イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

塗り壁で内装リフォーム・主要5種類の特徴を紹介

   

漆喰

内装をリフォームする場合、塗り壁を選択する人もいるでしょう。塗り壁リフォームする場合、どの素材を用いるか考えましょう。塗り壁の種類には主に5つのタイプがあります。

まずは漆喰です。漆喰とは日本独自の塗り壁のことで、古くからお城や土蔵の壁として用いられてきました。日本の家屋の場合、押し入れの壁でしばしば使われています。消石灰に砂と糊を混ぜて、そこに麻などの繊維質を加えていきます。

漆喰の魅力は、耐火性と耐久性、調湿性に優れている点です。特に調湿性には優れているので、湿気が高まらずカビやダニの発生を抑制できます。上で紹介したように漆喰は天然素材しか使っていないので、有害化学物質が発生することもなく、健康面でもメリットがあります。

もちろん壁の張り替えをしても、自然にそのまま還るのでエコな壁材ともいえます。

漆喰というと白いものしかないというイメージを持つ人もいるでしょう。しかし色土や顔料を加えることで、ほかの色でリフォームすることも可能です。木炭や火山灰と混ぜたものも登場しています。

土壁

和風建築の壁には土壁の用いられることが多いです。文字通り上塗りに土を使った壁のことです。土の個性がより際立ちますので、個性的な空間を作りたいと思っている人におすすめです。

土壁は別名「京壁」とも呼ばれます。数寄屋建築や茶室の壁でもしばしば使われています。土壁の中にもいくつかの種類があります。

京都付近で産出する土を使って塗り壁仕上げをしたものがじゅらく壁です。しかし最近では産出した場所に限らず、きめの細かな砂壁上の仕上げのことをじゅらく壁と呼ぶようになっています。耐火性に優れていますし、時間が経過しても塗りたての風合いをいつまでも維持できます。

大津壁は石灰に色土とすさを混ぜたものです。仕上げを見ると漆喰に似ています。しかし黄変などが漆喰と比較すると出にくいメリットがあります。糊を使用する必要がないので、内壁・外壁のいずれでも使用できます。

珪藻土の塗り壁も最近注目を集めていますが、これも土壁の一種です。海や湖などに生息している単細胞の植物プランクトンの死骸が堆積した土を使ったものです。ホルムアルデヒドといってシックハウス症候群の原因となる物質の吸着や分解ができます。そのほかにも保温性や断熱性、遮音性、吸湿性、吸放湿性に優れていて、多機能な塗り壁といえます。

プラスター
プラスターとは、鉱物質の粉末と水を練り合わせたものです。プラスターは大きく石膏プラスターとドロマイトプラスターに分類できます。石膏プラスターは水硬性で凝縮の速い性質があります。このため仕上がりの際にひび割れを起こしにくいです。ドロマイトプラスターとは白雲藻を焼いたもののことで、作業性に優れています。

もし塗り壁の種類として「プラスター」といわれた場合、ドロマイトプラスターのことをさしていると思いましょう。空気中の炭酸ガスに触れることで硬化します。漆喰よりも硬い感じに仕上がります。

砂壁

砂壁とは文字通り、砂を使って仕上げた塗り壁をさします。砂壁の魅力は、見た目の美しさにあります。滑らかな表面になります。
砂壁の用途は土壁に似ています。茶室や客間で用いることが多いです。来客があった場合に、いい印象を与えられます。塗り壁といわれると和室に使われるイメージを持つ人もいるでしょう。しかし砂壁の中には、洋室でもマッチする種類もあります。洋室に塗り壁を使ってみたければ、砂壁を中心に候補を絞ってみるといいでしょう。
上塗りに使われる砂ですが、川砂を用いることが多いです。川砂の場合、粒子が比較的均一で整っていることと異物の混入の少ないところが好まれているからです。

ジョリパット

最近の塗り壁の中でも多用されているものにジョリパットがあります。ジョリパットとはアクリル系の壁仕上げ材を使っているものをさします。内装だけでなく、外装でも施工できます。

ジョリパットの性質として注目したいのは、粘りの強さです。このため、コテやローラーを使って仕上げることもできますし、水で希釈して吹き付け仕上げをすることも可能です。使い方が変わることで、壁の表面の模様も違ってきて個性を引き立たせることができます。

ジョリパットの場合、耐久性に優れているところも魅力の一つです。質感が長時間変化しませんし、色褪せも起こりにくいです。塗り替えの回数が少なくなりますので、長期的に見ればメンテナンスコストが低くなるでしょう。耐久性のほかにも、防藻・防カビ性能も高いです。傷に対する耐性も高いので、子供部屋やペットを飼育している家庭の壁材として活用するのもおすすめです。

ジョリパットを見ると、カラーバリエーションも豊富です。このため、自分のイメージに合っている色や周りのインテリアに合わせたカラーをチョイスすることも可能です。メリットがたくさんあるのでジョリパットを使っての塗り壁工事を希望する世帯も増えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

知られていない畳のメリット!こんなに生活を助けてるとはねぇ~

昔から日本人に愛用されてきた床材。それは畳です。最近は畳というとダニというイメー …

壁を撤去して2つの部屋を1つにすると…こんなステキな4つのことが生じます

2つの部屋を1つにしてみませんか。これは意外と簡単なことです。部屋と部屋の間にあ …

コレって和室?という和室を演出。和モダンとは

和室というとどんなイメージを想像しますか?床の間、ふすま、押入れ…。いわゆるサザ …

クロスのもともとも意味は布!「本家」布クロスを内装材に使ってみる

布クロスは本来おかしい ? 内装工事をする場合、壁紙をどうするかという問題が出て …

壁の撤去をセルフでやるための3つのポイント

家の壁を取り壊すと、今まで太陽の光が入っていなかった部屋にまで光が差し込み、家の …

天井吹き抜けをセルフで行なう方法がまる分かり!用意する道具と注意点

家のリノベーションの基本は空間作りです。今ある家のそれぞれの部屋のクロスを替えた …

壁紙の費用は複雑?素材別など注意すべきポイントを紹介

種類ある壁紙の費用の算出方法 壁紙の張り替えを業者にお願いする場合、費用がやはり …

子ども部屋の床選びに現れる親の愛情。床材で子どもの成長が大きく違う

子どものときはとにかく遊びたいものです。子どもはよく遊んで笑って育つもの。そんな …

フロアタイルで部屋はこんなに変わる!すてきな素材活用例を5つ紹介

多種多様な色とデザインが選べるのがフロアタイルの最大の特徴です。フロアタイルが持 …

こんなときはフロアタイルを張り替えよう!簡単にイメチェンできる張替え方法を紹介

見た目がまるで本物のよう…と言われるフロアタイルですが、せっかくの高級感も年月と …