イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

なるほど!と思わずうなずく、カーペットの色選び4つの秘訣

   


カーペットをどんな色にしようか?と悩みますよね。インテリアイメージの専門家からするとカーペットの色選びは最も重要です。
カーペットは部屋に入ったときに目に見える部分を大半を占めるからです。カーペットの色がその部屋のベースカラーとなるので、どんな部屋にしたいかによってカーペットの色選択が多いに変わってきます。どんな風にカーペットの色を選んでいけばいいのでしょうか?次の4つの観点から色を考えると、後悔しないカーペット選びができます。
おそらく思わずなるほど!うなずくことでしょう。

カーペットの色選びで考慮したい4つの要素

カーペットの色選びは自分の好みの色を選べばよいというわけではありません。部屋に関係する様々な要素を考慮して色を選ばないと必ず後悔します。
ではさっそくどんな4つの要素でカーペットの色を選択していけばよいのか見ていきましょう。

  • 部屋のイメージ作りで色を選ぶ
  • カーペットの占める割合で色を選ぶ
  • 他のどんな家具があるかで色を選ぶ
  • 誰が何の目的で使うのかで色を選ぶ

部屋のイメージ作りで色を選ぶ

新築でまだ家具などを購入していないときは、この方法でカーペットの色を選ぶといいでしょう。
ベースカラーとなるカーペットを白や薄いベージュなどにすれば部屋全体を明るいイメージにすることができます。日光の光も床に反射し、文字通り明るさは増すでしょう。部屋も広く感じるのですが、ただホワイト系の色は高級感はありません。
赤系の色を選ぶなら、部屋全体がお城のような高級感のあるイメージとなります。ただし落ち着かないかもしれません。
黒はシックで落ち着いた雰囲気になりますが、部屋が狭く見えてしまうという弱点もあります。
グレーも落ちついているのですが、ちょっと無機質なイメージとなりがちです。
何を部屋のイメージとして重視するかによってベースとなるカーペットの色の選択をするとよいでしょう。

カーペットの占める割合で色を選ぶ

基本的に床全体に敷き詰めるものがカーペットで、一部分に敷くものがラグなのですが、ラグのように一部分に敷くものもカーペットと言うこともあります。
床全体に広がるカーペットなら最初に述べた部屋のイメージ作りで色を決めるとよいのですが、一部分に広げるものですと、必ずしも部屋のイメージのベースとなるものにはなりません。
一部分に敷くカーペットならインテリアの一部としての色選びができます。例えばフローリングの部屋の中心部に大きめのカーペットを敷くという場合は、模様が入ったものや縞になったものを選ぶのもよいでしょう。カーペットに大きなリラックマが描かれているという選択もありです。
少々冒険したような色の組み合わせもできますが、部屋全体に広がるものですと、単色か単純な模様程度のものが無難です。

部屋にどんな家具があるかで色を選ぶ

すでに家具を買ってしまっていて、床のカーペットだけを交換したいという場合は、すでにある家具の色とのマッチングを考慮しないといけません。
緑の洋服ダンスがあるのに赤のカーペットを選ぶならミスマッチですが、似た色を選ぶなら、カーペットの色が浮くということはありません。
畳の部屋にカーペットを敷いて洋風にしようと思っていても、純和風のタンスや鏡台があるときは、やはりカーペットとはミスマッチとなります。こういう場合は畳のままでカーペットをあきらめるか、カーペットを敷くにしても、畳の色に似た色とするのが無難でしょう。

誰が何の目的で使うのかで色を選ぶ

最後に考えるのが部屋を利用する目的です。
リビングでお客様を迎えるための部屋でしょうか?それならば、部屋のイメージを重視した色選びでよいでしょう。
しかし子ども部屋となると別です。子どもは必ず床を汚すからです。子ども部屋を明るいイメージにしようと思い、白かそれに近いあかるい色のカーペットを選ぶと、汚れが落ちずに後悔することとなります。
少々明るいというイメージは損ないますが、汚れやすい場所の床は、仮に汚れてしまったとしても目立たないので、濃い青、濃いグレーなどしておくほうが無難です。

カーペットは後悔しないものを

カーペット選びのときに時々、「この色のほうが安かったから、こっちを選んじゃった」というような選び方をする人もいるようです。確かに色が違うだけで素材も踏み心地も同じというケースも少なくありません。
しかし部屋全体のイメージだけでなく、カーペットの色というのは、掃除のしやすさにも影響を与え続けるのです。できれば値段のことは考えずに、後悔しない色のカーペットを購入したいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

壁紙の種類が多様に・木質系・無機質系の壁紙も普及中

木質系壁紙とは 日本の家屋で用いられている壁紙というと、ビニールクロスが一般的で …

失敗しないためのフロアタイル選び。3つの確認事項とは?

「思っていたのとちょっと違うなぁ」 フロアタイルの購入時はコレがいいと思って選ん …

壁のリフォームをしたい!塗り壁とクロスどちらがいいの?

塗り壁の長所は天然・自然素材にあり 壁のリフォームをするにあたって、大きく分けて …

キッチンの壁紙を交換したい!選び方のポイントを紹介

メンテナンスのしやすい壁紙を選ぼう キッチンのクロスを変えようと思っているのであ …

意外と知らないクッションフロアの張替えのタイミング。こんなときに変えると家がとっても長持ち

「まだまだ使える」 こう思って同じ床材を何年、何十年も使っていると、後々大きな問 …

壁紙の選び方のポイントを種類別に開設

まずは壁紙の種類を理解しよう 内装のリフォームをするにあたって、壁紙をどうするか …

寝室の床選びで見落としがちな下の階への影響。適した床材はコレ

寝室。 それは寝る場所であり、くつろぐ場所です。どんな床材が適しているのでしょう …

知らないと愕然!意外に高くつくクッションフロアの張替え料金。安くするには?

大工さんにしても、電気屋さんにしても「お客さんが相場を知らない」ために、普通の工 …

選べる床でこんなに部屋が変化するとは!フロアタイルの多種多様な素材

「部屋を思い切って模様替えしたいなぁ」というときにどこを変えたらいいと思いますか …

サンプルだけで選ぶべきではない?失敗しない壁紙の選び方の5つのポイント

色と柄をまずは決めていこう 壁紙を変えることで、部屋の印象はだいぶ変わります。ま …