イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

壁紙に傷をつけてしまった…自分で部分的な補修はできるの?

   

自分で部分補修することも可能

壁紙に引っかかって部分的に破けてしまった画鋲でポスターなどを貼っていた個所の穴がどうも気になるという人はいませんか?壁紙の張り替えは業者にお願いするのも一つの方法です。しかしあまり大きな傷ではないのなら、部分的な補修を自分で行うことも可能です。

自分で部分的に張り替えをするのなら、業者と比較してかなりコストを安く圧縮できます。賃貸物件を借りていて、壁紙の汚れ・傷があると原状回復のために返還される敷金を減らされるかもしれません。しかし補修をしておけば、そのようなトラブルも回避できるでしょう。自分で部分的に壁紙補修する方法を以下で紹介しますが、その通りに行えば後もわからなくなるはずです。

部分補修するための方法

画鋲などの傷・拭いても落ちない汚れのために部分補修するのであれば、まず張替用のクロスを準備しましょう。張り替えではがしたクロスの端材を使って行うのがコストもかからずおすすめです。端材が手元になければ、量産品のクロスを買い求めましょう。量産品のバリエーションは充実しているので、自宅の壁紙に近いものがきっと見つかるはずです。

まずは補修する部分を覆うためにクロスをカットしましょう。この段階のクロスはおおざっぱで構いませんが、少し大きめにカットすることです。そして補修する箇所の上をカバーして、マスキングテープを貼り付けましょう。

そしてさらにクロスをカットして糊付けをします。この糊付けしたものを先ほど紹介したマスキングテープで貼り付けたクロスの上にのせます。

今度はクロスを下地ごとカッターでカットします。この時マスキングテープの中心をとおるような感じで、縦に切り取ります。その後横にもカットするのですが、切ったクロスが動かないように注意することが重要です。

すると下地がはがれるはずです。もちろん全部をはがす必要はなく、半分くらいはがれれば問題ありません。直角に下地をカットしているはずですので、その部分に材料を重ねていきます。できるだけぴったりになるように重ねるのがコツです。

今度はカットしていない残りの二辺をカットしましょう。そして同じようにはがして、4辺にコーキングを塗りましょう。

このまま貼り付けてしまうと、継ぎ目のところでひび割れを起こしやすくなります。目立たないようにするためにはコーキングを少し塗っておいた方がいいのです。そうすれば、継ぎ目の接着度が高まり、ひび割れが起こりにくくなります。

そして先ほどカットした材料を貼り付けていきます。位置を誤らないようにして貼り付け、ぞうきんなどを使って継ぎ目を押さえるようにしましょう。この時先ほど塗ったコーキングがにじみ出てくる可能性があります。その場合、ぞうきんでついでに拭きとってしまいましょう。

最後にローラーなどを使って、上から均一で押さえつけていけば完成です。それほど時間はかからないはずですが、丁寧に作業を進めないと仕上がりが悪くなります。

シミや汚れはコーキングだけで十分な場合も

小さなシミや汚れだけれどもどうも気になる、汚れたクロスを隠したいと思っている人はいませんか?

この場合、先ほど紹介した切り貼りをする必要はないでしょう。実はコーキングを使って、汚れを目立たせないようにすることも可能です。目安としては、1円玉程度の大きさのシミ・汚れであれば、以下で紹介する方法で隠すことも十分可能です。

シミ・汚れの発生している箇所にコーキングを塗ればいいです。しかしこの時あまり多めに塗らないようにすることです。べたべたな感じで塗ってしまうと、壁に光が当たった時に角度によって光沢感が違ってきて、不自然な仕上がりになります。

ですからイメージとしては、ちょんちょん塗っていくような感じがおすすめです。少しずつコーキングを塗っていって、指や布を使ってぼやかしていきます。そうすれば、自然な感じで汚れやシミをカバーできるでしょう。

これだけの作業でシミや汚れは消えてしまいます。ただしコーキングを塗った後、乾くまで多少時間がかかります。乾く前に触ってしまうと、仕上がりが悪くなるので乾くまでは絶対に補修箇所に手を触れないようにしましょう。コーキングが乾くまでは、10分程度が目安の時間になると思いましょう。

色褪せに注意すべし

部分的に切り貼りをして補修する場合、使うクロスはもともと使っていたものの端材を活用するのがおすすめです。新品のものの場合、似たようなデザインのものでも色合いがどうしても違ってくるからです。長年壁紙を使うと、どうしても色褪せが起こります。このため補修した箇所だけ色の感じが異なるので、切り貼りしたものだとわかってしまいます。

もともと使っていたものであれば、同じように経年劣化を起こします。ですから一見すると補修した箇所がわからないようなレベルで修繕もできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

天井吹き抜けの工事料金の目安。これが具体的に必要な金額だ

天井吹き抜けのある家は憧れです。開放感があり、太陽の光も入ってきて家のイメージが …

天井のリフォームには湿式工法と乾式方法がある・その違いって何?

湿式工法と乾式工法を理解しよう 天井リフォームを検討しているのであれば、業者にお …

より快適な住まいに・機能性クロスとはどのようなもの?

機能性クロスもいろいろと登場 壁紙や天井材として、クロスを利用しようと思っている …

あまり気にしないから逆に難しい?トイレの壁紙を選ぶにあたっての3つのヒント

トイレのリフォームをしたいけれども… リフォームをするにあたって、普段長時間過ご …

壁を撤去して2つの部屋を1つにすると…こんなステキな4つのことが生じます

2つの部屋を1つにしてみませんか。これは意外と簡単なことです。部屋と部屋の間にあ …

ちょっと待った、こんな場合の壁を撤去はアウト!知らないと恐ろしい結果に

もともとあった部屋と部屋の間の壁を撤去してしまうと、大きな部屋が出来上がりますし …

子ども部屋の床選びに現れる親の愛情。床材で子どもの成長が大きく違う

子どものときはとにかく遊びたいものです。子どもはよく遊んで笑って育つもの。そんな …

壁のリフォームをしたい!塗り壁とクロスどちらがいいの?

塗り壁の長所は天然・自然素材にあり 壁のリフォームをするにあたって、大きく分けて …

畳の張替え。こんな状態が起こったら張り替えよう

日本伝統の畳。昔の方はよく畳と共に生きてきたので、畳をどのように管理するのか、い …

天井を吹き抜けにして見ませんか?想像もしえない変化が起こります

思い切った家の改造の1つにリビングや玄関部の天井をぶち抜いて、吹き抜けにしてしま …