イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

壁紙の費用は複雑?素材別など注意すべきポイントを紹介

   

種類ある壁紙の費用の算出方法

壁紙の張り替えを業者にお願いする場合、費用がやはり気になるでしょう。壁紙張り替えをするにあたって注意すべきことは、2種類の算出方法のある点です。費用の算出方法は、平米単価とメートル単価の2種類が主に使われています。

平米単価とは文字通り、1平方メートル当たりのクロス単価の費用をベースにして費用を算出する方法です。張り替える面積をはじき出して、単価にかけることで費用を出していきます。

面積のはかり方ですが、天井と壁4面を張り替えると仮定した場合、床の縦と横の長さの合計に天井までの高さをかけ合わせます。こうすると内側の総面積を算出できます。

さらに天井の面積も出して両者を足していきます。ただし窓やドアの部分には壁紙を使わないでしょうから、その部分の面積は差し引きます。

もう一つの方法のメートル単価の場合、壁紙の張り替えにあたって必要なクロスのメートル数における単価をもとにして算出する方式です。市販されているクロスはイメージとしてはトイレットペーパーやキッチンペーパーのような感じでロール状になっています。このロールの幅が一派的には0.9メートルで製作されています。

よってメートル単価の場合1×0.9=0.9平方メートル当たりの単価になります。ですから平米単価とメートル単価のいずれをベースにするかによって、同じ面積の張り替え工事でも費用が変わってきます。

どちらの使われることが多い?

平米単価とメートル単価と壁紙張り替え工事の費用を算出する2種類のベースのあることはわかりました。ではどちらが利用されているか気になるところでしょう。

別にいずれかの単価で産出しないといけないというルールはありません。よって業者の判断に任されます。ただし一般的な傾向として、メートル単価で見積金額などを出している業者が多いようです。メートル単価の場合、平米と比較して面積が若干狭いです。よって単価の安い印象を与えるので、営業上有利に働くというイメージがあるからでしょう。

ちなみにメートル単価も平米単価も同じ金額だった場合、メートル単価の方が総額は高くなるので注意しましょう。

具体的にメートル単価も平米単価も同じ1000円だったと仮定しましょう。もし10平米の壁紙張り替えを希望した場合、それぞれメートル単価1万2000円・平米単価1万円となります。このように単価によって費用も違ってくる点は注意しておくといいでしょう。

単価に何が含まれているかを確認しよう

単価といいますが、何が含まれているかは業者によって異なります。
基本的に単価とはクロスの材料費+工賃等です。ここで問題になるのが「工賃等」です。この工賃等の中に何が含まれるかは、業者によって判断は異なります。単価は安くても別料金として追加される可能性があり、総額でみると割高になってしまうこともあり得ます。

では工賃の中でどのようなものが含まれるかですが、いくつかの候補があります。まずは廃材処分費です。壁紙の張り替えをすることは、古くなった壁紙を処分する必要があります。その処分をするにあたっての費用です。

下地処理費を工賃の中に含んでいる業者もあります。壁紙を貼るにあたって、表面が凸凹していると問題です。壁の表面が凸凹している場合、壁面を平らにする処理をする必要があります。これを下地処理費といいます。

部屋によっては、テレビや大型家具を動かさないといけない場合もあるでしょう。この荷物を移動させる費用も工賃に含まれる場合もあれば、含まれない場合もあります。荷物移動費は移動させた荷物の数や大きさによって変わってきます。

壁紙を張り替えるにあたって、壁以外のところに接着剤などがかからないようにビニールシートなどを使って養生する必要があります。この養生に関する費用も工賃の中に含めるかどうかは、業者の判断によります。

このように工賃に含まれ売る作業費がどうなっているかは、業者によって異なります。見積書の内訳を確認すること、もし見積書を見てもわからないようであれば、担当者に質問して納得いく説明を受けましょう。

壁紙の素材別の費用相場は?

壁紙は素材によっても相場が違ってきます。最も多く使われているビニールクロスの場合、安価で工事をお願いできます。一般的に平米単価は500円程度からです。

ただし一般的なビニールクロスのほかにも、中級品のビニールクロスがあります。1000番台ビニールクロスと呼ばれることもあります。このビニールクロスを使用するのなら、平米単価は1000円からと若干高くなります。

布クロスの場合、素材によってピンキリです。レーヨンであれば比較的安く、平米単価は1200円くらいです。しかし不織布を使うと2400円程度に跳ね上がります。最も高いのがシルクを使った壁紙で、平米単価は1万円程度すると思いましょう。

紙壁紙も自然素材として人気です。和紙の場合平米単価は1500円程度です。ただし撥水や防汚性のような多機能性の紙壁紙の場合、2000円程度します。紙壁紙は海外のものを輸入することも可能ですが、アメリカ製のものを輸入すると平米単価は2500円します。

紙壁紙や布クロスの場合、素材によって単価も変わってきます。無機質壁紙の場合、素材によって金額にあまり大きな差はありません。参考までに珪藻土の壁紙の場合、平米単価で1500~2500円程度が相場でほかの素材もこの程度と思っておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

壁紙の種類が多様に・木質系・無機質系の壁紙も普及中

木質系壁紙とは 日本の家屋で用いられている壁紙というと、ビニールクロスが一般的で …

サンプルだけで選ぶべきではない?失敗しない壁紙の選び方の5つのポイント

色と柄をまずは決めていこう 壁紙を変えることで、部屋の印象はだいぶ変わります。ま …

天井が歪んで変形している…原因の候補と対策の方法について公開

天井に歪みが…その原因とは? 天井は本来フラットな状態であるはずです。しかし中に …

天井のリフォームはまず天井材選びから・主要4種類を紹介

ポピュラーな天井材はクロス 天井リフォームをする場合、天井材をどうするか決めると …

お金がない!じゃぁまずはクッションフロアで。メリットとデメリットを紹介

「お金をかけたくない。だけど我が家の床はすてきにしたい」 こんなわがままな願いを …

クッションフロアランキングベスト3!人気があるのにはこんな理由があった

クッションフロアをどんな柄にしようか?いろんな柄がありすぎて選択に迷うことでしょ …

空間によってマッチする壁紙は違ってくる・機能をチェックしよう

汚れを防止する壁紙 壁紙を選ぶにあたって、いつまでもきれいな状態を維持できるもの …

日本の家屋で最も普及しているビニールクロス・その特徴は?

日本の家屋では広く普及しているクロス 壁紙の素材にはいくつか種類があります。その …

日本人にとってはなじみのある紙クロスを壁紙に使うメリット・注意点は? 

住宅建材としてなじみのある紙 日本家屋にとって切っても切り離すことのできない素材 …

意外と知らないクッションフロアの張替えのタイミング。こんなときに変えると家がとっても長持ち

「まだまだ使える」 こう思って同じ床材を何年、何十年も使っていると、後々大きな問 …