対張り替えないといけないというわけではありません。

    フローリング張替え時期のまとめ

    本当にフローリングを張り替えないといけない時期というのはありません。要は見た目と経済的な問題なのです。

    フローリングを張り替えるのには6畳の部屋程度でも10万円前後します。10万円が安いと思うのであれば10年~15年に一度フローリングを張り替えるといいでしょう。

    経済的に余裕があるなら、定期的に貼りかえるだけでなく、もう少しお金を出して無垢フローリングと言われる質のいいフローリング材を使うならアレルギーも出にくいでしょうし、よりおしゃれでしょう。

    経済的に余裕がないなら、フローリングは基本的に強く、長持ちする床材なので最大限その長所を生かしてもよいというわけです。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

      関連記事

    コレって和室?という和室を演出。和モダンとは

    和室というとどんなイメージを想像しますか?床の間、ふすま、押入れ…。いわゆるサザ …

    サンプルだけで選ぶべきではない?失敗しない壁紙の選び方の5つのポイント

    色と柄をまずは決めていこう 壁紙を変えることで、部屋の印象はだいぶ変わります。ま …

    困った!フローリングが歪んできたけどどうしたらいい?こうすれば確実に対処できます

    「我が家のフローリングが曲がってきた。どうしよう?」 長く家に住んでいると床のフ …

    リビングの壁紙を変えたい!そんなときにチェックしておきたい3つのポイントとは?

    色の力を利用することが大事 リビングは日中長時間過ごす箇所になるかもしれません。 …

    より快適な住まいに・機能性クロスとはどのようなもの?

    機能性クロスもいろいろと登場 壁紙や天井材として、クロスを利用しようと思っている …

    あそこに窓つけたいなぁ~…まずは相場を知っておこう

    窓がたくさんあるお家というのはいいですよね。太陽の光が十分に差し込んで家の中が明 …

    壁紙に傷をつけてしまった…自分で部分的な補修はできるの?

    自分で部分補修することも可能 壁紙に引っかかって部分的に破けてしまった、画鋲でポ …

    寒い冬場に結露でカビが…そうならないようにするための4つの対策を紹介

    今日からでもできる換気 冬場の気温の低い時に、窓や壁などに結露の発生することがあ …

    子供部屋の内装リフォーム・おすすめ壁紙3つのポイントを紹介

    明るめの色の壁紙で 子供部屋のリフォームをするにあたり、壁紙を変更しようと思って …

    塗り壁で内装リフォーム・主要5種類の特徴を紹介

    漆喰 内装をリフォームする場合、塗り壁を選択する人もいるでしょう。塗り壁リフォー …