イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

サンプルだけで選ぶべきではない?失敗しない壁紙の選び方の5つのポイント

   

色と柄をまずは決めていこう

壁紙を変えることで、部屋の印象はだいぶ変わります。また壁紙がはがれかけているなど劣化しているのであれば、交換のタイミングといえます。壁紙を変えるにあたって、まず重要なポイントは色や柄をどうするかです。

壁紙の色を決めるにあたって、白を選ぶ人は多いです。白はどのような部屋・家具にも合わせることができるので無難ではあります。しかし白の壁紙を使った場合、汚れが目立ちやすくなることも注意しなければなりません。

天井が白なので、壁も白にして合わせようと考える人も多いです。しかし天井は特別汚れる心配はないので、白でも問題ないでしょう。しかし壁は案外汚れがちなので、極力避けたほうがいいかもしれません。

もし白っぽくて汚れもあまり目立たないのを希望するのであれば、ベージュやアイボリーなどがおすすめでしょう。このように自分の部屋にはどのようなデザインの壁紙がマッチするかをシミュレーションしてみましょう。

部屋の特性にも配慮しよう

例えばリビングの壁紙を選ぶ場合、日当たりや照明、天気などによっても印象は変わってきます。照明の場合、蛍光灯を使っているか白熱灯を使っているかでも見た感じが違ってきます。またほかにどのようなインテリアを部屋に入れているかによっても、適した壁紙が違ってきます。

日当たりによっても壁紙の使い方は変わってきます。中にはリビングになかなか日が入ってこない場合、少し寒々しい印象になるでしょう。その場合には暖色系の壁紙を使うことで、冬でも底冷えのする印象が和らぎます。逆に夏場リビングが少し暑くなりやすいので、涼しげにしたければ寒色系の壁紙を使ってみるといいです。

またリビングが少し狭いので、広く見せたいと思っている人もいるでしょう。その場合には薄めの色でトーンの明るい壁紙を使うといいでしょう。そうすれば、実際の面積よりも広く見せることが可能です。

逆にリビングが少し広すぎる場合、寂しい印象になるかもしれません。その場合には華やかなデザインの入った壁紙を使ってみることです。柄物だと派手すぎていやというのであれば、ワンポイントで濃い色味の壁紙を使ってみるのもおすすめです。

サンプルで選ぶのは危険?

壁紙を選ぶにあたって、業者と打ち合わせをするでしょう。壁紙をどうするか、大半の人はサンプルの中から気に入ったものを選ぶでしょう。サンプルを見て、家具や照明と合わせてみてどのような色・柄物を使うか決めます。しかしこのサンプルだけを見て判断するのは、失敗するリスクは結構あります。

サンプルとはいえ実物を見ているのに、なぜ失敗するのか、それはサンプルの大きさにあります。サンプルの場合、小さなサイズのものが大半です。サンプルを見た場合にはちょうどいい感じの色でも、広い壁紙として使用するとイメージが異なることも往々にしてあります。サンプルよりも実際の壁紙の方が濃く感じるはずです。

例えば柄物の壁紙をサンプルの中から選ぶとします。自分が気に入ったと思っても、いざ壁紙に使ってみると思ったほど柄が目立たず、周りのインテリアなどに埋没してしまうこともままあります。

もし壁紙を選ぶのであれば、サンプルだけでなくショールームに行ってみることです。ショールームに行くと見本帳が用意されているはずです。この見本帳はサンプルと比較すると大きなサイズです。このため、サンプルよりは実際に壁紙を貼った時のイメージに近いはずです。

またショールームであれば、スタッフからそれぞれのデザインについての説明も受けられます。このため、自分のイメージに近い壁紙を選ぶことができるでしょう。

業者にお願いしてみるのも一つ

壁紙を変えてみたい、抽象的なイメージがある、でも具体的にどれがいいのか自分で決められないというケースもあるでしょう。その場合には、業者に思い切って相談して提案してもらうのも一つの方法です。この時どのような要望があるか、予算をどの程度に設定しているかを伝えましょう。

そうすると業者の担当者は、サンプルやコーディネートシートなどを使っていくつか皆さんの要望に合った提案をしてくれるはずです。この時、それぞれの壁紙をした場合にメリットのほかにもデメリットとしてどのようなことが考えられるかまで説明してもらうことです。

この打ち合わせでしっかりコミュニケーションをとることが大事です。この中で、自分がどのようなイメージを持っているか、業者と共有することです。面倒なことを避けるためにわからないことがあってもそのまま進めてしまうと、出来上がってみれば全く自分のイメージと異なって後悔するパターンも多いです。丁寧に説明をしてくれる業者が見つかれば、安心して工事を依頼できるでしょう。

居心地の良さを考えよう

壁紙を選ぶにあたって、ほかにはない個性的なものを選びたいと思う人もいるでしょう。しかし長くその空間で生活するのですから、居心地の良さも意識して選ぶことも大事です。

例えばアレルギー体質・小さな子供のいる場合、ホルムアルデヒドのようなシックハウスの原因となる物質が発生しない素材を探しましょう。また吸湿機能に優れている壁紙を利用すれば、湿気の貯まりにくい快適な空間になります。このような機能性も意識して、どの壁紙が自分にとってベストかを検討しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

日本の家屋で最も普及しているビニールクロス・その特徴は?

日本の家屋では広く普及しているクロス 壁紙の素材にはいくつか種類があります。その …

壁紙の選び方のポイントを種類別に開設

まずは壁紙の種類を理解しよう 内装のリフォームをするにあたって、壁紙をどうするか …

日本人にとってはなじみのある紙クロスを壁紙に使うメリット・注意点は? 

住宅建材としてなじみのある紙 日本家屋にとって切っても切り離すことのできない素材 …

天井のリフォームはまず天井材選びから・主要4種類を紹介

ポピュラーな天井材はクロス 天井リフォームをする場合、天井材をどうするか決めると …

クロスのもともとも意味は布!「本家」布クロスを内装材に使ってみる

布クロスは本来おかしい ? 内装工事をする場合、壁紙をどうするかという問題が出て …

カラー・デザイン・質感…部門別人気の壁紙を紹介

人気のカラーの壁紙はどれ? 壁紙を張り替えるにあたって、どのようなカラーの壁紙を …

壁紙の張り替えをしようか悩んでいる人のための張り替えタイミング講座

10年前後が目安といわれているけれども… リフォームの中の一つに、壁紙の張り替え …

壁紙の費用は複雑?素材別など注意すべきポイントを紹介

種類ある壁紙の費用の算出方法 壁紙の張り替えを業者にお願いする場合、費用がやはり …

より快適な住まいに・機能性クロスとはどのようなもの?

機能性クロスもいろいろと登場 壁紙や天井材として、クロスを利用しようと思っている …

壁紙に傷をつけてしまった…自分で部分的な補修はできるの?

自分で部分補修することも可能 壁紙に引っかかって部分的に破けてしまった、画鋲でポ …