イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

寒い冬場に結露でカビが…そうならないようにするための4つの対策を紹介

   

今日からでもできる換気

冬場の気温の低い時に、窓や壁などに結露の発生することがあります。壁紙に結露が発生してそのまま放置していると、カビが発生しやすくなって黒ずんでしまいます。いつまでもきれいな壁紙の状態で維持したければ、冬場の結露対策を考える必要があります。

結露対策にはいろいろな方法があります。その中でも誰でも・いつからでもできる対処策として、換気を心がけることがあります。

結露の生じるのは、室内の湿気が高いからです。そこで換気をして外の空気を取り入れることで、湿度を低くできます。雨や雪の降っているときはさすがに難しいでしょうから、天気のいい時に換気を心がけることです。

窓を開けて換気をするとき見落としがちなのは、押し入れやクローゼットです。押し入れやクローゼットの扉を開けておかないと、この部分の湿気はこもりっぱなしになります。

部屋の中で使っている暖房器具が結露を招いている可能性もあります。

例えば石油ストーブやかなり前の暖房器具を使っていると、蒸発量の多くなる傾向があるといわれています。蒸発量が多くなれば、湿気が高くなって結露が発生しやすくなります。

もし一昔前の暖房器具を使っているのであれば、新しい機種・電気ストーブなどの非燃焼系の暖房器具に変えてみましょう。

結露防止のグッズもいろいろ

結露防止できるようなグッズもいろいろと販売されています。換気だけでは不十分、一人暮らしをしていて日中ほとんど不在なので換気ができない場合にはグッズで対策するのも一つの方法です。おすすめのグッズとして除湿器があります。

結露の発生しているところは、もともと湿気の多い傾向があります。このような場所に除湿器をセッティングして除湿すれば、効果的な結露対策ができるでしょう。湿気の溜まりやすい場所は部屋の中では寝室や台所、押し入れ、クローゼットなどですのでどこに置くかもシミュレーションしておきましょう。

除湿器を購入するのはお金がかかりすぎというのであれば、結露防止できるシートはリーズナブルな価格で販売されているのでお勧めです。1枚数百円、かかっても数千円程度でしょう。使い方も簡単で、窓ガラスのところに貼り付けるだけです。

結露防止ヒーターも、壁の結露対策をする場合に有効とされています。壁の生えやすい箇所にセットして、湿気のコントロールをしましょう。

リフォームして結露しにくい部屋にする

いろいろと対策しても結露が起きてしまうのであれば、思い切ってリフォームしてしまうのも一つの方法です。リフォームの技術の中には、結露の生じにくいコースもあります。

例えば窓ガラスをペアガラスにする方法はポピュラーです。二重のガラスで部屋を密閉してしまう方法です。従来の1枚ガラスと比較すると断熱効果が高くなるので、結露は生じにくくなるはずです。

さらには調湿建材と呼ばれるものを導入するリフォームもあります。湿気が多い時には水分を吸収し、逆に乾燥しているときには水分を放出してくれ、一定の湿度に保つことが可能です。

また断熱工事を導入することで結露対策をする方法もあります。
リフォームの場合、どのような工事を選択するかで費用もだいぶ違ってきます。そこでリフォーム工事をする際には見積もりを取って、予算の範囲内で有効な結露対策をするにはどうすべきかを慎重に検討することです。

壁紙にこだわるのも一つの方法

結露が生じやすく、壁紙にカビが生えてしまったのであれば、壁紙を張り替える必要があるでしょう。

この時結露やカビに対して耐性の強い壁紙に交換すれば、カビが生えにくくなります。結露対策を考えた場合、おすすめの壁紙がいくつかありますので紹介しましょう。

まずは吸放湿性壁紙です。湿気の高い時には湿気を吸収することで結露の発生しにくい環境を作ります。逆に湿度が低く乾燥しているときには、壁紙に吸収された水分を放出することで湿度を高めます。こうすることで、常に部屋の中は一定の湿度を保つことが可能です。

なぜこのようなことができるか、それは壁紙の中に含まれている親水性高分子ポリマーがカギを握っています。親水性高分子ポリマーとは紙おむつなどで使われている素材で、速やかに水分を吸収して中に閉じ込めます。

この吸放湿性壁紙ですが、静電気が発生しにくいという特性もあります。つまり壁に誇りや汚れが付きにくく、いつまでも張り替えた直後の美しさを持続できるメリットも期待できます。

もう一つ結露対策としておすすめの壁紙に、通気性壁紙があります。透湿性に優れた壁紙で、室内の空気が壁紙を通して外気に抜ける特性があります。

つまり室内の湿度が高くなっても、その湿気をどんどん外に放出してしまうので結露が発生しにくくなります。壁紙が息をしているといえば、イメージしやすいでしょう。

ただしこの通気性壁紙を使用する場合には、下地も通気性に優れていないといけません。

でないと壁紙が空気を通しても、下地のところで詰まってしまうからです。このような結露対策のできる壁紙に張り替えてみるのも考えてみる価値はあるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

コレでお風呂場がアジアンテイストのおしゃれ空間に!お風呂場にオススメしたい床

脱衣場は単に着替える場所だけでなく、洗濯機があったり、洗面台があったりと、なにか …

天井にシミが発生…これは雨漏りなの?

天井のシミは雨漏りの可能性がある 横になっている時にふと天井を見上げてみるとシミ …

意外と知らないクッションフロアの張替えのタイミング。こんなときに変えると家がとっても長持ち

「まだまだ使える」 こう思って同じ床材を何年、何十年も使っていると、後々大きな問 …

寝室の壁紙をリフォーム・選ぶときの3つのポイントを紹介

人生の1/3を過ごすところ 人間はその人生の1/3を睡眠に費やしているといわれて …

より快適な住まいに・機能性クロスとはどのようなもの?

機能性クロスもいろいろと登場 壁紙や天井材として、クロスを利用しようと思っている …

知らないと愕然!意外に高くつくクッションフロアの張替え料金。安くするには?

大工さんにしても、電気屋さんにしても「お客さんが相場を知らない」ために、普通の工 …

天井のリフォームはまず天井材選びから・主要4種類を紹介

ポピュラーな天井材はクロス 天井リフォームをする場合、天井材をどうするか決めると …

壁のリフォームをしたい!塗り壁とクロスどちらがいいの?

塗り壁の長所は天然・自然素材にあり 壁のリフォームをするにあたって、大きく分けて …

カーペットの張替えはいくら掛かるの?自分でする場合と業者がする場合

ゴロゴロ寝転ぶと気持ちがいい新品のカーペットですが、何年か経過すると快適ではなく …

こんな場合は天井吹き抜けにはできない!見落としがちな理由

吹き抜けのあるお家に憧れて、マイホームの中に開放感あるれる吹き抜けをつけたいなと …