イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

天井にシミが発生…これは雨漏りなの?

   

天井のシミは雨漏りの可能性がある

横になっている時にふと天井を見上げてみるとシミが発生していた、このような悩みを抱えている人はいませんか?天井のシミを見たときに「雨漏りが起きている?」と心配する人もいるでしょう。結論から言いますと、雨漏りの発生によって天井のシミが起きたことは十分考えられます。

まずは屋根材がずれている、ひび割れや破れなどの不具合による雨漏りが考えられます。その結果、このずれや亀裂から雨水が侵入して、天井を濡らし、それがシミとなって表れている可能性があります。もし屋根からの雨漏りが怪しいのであれば、屋根材や軒天などの点検をしましょう。そしてどこで雨漏りが発生しているのか、場所を特定することです。

屋根が問題ない場合でも、外壁から雨漏りをする可能性も考えられます。天井より上部の外壁にひび割れが起きている、ジョイント部分の接合が不完全な場合にそこから雨水が侵入して、天井にシミを作ることがあります。外壁にひび割れが発生していないか、ジョイント部分に隙間が起きていないかどうかを検証してみましょう。

そのほかに出窓や玄関の小屋根のおさまりに問題があった場合、雨漏りの原因となる可能性があります。出窓や玄関などに問題が発生していないかどうかも検証してみる必要があるでしょう。

雨漏りではない天井のシミの可能性も

天井のシミは上で紹介したように、家のどこかの雨漏りが原因という可能性があります。しかしその反面、雨漏り以外が原因で天井のシミの発生していることも考えられます。雨漏り以外の天井のシミの原因として、結露がありえます。

一般的な家屋の場合、屋根裏には断熱材が充填されているはずです。しかし充填不良になっていると、屋根裏で結露を起こしてしまうこともあり得ます。その結露の水分が天井に落ちてきて、シミを作ってしまうのです。

特に屋根裏に給水管が走っているような構造の場合、結露の発生する可能性が高いので注意が必要です。断熱が不十分だと、すぐに結露を起こしてしまいます。最悪屋根裏が水浸しの状況になって、天井のシミだけでなく、たわみなどの変形を生じる恐れもあります。

マンションなどの集合住宅で、最上階ではないのに天井にシミの発生するケースもあります。これはもしかすると給排水管が漏水を起こしている可能性があります。マンションの場合、部屋の間に給排水管を走るような構造になっています。ここで漏水が発生すれば、天井が濡れてシミを引き起こすことがあります。

また単純に階上の人が水をこぼしてしまった、風呂の水などがあふれ出して階下の天井に染み出した可能性もあります。このように雨漏りではない要因で、天井にシミを作る場合もあります。

天井のシミをたどってみて原因を探る

もし天井のシミの原因を特定するのであれば、シミをたどってみるのがいいです。屋根裏に入れるのであれば入ってみます。すると天井のシミにつながるシミが屋根裏にもできているはずです。このシミをどんどん逆にたどっていけば、原因を特定できるはずです。

しかし中には屋根裏に入れないケースもあるでしょう。マンションの場合、建物の内部構造をチェックできないでしょう。その場合には業者に依頼して、シミの原因を特定してもらうことです。業者では雨漏りの検査として2種類の方法を導入しています。

まずは散水検査です。高圧洗浄機を使って、外壁や屋根に水をかけます。そうすれば、どこで雨漏りが発生しているかを特定できます。原始的な方法で、昔から実施されています。ただしリアクションは作業員の散布のやり方により変わってきますので、効果的な検証方法とは言い切れないところがあります。

もう一つの方法として、紫外線投射発光調査があります。特殊な調査液を散布して、光を当てることで漏水箇所を検証する方法です。この調査液には紫外線に反応する性質があるので、光を照射することで漏水の原因を特定できます。

ちなみにこの調査液ですが、人体には無害ですし、外壁や天井の変色を引き起こすこともないです。また散水調査と比較して、より漏水場所を特定できるので効果的な方法といえます。しかし紫外線投射発光調査の場合、調査だけでも20万円程度かかってしまいますのでその部分はあらかじめ理解しておきましょう。

状態に応じた対策をする

天井のシミが発生している場合の対処法ですが、状態によりけりです。もし軽度のシミであれば、拭いてしまってシミを取り除くだけでしのげる場合もあります。

もしシミを拭いただけでは汚れを取り切れないのであれば、クロスの張り替えを行う必要があります。張り替えは一部だけでなく、天井全体の交換となるでしょう。クロスは時間の経過とともに日焼けなどで変色しているので、一部だけの交換だとツートーンカラーになってしまい不自然だからです。

天井や外壁から雨漏りをして天井にシミを作っている場合、クロスの交換だけでなく断熱材の交換をする必要があります。屋根裏などにある断熱材も雨漏りによって、濡れている可能性があるからです。断熱材はひとたび濡れてしまうと効果がなくなってしまうので、新しいものと交換しなければなりません。

長時間雨漏りが発生していると、構造材が腐食している可能性もあります。もし腐食を起こしているのであれば、構造材の交換もしなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

クロスのもともとも意味は布!「本家」布クロスを内装材に使ってみる

布クロスは本来おかしい ? 内装工事をする場合、壁紙をどうするかという問題が出て …

こんなときにはカーペットの張替えが必要。さもないとこんな怖い結果に…

「そろそろカーペット張り替えたほうがいいですよ」 業者がこのように言われるとほと …

家を建てるときに聞かれるフローリングは無垢と複合どちらにしますか?それぞれのメリットとデメリットに迫る

フローリングは日本で人気NO1床材です。自然な雰囲気が漂うだけでなく、和室の家に …

寒い冬場に結露でカビが…そうならないようにするための4つの対策を紹介

今日からでもできる換気 冬場の気温の低い時に、窓や壁などに結露の発生することがあ …

キッチンの床選び、重要なのは機能性。おしゃれで掃除が楽な床材とは

キッチンというのは、いつも家事をする場所、できれば楽しい雰囲気にしたいものですよ …

天井のリフォームはまず天井材選びから・主要4種類を紹介

ポピュラーな天井材はクロス 天井リフォームをする場合、天井材をどうするか決めると …

サンプルだけで選ぶべきではない?失敗しない壁紙の選び方の5つのポイント

色と柄をまずは決めていこう 壁紙を変えることで、部屋の印象はだいぶ変わります。ま …

畳にカビが発生したどうする?昔の人なら知っている賢いカビ除去方法はこれだ!

畳というのはイ草という自然の植物でできているので、カビなどが生えてしまいます。他 …

子ども部屋の床選びに現れる親の愛情。床材で子どもの成長が大きく違う

子どものときはとにかく遊びたいものです。子どもはよく遊んで笑って育つもの。そんな …

壁の撤去を業者にしてもらったときの相場。ケースバイケースでこんなに違う

小さいころから一緒に住んでいた子どもが就職して巣立っていきます。親としては悲しく …