イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

天井に変化はある?張り替えのタイミングはいつ頃?

   

天井リフォームのタイミングは築10~20年

リフォームという言葉がメディアで広く取り上げられるようになって、世間一般でも注目を集めています。

リフォームについて関心を持っている人でも、天井のリフォームについてはあまり深く考えたことはないという人も多いかもしれません。そもそも、天井リフォームをどのタイミングで行えばいいのかよくわからないという人も多いでしょう。

天井リフォームのタイミングですが、一般的な目安といわれているのは新築から10~20年経過したころというものです。もし築10年以上経過して、天井のリフォームを一度もやったことがなければ、ほかの個所のリフォーム工事をするついでにお願いすることも検討しましょう。天井のリフォームはクロスの張り替えだけというケースも多いです。そうなると、思っているよりも天井リフォーム単独で費用がそれほどかさむことは少ないでしょう。

ただし先ほど紹介した新築から10~20年というのは、あくまでも一般的な目安です。住宅によっては、もっと早い段階でリフォームの必要な状況になることもあり得ます。

例えば自宅でタバコを吸う人は、上で紹介した目安よりも早く交換しなければならないかもしれません。タバコを屋内で吸うと、ヤニの臭いがこびりつきやすくなります。そうなると初めてその住宅を訪問した人は、タバコの臭いが気になるでしょう。タバコの臭いは天井や壁に染み付いてしまっているので、窓を開けて換気をしたところで簡単に取り除くことはできません。

タバコの臭いが部屋に充満している場合、天井だけでなく壁にもその臭いが染みついている可能性は高いです。そうなると天井と壁の両方の壁紙の張り替え工事をしなければならなくなるかもしれません。

天井の張り替えを行ったほうがいい5つの特徴とは?

天井の張り替えなどのリフォームをする目安ですが、いくつか張り替えのタイミングを知るための兆候があります。もし以下の5つの兆候が出ているのであれば、天井リフォームのタイミングに差し掛かっていると思ったほうがいいでしょう。

汚れやシミの発生している場合

経年劣化によるもののほかにも雨漏りや結露が発生することが原因で、放置しているとそこからカビの発生することも考えられます。経年劣化については、天井の変色を引き起こすこともあります。日光の紫外線によって変色が起こります。

このような天井のクロスの色の変化の場合、クロスを張り替えることでリフォームは完了します。またクロスを取り除き、直接塗装をするリフォームというのも選択肢の一つになります。

天井がたわんできた場合通常

天井のクロスはまっ平らになっているはずです。ところが時間の経過によって、波打ったような凸凹としてくることがあります。これは経年劣化の可能性もありますし、水分を含んだことでクロスの重みが増し下に落ちてしまってたわみが生じたと考えられます。

このようなたわみが発生している場合には、天井リフォームを検討してみるといいでしょう。この場合クロスの張り替えが基本となります。

しかしもしかすると下地がけば立ってしまっている可能性があります。この状態のまま新しいクロスを貼り付けてもしっかりついてくれないので、下地処理の上でクロスの張り替え作業をすることもあります。
天井の黒ずみ

天井の黒ずみを引き起こしている要因は、ほとんどの場合カビが発生しているからです。カビが発生しているのは、雨漏りや結露の可能性が高いです。漏水や結露が発生すると、内装仕上げ材や下地材の劣化や不具合を引き起こすこともあるので、早めに対策を施すことが求められます。

この場合、クロスだけではなく、天井板そのものがダメージを受けている可能性もあります。その場合には、天井板の張り替えを行ったうえでクロス張り替え工事を進める流れになるでしょう。

天井のひび割れ

天井におけるひび割れには、いくつかの要因があります。ボード同士のつなぎ目部分でクラックの発生していることもあります。またボードそのものにクラックの発生するケースも考えられます。荷重が長期的に一点に集中した、もしくは台風や地震などの外的要因によって発生するケースがほとんどです。

天井の穴

壁紙貼りや塗装仕上げ、ボード・合板類の天井で発生しやすいトラブルです。何らかの衝撃を受けることで穴の開いてしまうことがレアケースながらあります。

この4つ目と5つ目の現象が起きているようであれば、ほかの兆候と比較して、少し大掛かりな天井リフォーム工事が必要になります。天井板の張り替えを行って、そのうえでクロスの張り替えや天井塗装を行う形になります。もし以上の兆候が見られるようであれば、一度リフォーム業者に相談してみるといいでしょう。

照明の交換が天井張り替えのタイミング

ここまでは天井そのものに問題が生じた場合の張り替えのタイミングについて説明しました。しかしそのほかにも、別の要因で張り替えの必要になることもあります。例えば照明器具の取り換え工事をした場合です。

照明器具を新しいものに変えると、前の照明器具の跡が黒い縁取りで残ってしまいます。するとせっかく照明器具を新しく交換しても、周りが黒ずんでいるので汚らしくなります。

そこで照明器具の交換と一緒に、天井の張り替え工事もしてしまうのです。逆もあって、天井張り替え工事をする際についでに照明器具の見直しを行うのもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

これはやっちゃう…間違った床のシミの落とし方。正しい方法はコレ

せっかく大切にしている家なのに、あるときにふと、床に大きなしみができているのを見 …

お金がない!じゃぁまずはクッションフロアで。メリットとデメリットを紹介

「お金をかけたくない。だけど我が家の床はすてきにしたい」 こんなわがままな願いを …

サンプルだけで選ぶべきではない?失敗しない壁紙の選び方の5つのポイント

色と柄をまずは決めていこう 壁紙を変えることで、部屋の印象はだいぶ変わります。ま …

畳にカビが発生したどうする?昔の人なら知っている賢いカビ除去方法はこれだ!

畳というのはイ草という自然の植物でできているので、カビなどが生えてしまいます。他 …

壁紙の張り替えをしようか悩んでいる人のための張り替えタイミング講座

10年前後が目安といわれているけれども… リフォームの中の一つに、壁紙の張り替え …

こんなときにはカーペットの張替えが必要。さもないとこんな怖い結果に…

「そろそろカーペット張り替えたほうがいいですよ」 業者がこのように言われるとほと …

畳の張替え。こんな状態が起こったら張り替えよう

日本伝統の畳。昔の方はよく畳と共に生きてきたので、畳をどのように管理するのか、い …

失敗しないためのフロアタイル選び。3つの確認事項とは?

「思っていたのとちょっと違うなぁ」 フロアタイルの購入時はコレがいいと思って選ん …

畳の張替えっていくら掛かるの?知られていない中国産畳の危険

畳の張替えっていくらするんだろう? 床材の張替えの中でも一番わかりにくいのが畳の …

日本人にとってはなじみのある紙クロスを壁紙に使うメリット・注意点は? 

住宅建材としてなじみのある紙 日本家屋にとって切っても切り離すことのできない素材 …