イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

壁紙の張り替えをしようか悩んでいる人のための張り替えタイミング講座

   

10年前後が目安といわれているけれども…

リフォームの中の一つに、壁紙の張り替えがあります。壁紙が汚れている、古臭くなったら新しいものに張り替えることで部屋の印象をアップできます。

張り替えに興味があっても、では具体的にどのタイミングで張り替えればいいのかで迷ってしまう人もいるでしょう。リフォーム業者の意見を総合してみると、10年前後が張り替えのタイミングの目安といわれています。

しかし部屋によって、壁紙の劣化のペースは異なります。

例えばキッチンやトイレの水回りの壁紙の劣化のペースは他と比較して早いといわれています。そのほかにも普段部屋の中で喫煙する人は、タバコのヤニが壁紙に付着しやすく汚れがより目立つでしょう。

日中快適に過ごせるように、リビングは日当たりのいいところにこだわった人もいるでしょう。この場合も、壁紙の劣化のペースが早いです。というのも日焼けしやすいので、色褪せが早く起きるためです。ですから10年にあまり引っ張られないようにしましょう。

以下のような特徴が壁紙にみられるようになったら、壁紙の交換を検討しましょう。

まずは汚れが目立つようになった、カビが生えてきた、先ほど紹介した日焼けによる色あせなどの見た目の変化があります。見た目の変化では、表面のけば立ちやたわみ、しわが目立つといったような触感の変化も張り替えタイミングを計る上の目安になります。

最近の壁紙を見てみると、防水や消臭といった機能性重視の種類も出てきています。もしこのような機能性の壁紙を使っているのであれば、その機能が低下しつつあれば、交換のタイミングに差し掛かっているといえます。

以上で紹介したようなサインを無視して放置していると、どんどん劣化が目立ちます。壁紙の劣化をそのままにしていると、継ぎ目の部分が徐々にめくりあがってしまいます。ここまでになると、できるだけ早く張り替えをした方がいいでしょう。

もしつなぎ目からはがれているのに放置すると、壁下地にも悪影響を与える可能性があります。こうなってから壁紙の張り替えのリフォームをする場合、大掛かりな工事が必要で費用もかさんでしまいます。上で紹介したような変化がみられるのであれば、できるだけ早く張り替えを業者に依頼すべきです。

壁紙の張り替えで大型家電の買い替えも

もし壁紙の張り替えをしようと思っているのであれば、エアコンや冷蔵庫などの大型家電も一緒に買い替えましょう。このように言われると、壁紙と家電は関係ないのになぜ?と思うかもしれません。

引っ越しの経験のある人ならお分かりかもしれませんが、エアコンや冷蔵庫を取り外したところ、その周辺の壁紙が著しく変色していることに気が付きませんか?

エアコンや冷蔵庫のような大型家電の場合、掃除するときもめったに動かさないでしょう。このため、壁紙が周辺と色が全く変わっていることも珍しくありません。

例えばエアコンですが、一昔前と比較すると小型化が進んでいます。エアコンは長く使い続けて買い替えるという人が多いでしょう。

使っていたエアコンが故障したので新しいものと買い替えるとすると、同じところにエアコンを取り付けても前のエアコンと比較して一回り小さいのも珍しくありません。すると全く同じ場所に取り付けても、前のエアコンの白い形跡がしっかり残ってしまいます。

このような感じだと、せっかく新しい家電を取り入れてもカッコ悪い印象になります。ですから新しい壁紙に変えたときに家電も買い替えるといいでしょう。

冷蔵庫やエアコンなどは家庭の電気料金の中でも多くを占めています。そして最新式であればあるほど、電気料金もかかりません。電気代を節約する意味でも買い替えを検討してみるといいです。

もし壁紙の張り替えと家電の買い替えを同時に行うのであれば、機能性だけでなくデザイン性にもこだわってみるといいでしょう。壁紙と家電のテイストを似たものにすれば、部屋の雰囲気もしっくりまとめられるはずです。インテリアコーデも意識して、壁紙と家電の買い替えをしていきましょう。

塗り壁も劣化するので定期的な塗り替えを

壁紙ではなく、塗り壁を使っている自宅もあるでしょう。この塗り壁も時間の経過とともに、劣化が進みます。長期的に住み続けるのであれば、定期的な塗り替えをすべきです。

塗り壁の塗り替えのタイミングですが、見た目の変化に注意を払いましょう。

例えば触ってみるとボロボロ破片が手にくっつく・床に落ちてしまう、ひび割れが起きているのであれば塗り替えのタイミングに差し掛かっているといえます。

塗り壁の中には、白い漆喰壁を使っている家庭もあるでしょう。この場合、劣化していてもパッと見た感じはあまり変化していないケースも多いです。ですから白の漆喰壁を使っていて塗り替えからある程度の年数経過しているのであれば、よく目を凝らして見ましょう。

漆喰壁の場合、ただ単に上から新しく漆喰を塗ればいいわけではないです。昔の壁をいったんすべて落として、塗り替える工事になります。どのタイミングで塗り替えをすべきか、慎重に検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

壁紙の費用は複雑?素材別など注意すべきポイントを紹介

種類ある壁紙の費用の算出方法 壁紙の張り替えを業者にお願いする場合、費用がやはり …

子供部屋の内装リフォーム・おすすめ壁紙3つのポイントを紹介

明るめの色の壁紙で 子供部屋のリフォームをするにあたり、壁紙を変更しようと思って …

日本の家屋で最も普及しているビニールクロス・その特徴は?

日本の家屋では広く普及しているクロス 壁紙の素材にはいくつか種類があります。その …

空間によってマッチする壁紙は違ってくる・機能をチェックしよう

汚れを防止する壁紙 壁紙を選ぶにあたって、いつまでもきれいな状態を維持できるもの …

塗り壁で内装リフォーム・主要5種類の特徴を紹介

漆喰 内装をリフォームする場合、塗り壁を選択する人もいるでしょう。塗り壁リフォー …

天井が歪んで変形している…原因の候補と対策の方法について公開

天井に歪みが…その原因とは? 天井は本来フラットな状態であるはずです。しかし中に …

天井のリフォームはまず天井材選びから・主要4種類を紹介

ポピュラーな天井材はクロス 天井リフォームをする場合、天井材をどうするか決めると …

風呂場をリフォームして壁紙を変えたい!押さえるべきポイントを3つ紹介

風呂場の壁紙選びは機能性重視 風呂場をリフォームするにあたって、今までと異なる壁 …

壁紙に傷をつけてしまった…自分で部分的な補修はできるの?

自分で部分補修することも可能 壁紙に引っかかって部分的に破けてしまった、画鋲でポ …

素材別で比較・耐久性に優れた壁紙とは?

素材別でみた場合のおすすめ壁紙は? 壁紙を張り替えるにあたって、できることなら長 …