イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

天井のリフォームはまず天井材選びから・主要4種類を紹介

   

ポピュラーな天井材はクロス
天井リフォームをする場合、天井材をどうするか決めるところから始めましょう。天井材が決まればどのような工法で施工するか、対応できる業者なども絞り込まれるでしょう。

天井材には大きく4種類に分類できますが、最もポピュラーなのはクロスです。クロスのいいところは、バリエーションの充実している点です。クロスの中でもさらに4種類に分類できます。

クロスの中でも広く普及しているのが、ビニールクロスです。ビニール素材を紙に裏打ちして作られたビニールクロスです。プリントしたものや立体的なものなど種類も豊富です。費用も安いので、手軽に導入できるメリットがあります。

しかし中には、ビニールクロスに含まれる化学物質に対してアレルギーを発症する人もいるでしょう。その場合には自然素材のクロスを使ってみるといいでしょう。

織物クロスは布地を原料にしたクロスで、レーヨンや絹、麻などが使われます。ビニールクロスと比較して、吸湿放湿性に優れていて、破れにくい特徴を持っています。ただし汚れがついてしまうと取りにくくなるので取り扱いに注意しましょう。

紙クロスは文字通り、紙で作られたクロスのことです。値段が高い、擦れに弱いところがありますが、色彩やデザインも充実しています。海外のクロスを導入することも可能で、海外らしい部屋にリフォームすることも可能です。

無機質クロスなども最近では注目を集めています。漆喰などで作られたクロスで、左官職人に塗ってもらっているような仕上がりにできます。

クロスの場合、機能性に優れた種類も多く出ているのが人気の理由の一つです。防汚性や耐久性に優れたクロスであれば、子供部屋やペットのいる家庭でも活用できます。また吸放湿に優れたものや消臭効果のあるクロスなどもあります。抗菌や抗ウィルスのクロスも出ているので、衛生面を重視する人の要望にもしっかり応えられます。

塗装によるリフォーム

天井リフォームをする際に、天井に直接塗装する手法もあります。ホームセンターなどに行くと塗料もカラーバリエーションが充実しているので、自分で作業することも可能です。塗料を用意して、ハケもしくはローラーなどを使ってDIYしている人も多いです。

塗装によるリフォームの場合、例えば天井にちょっと傷や汚れがついてしまった場合でも塗りなおすことで簡単に作業できます。上で紹介したクロスの場合、ちょっとした傷でも全面張り替えしなければならないこともあります。自分で行うほかにも、業者に依頼して職人さんに塗装してもらう方法もあります。丁寧にきれいに仕上げたいと思っているのであれば、職人さんに依頼するといいでしょう。

ちなみに壁紙の上から塗ることのできる塗料もあります。壁紙が汚れてきた、でも業者にリフォームを依頼するのは面倒・スケジュールが合わない場合には自分で塗装してリフォームしてしまうことも可能です。

塗装で天井リフォームする場合には、艶消しの塗料の中から選ぶことが大事です。天井からの光の乱反射を防ぐためです。

左官に依頼して天井リフォーム

左官職人に依頼して天井リフォームをする場合、コテで天井に塗り付ける湿式工法が用いられます。腕のいい左官職人に依頼すれば、独特の風合いの味のある天井に仕上げることが可能です。左官職人に依頼する場合、天井材の種類はいくつかあります。主要なものとして、以下のようなものがあります。

まずは漆喰です。消石灰を主原料にしたもので、天井以外にも外壁にも堀で用いられる材料です。漆喰といわれると白というイメージを持っている人もいるでしょう。しかしカラーバリエーションもそこそこありますし、漆喰に藁を混ぜる、塗り跡を残すなどでオリジナルの質感を出すことも可能です。防カビや吸放湿、防火性、遮音性などの機能も高いです。ただし日々が生じやすい、手間暇がかかるので工期も長引くデメリットがあります。

最近増えているのは珪藻土を使った天井リフォームです。珪藻という植物性プランクトンの化石を原料にしたものです。吸放湿効果が高いので、快適な室温を年間通じて維持しやすいです。またもともと七輪に使われている素材なので、耐火性も優れています。

珪藻土の場合、汚れやすいので注意しましょう。汚れてしまうと、掃除もしにくいです。また擦れに弱いという点も注意しておいた方がいいです。

最後の種類として、じゅらくがあります。土に麻や藁、紙を混ぜ合わせることで作ります。これに水や砂を混ぜて練ったものを天井に塗ります。和室でよく使われる天井材です。

吸放湿や防火性、防音などの機能があります。しかし一方で工期が長くなり、擦れ・ひび割れに弱く、いったん問題が生じると補修が難しいというデメリットもあります。

板張りでナチュラルな空間に

最後の天井材として、板張りがあります。文字通り木材を天井に用いる手法です。木材もいろいろな種類がありますので、例えば床とコーディネートしてみるなどいろいろな選択肢が出てきます。

板張りはナチュラルな空間にしたい人の間で人気です。自然の風合いが出てきますし、温かい空間に仕上がります。ただしいったん板張りの天井が汚れてしまうとクロスのように張り替えのできない点も注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

壁紙の費用は複雑?素材別など注意すべきポイントを紹介

種類ある壁紙の費用の算出方法 壁紙の張り替えを業者にお願いする場合、費用がやはり …

日本の家屋で最も普及しているビニールクロス・その特徴は?

日本の家屋では広く普及しているクロス 壁紙の素材にはいくつか種類があります。その …

天井が歪んで変形している…原因の候補と対策の方法について公開

天井に歪みが…その原因とは? 天井は本来フラットな状態であるはずです。しかし中に …

キッチンの床選び、重要なのは機能性。おしゃれで掃除が楽な床材とは

キッチンというのは、いつも家事をする場所、できれば楽しい雰囲気にしたいものですよ …

絶対失敗しないクッションフロア選び3か条。なるほど!これは思い付かないという選択基準

「クッションフロアは結局は同じ肌触りなので、どれを選んでも一緒」というわけではあ …

カラー・デザイン・質感…部門別人気の壁紙を紹介

人気のカラーの壁紙はどれ? 壁紙を張り替えるにあたって、どのようなカラーの壁紙を …

あそこに窓つけたいなぁ~…まずは相場を知っておこう

窓がたくさんあるお家というのはいいですよね。太陽の光が十分に差し込んで家の中が明 …

フローリングの種類ランキング!みんなこんな理由で素材の木を選んでる

フローリングと言えどもいろいろあります。家を建てるときや改装するときに、フローリ …

畳の張替え。こんな状態が起こったら張り替えよう

日本伝統の畳。昔の方はよく畳と共に生きてきたので、畳をどのように管理するのか、い …

クロスのもともとも意味は布!「本家」布クロスを内装材に使ってみる

布クロスは本来おかしい ? 内装工事をする場合、壁紙をどうするかという問題が出て …