イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

壁紙の種類が多様に・木質系・無機質系の壁紙も普及中

   

木質系壁紙とは

日本の家屋で用いられている壁紙というと、ビニールクロスが一般的で全体の90%以上を占めているといわれています。そのほかにも壁紙の種類はありますが、少数派です。しかしその中には注目すべき壁紙の種類もいくつかあります。その中の一つに木質系壁紙があります。

木質系壁紙とは、その名の通り木を材質にした壁紙のことです。具体的には木材を薄くスライスしたものを紙に裏打ちすることで製造します。現在販売されている木質系壁紙には主要な2系統があります。

銘木シート壁紙は天然木を薄くスライスします。そして紙と貼り合わせることで壁紙を製作します。もう一つの種類は、コルクシート壁紙です。文字通りコルクを原料にした壁紙で薄くスライスしたコルクと紙を貼り合わせたものです。コルクシート壁紙の方が、ソフトな触感・印象を受けるでしょう。

木質系壁紙のいいところは、やはり自然の温かみを感じられる点にあるでしょう。比較的落ち着いた空間にしたければ、活用してみる壁紙の種類といえます。ラグジュアリーな印象にもできますが、ほかの壁紙と比較すると効果になる傾向が見られます。このため全面木質系壁紙にすると費用もかさむので、一部を木質系壁紙にして部屋のアクセントに使ってみるといいでしょう。

最近注目されている無機質壁紙

壁紙の素材の中でも最近注目を集め、シェアも増えつつあるのが無機質系の壁紙です。無機質壁紙は石や土、金属、ガラス繊維、セラミック、リサイクル素材などを原料にしたものです。無機質壁紙の場合、機能面で優れているのが魅力です。調質性や通気性に優れているものが多いです。しかも防火性能も優れていますので、火をよく用いるキッチンの壁紙としても活用できます。

無機質壁紙はうえで紹介したように、いろいろな原料が用いられています。その中でも人気の素材がいくつかあります。
漆喰壁紙は、昔ながらの建物の風合いを出すことが可能です。

漆喰は日本では昔から神社仏閣やお城、酒蔵などに用いられてきました。その昔ながらの質感を自宅で再現することが可能です。漆喰は機能的に優れているところがあって、調質性や防火性能、さらには耐久性、防カビ性に優れています。

珪藻土壁紙も無機質壁紙の中では最近注目を集めている素材です。文字通り、珪藻土を紙の上にコーティングした壁紙です。珪藻土とは、大昔の植物プランクトンが堆積してできた土のことです。珪酸といわれるガラス質の一種を主成分にして作られた壁紙になります。

珪藻土壁紙の特徴として、表面に無数の小さな穴のある所に注目です。この穴を使って、湿度の変化に対応してコントロールします。このため、屋内を一定の湿度に調整できます。また脱臭効果もありますので、部屋の気になる臭いを消臭する効果も期待できます。

ただし珪藻土壁紙はビニールクロスと比較すると薄いので、下地の凹凸がはっきり出てしまう場合があります。その際には下地処理を前もって行う必要があるでしょう。

塗り壁のような風合いを簡単に出せる無機質系壁紙

漆器などを紙の吹き付けることで制作する無機質系壁紙の場合、塗り壁のような風合いを出せます。実際の塗り壁と比較すると安価でできるところも魅力です。さすがに本物と比較をすれば若干劣るかもしれませんが、塗り壁特有の触った時のざらざらした感じはしっかり再現できています。

塗り壁の場合、施工に時間がかかるのでリフォーム工事をする場合、どうしても時間がかかります。しかし無機質系壁紙であれば施工も塗り壁と比較すると簡単ですから、工期を短縮できます。その分施工にかかる費用も安く抑えることも可能です。

塗り壁の場合、その仕上がりは職人の腕によってかなり左右されます。ですからもし下手な職人さんに依頼すると、納得できない仕上がりになる恐れもあります。

しかし無機質系壁紙の場合、工場で吹き付けを行っています。機械を使って行っているので、どの壁紙も均一の仕上がりになります。よって無機質系壁紙の場合、一定以上のレベルのものを用いられます。また塗り壁の場合、時間の経過とともにひび割れが目立ってしまう場合もあるでしょう。しかし無機質系壁紙の場合、このようなひび割れが起きるリスクも低く、長年同じような風合いを維持できます。

ただし無機質系壁紙の場合、注意すべきこともあります。それは壁紙を内装に用いる際に継ぎ目が生じます。もしこの継ぎ目が部屋の中でも比較的目に付くところに来ると、残念な仕上がりになりかねません。せっかくの塗り壁っぽい壁紙でも、どうしてもチープな印象になってしまうからです。

最近の傾向として、ナチュラル・リアルな空間を希望する人が増えています。ナチュラルやリアルな感じにこだわるのであれば、無機質系壁紙はおすすめです。自然素材を使っていて、本物に限りなく近い風合いを持っているからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

サンプルだけで選ぶべきではない?失敗しない壁紙の選び方の5つのポイント

色と柄をまずは決めていこう 壁紙を変えることで、部屋の印象はだいぶ変わります。ま …

お金がない!じゃぁまずはクッションフロアで。メリットとデメリットを紹介

「お金をかけたくない。だけど我が家の床はすてきにしたい」 こんなわがままな願いを …

こんな場合は窓設置できない!見落としがちな7つのケース

家の構造は意外と複雑です。ここに窓をつけたいと思っていても専門家からすると絶対に …

失敗しないためのフロアタイル選び。3つの確認事項とは?

「思っていたのとちょっと違うなぁ」 フロアタイルの購入時はコレがいいと思って選ん …

意外と知らないクッションフロアの張替えのタイミング。こんなときに変えると家がとっても長持ち

「まだまだ使える」 こう思って同じ床材を何年、何十年も使っていると、後々大きな問 …

これはやっちゃう…間違った床のシミの落とし方。正しい方法はコレ

せっかく大切にしている家なのに、あるときにふと、床に大きなしみができているのを見 …

クロスのもともとも意味は布!「本家」布クロスを内装材に使ってみる

布クロスは本来おかしい ? 内装工事をする場合、壁紙をどうするかという問題が出て …

子供部屋の内装リフォーム・おすすめ壁紙3つのポイントを紹介

明るめの色の壁紙で 子供部屋のリフォームをするにあたり、壁紙を変更しようと思って …

安価なのに豪華に見えるフロアタイルってなあに?その特徴が5分で分かります

「床材選びどうしよう?家を豪華な感じにしたいけど、そんなに費用もかけたくないし… …

壁紙に傷をつけてしまった…自分で部分的な補修はできるの?

自分で部分補修することも可能 壁紙に引っかかって部分的に破けてしまった、画鋲でポ …