イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

こんなときにはカーペットの張替えが必要。さもないとこんな怖い結果に…

   


「そろそろカーペット張り替えたほうがいいですよ」

業者がこのように言われるとほとんどの人はどう感じますか?「どうせお金儲けのために、替えなくてもいいカーペットを交換するように言っているだけだろう」と思うかもしれません。
ですが、業者がこのように言うのはほとんどの場合、お金儲けのためではなくほんとにカーペットを張り替えたほうがいいのです。
でも騙されないためには自分でもカーペットの張替え時期をきちんと見極められるといいでしょう。

どんなときにカーペットを張り替えたほうがいいのでしょうか?

カーペットというものの特徴を知ると、意外と張替え時期が変わってくるものなのです。

いつ張り替えするのか?

どうしてカーペットを張替えようと思うのかは人それぞれ違います。幾つかのカーペット張替えの要因を集めて見ました。その要因ごとに張替え時期を見ていきましょう。

見た目が悪くなったため

カーペットは部屋のインテリアの一部です。見た目が悪くなるなら、張り替えたほうが気持ちよく生活できるというものです。
どんなふうに見た目が悪くなると張替えが必要ですか?

  • タバコなどでカーペットを焦がした
  • 大きな家具を移動させたら、カーペットのへこみや色の違いが目立つようになった
  • 日焼けでカーペットの色があせてしまった

カーペットは月日と共に変色しますし、へこみます。部屋のカーペット全体が同じ色でフラットな状態を保てないと、部屋の雰囲気を損なってしまうでしょう。
唯一の解決方法はカーペットの張替えとなるわけです。

耐久度の限界のため

カーペットは消耗品です。月日と共にいろいろとボロが出てきます。
どんな症状が現れたら、カーペットが悲鳴を上げている証拠となるのでしょうか?幾つか列挙してみましょう。

  • 床鳴りがする
  • 剥がれてきた

カーペットそのものが痛むというのもありますが、カーペットの上には毎日毎日大勢人が行き来します。それなりの重量が床全体に掛かることとなり、カーペットの下地の木材が弱ってくるかもしれません。
もちろんこのような状況になるとカーペットそのものにもガタが来ていますので、下地の木材もろともカーペットも交換するのが賢明です。床下の木材のみを交換したいと思っても、結局はカーペットをはがすことになるので、費用的にはさほど変わりません。
カーペットの隅やつなぎ目部分の剥がれも交換サインです。これは接着が剥がれているだけでなく、カーペットそのものが日光の影響もあり硬くなってしまって柔軟性を失っているために生じます。
床鳴りや剥がれはカーペットの悲鳴と思っておきましょう。

気分転換のため

まだまだ使えるカーペットですが、気分転換をしたいという理由で交換する人もいるようです。カーペットの張替えは他の床材張替え工事と比べて、さほどお金のかかる工事ではありません。
カーペットの色と模様を交換するだけで、暗いイメージの部屋が明るく楽しいイメージに変わることもあります。経済的に余裕がある人は趣味の一環として気分転換にカーペットを張り替えるのもいいでしょう。

最後に挙げるのが見落としがちな張替え理由です。

健康のため

これはカーペット特有の問題なのですが、カーペットにはダニや花粉、ホコリがいやおうなくたまります。

つまり長い間交換しないと、確実に健康に害が及ぶのです。

カーペットの中に埋もれているわずか1g程度のホコリの中に、一体どれくらいのダニがいるのかを聞いたことがおありですか?なんと1万匹を超えるダニがうじゃうじゃしています。
カーペットの中に詰まった食べ物があるのでダニたちにとっては絶好の繁殖場所です。アレルギーの原因の8割までもがダニが原因だとも言われています。鼻水が出て涙が止まらず、足の皮膚が痒かった人が、床のカーペットを交換しただけで、ピタリと止まったということも少なくありません。
ダニはカーペットだけでなく、カーペットで発生したダニが布団に付いて布団の中で繁殖するということもあります。そうなると夜寝るときにダニに刺されることもあるでしょう。ダニは食物がないと生きていけません。

「体の調子が少し悪い…もしかしたらカーペットが原因なのかも」と思ったら、新しいカーペットに変えるタイミングなのかもしれません。

タイミングは自由だが影響は少なくない

ここまで4つのカーペットを張り替えるタイミングを見てきました。もちろんどの程度上記の症状が出たら交換になるのかは人それぞれ違います。

一般的には10年に一度はカーペットを張り替えたほうがいいと言われています。

しかしカーペットが健康に及ぼす影響を考えると、もっと早い頻度の張り替えたほうがよいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

選べる床でこんなに部屋が変化するとは!フロアタイルの多種多様な素材

「部屋を思い切って模様替えしたいなぁ」というときにどこを変えたらいいと思いますか …

天井のリフォームには湿式工法と乾式方法がある・その違いって何?

湿式工法と乾式工法を理解しよう 天井リフォームを検討しているのであれば、業者にお …

フロアタイルで部屋はこんなに変わる!すてきな素材活用例を5つ紹介

多種多様な色とデザインが選べるのがフロアタイルの最大の特徴です。フロアタイルが持 …

寝室の床選びで見落としがちな下の階への影響。適した床材はコレ

寝室。 それは寝る場所であり、くつろぐ場所です。どんな床材が適しているのでしょう …

日本の家屋で最も普及しているビニールクロス・その特徴は?

日本の家屋では広く普及しているクロス 壁紙の素材にはいくつか種類があります。その …

寒い冬場に結露でカビが…そうならないようにするための4つの対策を紹介

今日からでもできる換気 冬場の気温の低い時に、窓や壁などに結露の発生することがあ …

コレって和室?という和室を演出。和モダンとは

和室というとどんなイメージを想像しますか?床の間、ふすま、押入れ…。いわゆるサザ …

こんな場合は窓設置できない!見落としがちな7つのケース

家の構造は意外と複雑です。ここに窓をつけたいと思っていても専門家からすると絶対に …

壁の撤去を業者にしてもらったときの相場。ケースバイケースでこんなに違う

小さいころから一緒に住んでいた子どもが就職して巣立っていきます。親としては悲しく …

サンプルだけで選ぶべきではない?失敗しない壁紙の選び方の5つのポイント

色と柄をまずは決めていこう 壁紙を変えることで、部屋の印象はだいぶ変わります。ま …