イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

天井が歪んで変形している…原因の候補と対策の方法について公開

   

天井に歪みが…その原因とは?

天井は本来フラットな状態であるはずです。しかし中にはゆがみが生じて、天井の一部が膨らんでいる、たわんでいる、剥がれが生じているといった変形に悩まされている家庭もあるでしょう。この天井のゆがみですが、いろいろな要因が考えられます。

まずはクロスの変形が関係しています。ビニールクロスを使っている家屋が多いですが、このビニールクロス、湿気を吸うと伸びます。逆に乾燥した状態が続くと縮みます。

現在のクロスは良質なものを使っているので、目に見える伸縮ではないでしょう。しかし気が付かない範囲で伸縮を繰り返すことで、変形やゆがみを引き起こす可能性があります。

クロス以外でも下地材が伸縮を続けることで、天井のゆがみを引き起こすこともあります。日本の一般的な一軒家の場合、木造建築のものが多いでしょう。木も湿度の高いところでは膨張し、乾燥したところでは収縮します。この伸縮と膨張を繰り返すと下地の石膏ボードも動かします。その結果、クロスのゆがみを発生させることがあります。

このようなクロスや下地材のゆがみは、日本では致し方ないことといえます。もともと高温多湿な気候で四季もある日本では、温度や湿度の変化が年間通じて高いからです。

このようなクロスや建材の膨張や伸縮は、新築物件でも起こりえます。特に新築の場合、もともと出来上がった直後は構造体が水分を多く含んでいます。そしてそれが時間の経過とともにだんだん乾燥して水分が抜けていきます。

その結果、クロスや建材が伸縮して天井のゆがみを引き起こすことがあります。新築でしばらくして天井が歪んでいると、「欠陥住宅ではないか?」と懸念する人もいるでしょう。しかし上のような事情で、施工に問題がなくてもこのような現象の発生する可能性はあるわけです。

また雨漏りが起きていて、天井の歪みを引き起こす可能性もあり得ます。雨漏りによって、天井が水分を含むと板が膨らんでいくこともあります。その結果、徐々に歪んでしまいます。

上で紹介したことは不可抗力による天井の歪みです。しかし中には施工に問題があって、ゆがみを引き起こすことがあります。

例えば施工ボードを施工するときに、ビスの打ち込みが不足していたことが原因ということもあります。その結果、施工ボードが動いてしまって歪みとなって表れることもあります。

そのほかにも施工ボードを貼り付けるときに、ジョイント部分の処理が不十分だった場合でも歪みを発生することがあります。その結果段差が生じて、歪みという形になって表れるのです。

さらにはクロスを貼り付けたときにジョイント部分のパテの処理に問題のある場合も、ゆがみが起きる恐れがあります。パテがフラットになっていないので、ムラのある所が盛り上がったような感じになります。

原因に対応した対策を講じる

天井の歪みですが、上で紹介したようにいろいろな原因が考えられます。そこでまずは原因の特定をする必要があります。ですから業者を呼んで、調査してもらうことです。新築物件でまだ間もない状態で歪みが発生しているのであれば、保証の使える可能性があります。

もし賃貸物件で天井の歪みが気になるようであれば、大家さんに相談することです。賃貸の場合、このような住宅の問題が発生した場合に特定の業者に依頼することに決まっているケースも多いからです。

よほどの過失がない限り、天井の歪みのリフォームをする場合、大家さんがその費用を負担する形になるでしょう。しかし自分で勝手にリフォーム業者に依頼してしまった場合、大家さんがその代金を支払ってくれない可能性があります。ですから大家さんへの相談をまずは優先させることです。

クロスの変形によって歪みが生じている場合、クロスの張り替えだけで済ませることができます。ボードがずれた場合でもボードを正しい位置に補修することで対応可能でしょう。

ただし雨漏りが原因で天井にゆがみが発生している場合、雨漏りがどこで起きているのか特定する必要があります。雨漏りの発生しているところが特定できれば、必要な補修工事を実施します。

雨漏りがかなり前から発生している場合、建材が腐食を起こしている危険性もあります。そうなるとその腐食の発生している箇所のリフォームの必要になるでしょう。このように原因や症状によって、同じ天井の歪みでも工事の規模も変わってきます。

天井の歪みが発生しているのであれば、まずは業者に連絡して現地調査をお願いすることです。そして何が原因でどのような工事が必要なのかの説明があるでしょう。この際見積書を作成してくれるはずですから、そこでどの程度の費用が掛かるのかをチェックすることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

寝室の壁紙をリフォーム・選ぶときの3つのポイントを紹介

人生の1/3を過ごすところ 人間はその人生の1/3を睡眠に費やしているといわれて …

意外と知らないクッションフロアの張替えのタイミング。こんなときに変えると家がとっても長持ち

「まだまだ使える」 こう思って同じ床材を何年、何十年も使っていると、後々大きな問 …

壁紙の張り替えをしようか悩んでいる人のための張り替えタイミング講座

10年前後が目安といわれているけれども… リフォームの中の一つに、壁紙の張り替え …

壁紙の種類が多様に・木質系・無機質系の壁紙も普及中

木質系壁紙とは 日本の家屋で用いられている壁紙というと、ビニールクロスが一般的で …

リビング、そこはその家を象徴する場所…好みに合わせた失敗しない床材選び

リビングで家族みんなが自由に語らう時間はとても重要ですよね。リビングはご飯を食べ …

壁の撤去を業者にしてもらったときの相場。ケースバイケースでこんなに違う

小さいころから一緒に住んでいた子どもが就職して巣立っていきます。親としては悲しく …

知られていない畳のメリット!こんなに生活を助けてるとはねぇ~

昔から日本人に愛用されてきた床材。それは畳です。最近は畳というとダニというイメー …

畳の張替えっていくら掛かるの?知られていない中国産畳の危険

畳の張替えっていくらするんだろう? 床材の張替えの中でも一番わかりにくいのが畳の …

困った!フローリングが歪んできたけどどうしたらいい?こうすれば確実に対処できます

「我が家のフローリングが曲がってきた。どうしよう?」 長く家に住んでいると床のフ …

クッションフロアランキングベスト3!人気があるのにはこんな理由があった

クッションフロアをどんな柄にしようか?いろんな柄がありすぎて選択に迷うことでしょ …