イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

素材別で比較・耐久性に優れた壁紙とは?

   

素材別でみた場合のおすすめ壁紙は?

壁紙を張り替えるにあたって、できることなら長持ちするものがいいと思っている人も多いでしょう。耐久性に優れているかどうかは、その壁紙がどのような素材で作られているかによって変わってきます。

素材別で比較した場合、耐久性に最も優れているのはビニールクロスになるでしょう。

ビニールクロスの場合、いろいろなダメージから身を守る能力にたけているといえます。例えば汚れが付着した場合でも表面が滑らかなので、ちょっと拭き掃除をすれば簡単に取り除くことができます。サッとふき取れるので、掃除の手間もかからずメンテナンス性に優れた素材といえます。

ビニールクロスは日本家屋の約9割で利用されていることもあって、いろいろな種類の商品が出回っています。その関係もあって、機能性に優れた商品も出回っています。

例えば何年処理の施されているビニールクロスも出ています。このようなビニールクロスを使用すれば、普段火を使うことの多いキッチンでも安心です。

さらには防カビ剤の添加されているビニールクロスも見られます。カビに対して優れた耐久性を持っているので、湿度の高くなりがちな水回りの壁紙としても活用できるでしょう。

ビニールクロスはこのように耐久性に優れています。しかしもし何か不具合が発生した場合、部分的な補修をするのが難しい側面があります。もし張り替えをするのなら、全部張り替えないといけなくなる可能性も高いです。

自然素材の壁紙の強度はどのような感じ?

最近の壁紙を見てみると自然素材を使った種類も出てきています。エコな部屋にしたい、ナチュラルテイストのインテリアコーディネートをしたいという人も増えていて、関心が集まっています。ただ自然素材の場合、耐久性に難点があるのではないかというイメージを抱く人もいるでしょう。

布クロスはレーヨンや麻、絹、綿などを原料にした壁紙です。ホテルの客室のように高級感が出ていいという人も多いです。この布クロスですが、耐久性の部分では結構優れています。

布クロスの場合、破れにくいというところが魅力です。擦れなどに対して強みを持っているので、例えばペットを飼っていて動物が爪でひっかいてしまうような場合に布クロスを用いるといいでしょう。擦れに対する強度で比較すると、先ほど紹介したビニールクロスと相対しても決してそん色はないでしょう。

しかし布クロスの場合、防火性に弱いという難点もあります。そもそも防火認定を受けている商品があまり多くないです。

キッチンで使用するのはあまりお勧めできません。防火認定を受けているものであれば大丈夫ではあります。ただしそのような商品が少ないので、狭い選択肢の中でどれにするか決めなければなりません。

無機質壁紙も最近注目を集めつつあります。漆喰やじゅらくのような塗り壁のようなテイストの壁紙のことです。壁紙に無機質素材を吹き付ける製造方法をとっているので、塗り壁のざらざら感も忠実に再現しています。

無機質壁紙も、耐久性は比較的強いといわれています。特にひび割れに対する耐久性は高いと評価されています。劣化するペースが遅いので、できるだけ長く愛用したいと思っている人にはお勧めです。ただし消臭や調湿といったほかの機能に関しては、ほかの壁紙と比較すると劣る傾向が見られます。

漆喰などの無機質壁紙の場合、もともと不燃性です。よってキッチンなどしばしば火を使うような場所で用いる壁紙としても活用できます。さらにカビの発生しにくい性質を持っているので、水回りの壁紙として使用することも可能です。

紙クロスといって、紙を原料にした壁紙もあります。紙の壁紙といわれると、いかにも耐久性に問題がありそうなイメージを持つかもしれません。

ただし紙クロスの中には、樹脂によって表面をコーティングしているものもあって、耐久性をある程度上げている商品もあります。しかし擦れに対しては弱いので注意しましょう。

例えば紙クロスに汚れが付着した場合、ぞうきんなどで拭き取ろうとするでしょう。この時にタオルをとんとんたたくような感じでタオルに汚れを吸い取らせるようなイメージで掃除することです。もしごしごしこすってしまうとけば立ってしまう恐れもあります。

紙クロスの場合、簡単に破けてしまうのではないかと思う人もいるでしょう。確かにビニールクロスほどの耐久性はないかもしれません。しかし特に和紙の壁紙の場合室内で用いるのに十分な強度を持っています。ふすまや障子のように簡単に破けるようなことはないので、そこまで心配する必要はないでしょう。

高耐久性の壁紙も登場

壁紙にプラスアルファの機能をつけている種類も最近では増えています。

例えば高耐久性といって、従来の壁紙よりも優れた耐久性能を持つ壁紙も出てきています。例えば壁紙の表面に特殊フィルムをラミネート加工するなどです。こうすることで、ひっかき傷や衝撃に対する耐性をアップさせています。

あるメーカーの販売している高耐久性壁紙の場合、従来のビニールクロスと比較するとひっかき傷に対して10倍・衝撃に対して3倍の耐久性のある商品もあるほどです。ペットを飼っている人は動物が壁をひっかく、家具を移動させるときに壁にぶつけても傷が発生しにくいのです。

このラミネート加工は防汚性にも優れています。クレヨンで子どもが壁にいたずら書きをすると、従来の壁紙では完璧に汚れを落とすのは困難とされていました。しかしこのようなラミネート加工されている高耐久性の壁紙の場合、水拭きや中性洗剤を使って簡単に吹き落とせます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

天井に変化はある?張り替えのタイミングはいつ頃?

天井リフォームのタイミングは築10~20年 リフォームという言葉がメディアで広く …

失敗しないためのフロアタイル選び。3つの確認事項とは?

「思っていたのとちょっと違うなぁ」 フロアタイルの購入時はコレがいいと思って選ん …

畳にカビが発生したどうする?昔の人なら知っている賢いカビ除去方法はこれだ!

畳というのはイ草という自然の植物でできているので、カビなどが生えてしまいます。他 …

壁紙の種類が多様に・木質系・無機質系の壁紙も普及中

木質系壁紙とは 日本の家屋で用いられている壁紙というと、ビニールクロスが一般的で …

キッチンの壁紙を交換したい!選び方のポイントを紹介

メンテナンスのしやすい壁紙を選ぼう キッチンのクロスを変えようと思っているのであ …

畳の張替えっていくら掛かるの?知られていない中国産畳の危険

畳の張替えっていくらするんだろう? 床材の張替えの中でも一番わかりにくいのが畳の …

選べる床でこんなに部屋が変化するとは!フロアタイルの多種多様な素材

「部屋を思い切って模様替えしたいなぁ」というときにどこを変えたらいいと思いますか …

塗り壁で内装リフォーム・主要5種類の特徴を紹介

漆喰 内装をリフォームする場合、塗り壁を選択する人もいるでしょう。塗り壁リフォー …

あまり気にしないから逆に難しい?トイレの壁紙を選ぶにあたっての3つのヒント

トイレのリフォームをしたいけれども… リフォームをするにあたって、普段長時間過ご …

柄のある壁紙を取り入れたい!2つのテクニックとおすすめ5つのデザインを紹介

柄選びは部屋の広さに合わせること 壁紙の中には、柄物もたくさんあります。特にビニ …