イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

天井にシミが発生…これは雨漏りなの?

   

天井のシミは雨漏りの可能性がある

横になっている時にふと天井を見上げてみるとシミが発生していた、このような悩みを抱えている人はいませんか?天井のシミを見たときに「雨漏りが起きている?」と心配する人もいるでしょう。結論から言いますと、雨漏りの発生によって天井のシミが起きたことは十分考えられます。

まずは屋根材がずれている、ひび割れや破れなどの不具合による雨漏りが考えられます。その結果、このずれや亀裂から雨水が侵入して、天井を濡らし、それがシミとなって表れている可能性があります。もし屋根からの雨漏りが怪しいのであれば、屋根材や軒天などの点検をしましょう。そしてどこで雨漏りが発生しているのか、場所を特定することです。

屋根が問題ない場合でも、外壁から雨漏りをする可能性も考えられます。天井より上部の外壁にひび割れが起きている、ジョイント部分の接合が不完全な場合にそこから雨水が侵入して、天井にシミを作ることがあります。外壁にひび割れが発生していないか、ジョイント部分に隙間が起きていないかどうかを検証してみましょう。

そのほかに出窓や玄関の小屋根のおさまりに問題があった場合、雨漏りの原因となる可能性があります。出窓や玄関などに問題が発生していないかどうかも検証してみる必要があるでしょう。

雨漏りではない天井のシミの可能性も

天井のシミは上で紹介したように、家のどこかの雨漏りが原因という可能性があります。しかしその反面、雨漏り以外が原因で天井のシミの発生していることも考えられます。雨漏り以外の天井のシミの原因として、結露がありえます。

一般的な家屋の場合、屋根裏には断熱材が充填されているはずです。しかし充填不良になっていると、屋根裏で結露を起こしてしまうこともあり得ます。その結露の水分が天井に落ちてきて、シミを作ってしまうのです。

特に屋根裏に給水管が走っているような構造の場合、結露の発生する可能性が高いので注意が必要です。断熱が不十分だと、すぐに結露を起こしてしまいます。最悪屋根裏が水浸しの状況になって、天井のシミだけでなく、たわみなどの変形を生じる恐れもあります。

マンションなどの集合住宅で、最上階ではないのに天井にシミの発生するケースもあります。これはもしかすると給排水管が漏水を起こしている可能性があります。マンションの場合、部屋の間に給排水管を走るような構造になっています。ここで漏水が発生すれば、天井が濡れてシミを引き起こすことがあります。

また単純に階上の人が水をこぼしてしまった、風呂の水などがあふれ出して階下の天井に染み出した可能性もあります。このように雨漏りではない要因で、天井にシミを作る場合もあります。

天井のシミをたどってみて原因を探る

もし天井のシミの原因を特定するのであれば、シミをたどってみるのがいいです。屋根裏に入れるのであれば入ってみます。すると天井のシミにつながるシミが屋根裏にもできているはずです。このシミをどんどん逆にたどっていけば、原因を特定できるはずです。

しかし中には屋根裏に入れないケースもあるでしょう。マンションの場合、建物の内部構造をチェックできないでしょう。その場合には業者に依頼して、シミの原因を特定してもらうことです。業者では雨漏りの検査として2種類の方法を導入しています。

まずは散水検査です。高圧洗浄機を使って、外壁や屋根に水をかけます。そうすれば、どこで雨漏りが発生しているかを特定できます。原始的な方法で、昔から実施されています。ただしリアクションは作業員の散布のやり方により変わってきますので、効果的な検証方法とは言い切れないところがあります。

もう一つの方法として、紫外線投射発光調査があります。特殊な調査液を散布して、光を当てることで漏水箇所を検証する方法です。この調査液には紫外線に反応する性質があるので、光を照射することで漏水の原因を特定できます。

ちなみにこの調査液ですが、人体には無害ですし、外壁や天井の変色を引き起こすこともないです。また散水調査と比較して、より漏水場所を特定できるので効果的な方法といえます。しかし紫外線投射発光調査の場合、調査だけでも20万円程度かかってしまいますのでその部分はあらかじめ理解しておきましょう。

状態に応じた対策をする

天井のシミが発生している場合の対処法ですが、状態によりけりです。もし軽度のシミであれば、拭いてしまってシミを取り除くだけでしのげる場合もあります。

もしシミを拭いただけでは汚れを取り切れないのであれば、クロスの張り替えを行う必要があります。張り替えは一部だけでなく、天井全体の交換となるでしょう。クロスは時間の経過とともに日焼けなどで変色しているので、一部だけの交換だとツートーンカラーになってしまい不自然だからです。

天井や外壁から雨漏りをして天井にシミを作っている場合、クロスの交換だけでなく断熱材の交換をする必要があります。屋根裏などにある断熱材も雨漏りによって、濡れている可能性があるからです。断熱材はひとたび濡れてしまうと効果がなくなってしまうので、新しいものと交換しなければなりません。

長時間雨漏りが発生していると、構造材が腐食している可能性もあります。もし腐食を起こしているのであれば、構造材の交換もしなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

失敗しないためのフロアタイル選び。3つの確認事項とは?

「思っていたのとちょっと違うなぁ」 フロアタイルの購入時はコレがいいと思って選ん …

フローリングの張替えタイミング。他のサイトでは書かない新真実

フローリングの張替え時期はどれくらいでしょう? 「フローリング 張替えタイミング …

天井吹き抜けの工事料金の目安。これが具体的に必要な金額だ

天井吹き抜けのある家は憧れです。開放感があり、太陽の光も入ってきて家のイメージが …

塗り壁で内装リフォーム・主要5種類の特徴を紹介

漆喰 内装をリフォームする場合、塗り壁を選択する人もいるでしょう。塗り壁リフォー …

畳の張替えっていくら掛かるの?知られていない中国産畳の危険

畳の張替えっていくらするんだろう? 床材の張替えの中でも一番わかりにくいのが畳の …

天井を吹き抜けにして見ませんか?想像もしえない変化が起こります

思い切った家の改造の1つにリビングや玄関部の天井をぶち抜いて、吹き抜けにしてしま …

安価なのに豪華に見えるフロアタイルってなあに?その特徴が5分で分かります

「床材選びどうしよう?家を豪華な感じにしたいけど、そんなに費用もかけたくないし… …

フローリング選びで失敗しないために…画期的!この優先順位で考えれば後悔しない

フローリングにはいろいろあるので迷っちゃう。複合フローリングと無垢フローリング、 …

日本人にとってはなじみのある紙クロスを壁紙に使うメリット・注意点は? 

住宅建材としてなじみのある紙 日本家屋にとって切っても切り離すことのできない素材 …

日本の家屋で最も普及しているビニールクロス・その特徴は?

日本の家屋では広く普及しているクロス 壁紙の素材にはいくつか種類があります。その …