イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

クロスのもともとも意味は布!「本家」布クロスを内装材に使ってみる

   

布クロスは本来おかしい


内装工事をする場合、壁紙をどうするかという問題が出てきます。現在日本の家屋では、90%以上がビニールクロスを用いているとされています。

ビニールクロスの場合、色やデザインのバリエーションが豊富にあります。ですから自分のイメージにマッチするものが見つかりやすいです。また定価も1000円前後で安価で施工できます。

施工業者もメリットがあります。ビニールクロスの場合、施工がしやすいですし、クレームになりにくいといったところが魅力です。リフォームを業者に依頼した場合、ビニールクロスを中心に提案してくれるところが多いはずです。ビニールクロスを業者が推すのには、施工のしやすさなども関係しているのです。

ところでビニールクロスで使われる「クロス」という言葉、どのような意味があるかご存知でしょうか?クロスは「布」を意味しています。

内装材として、本家本元ともいえる布クロスもあります。布クロスと一言で言いますが、その種類は意外と多種多様です。

レーヨンのような木から採取したセルロースを再生した繊維や綿、麻、絹などが原料として用いられています。これらの原料から編み物や織物、不織布などの手法で布を作ります。この布を紙に裏打ちすることで製造します。

クロスにもともと布の意味合いがありますので、本来布クロスという言葉はおかしいかもしれません。布クロスが日本の住宅で使われているシェアは1%にも満たないといわれています。逆に言えば、めったに使われない布クロスを使って内装工事することで、ほかの住宅には見られない質感を与えてくれます

丈夫さが魅力の布クロス

ビニールクロスは安価で内装工事をお願いできるメリットがあります。しかし劣化が比較的早いので、きれいな壁を維持したければ、場合によっては何度も張り替えをしなければならないかもしれません。住宅によって多少違いはありますが、だいたい5~10年も経過すれば交換のタイミングといわれています。

ビニールクロスの劣化が早い理由として、静電気が発生するからが挙げられます。静電気の力で、ほこりなどの汚れを吸い寄せてしまうのです。布クロスの場合、このような静電気は発生しません。このため、ほこりなどが付着しにくく長くきれいな状態で愛用できます。

またビニールクロスの場合、ちょっとひっかけてしまうと破れる恐れがあります。また擦れもできやすい弱点があります。しかし布クロスの場合、多少表面をひっかけた程度であれば破れることはないです。また擦れに対しても強さを持っています。正しくメンテナンスをすれば、長く使い続けることが可能です。

ナチュラルな部屋に演出できる

布素材を使っているので、自然素材にこだわりたい・ナチュラルスタイルのインテリアコーディネートを希望している人にもおすすめです。布クロスを壁紙として用いることで、自然の風合いが空間に広がります。

またビニールのように平面ではなく、立体感があるのも魅力です。しかもその凹凸も自然な感じなので、高級感を演出するのにもってこいのツールといえます。布クロスの場合、自然の繊維を使っているものが多いです。つまりクロスそのものが吸放湿を行うことも可能です。

アレルギー体質の方の場合、可塑剤などの化学物質を使うとアレルギー症状が起きる可能性も考えられます。しかし布クロスの場合、自然材料で内装工事を行いますのでアレルギー体質の方でも安心です。

多機能性の布クロスも登場。

現在販売されている布クロスの中には、いろいろな機能を持ったものが出てきています。例えば自然素材にこだわる人のために、オーガニックコットンだけで作られた布クロスも販売されています。

子供部屋に布クロスを使うのには躊躇する人もいるでしょう。高額ですし、せっかく貼っても子供がいたずらで落書きなどをする可能性もあるからです。しかし布クロスの中には、落書きされてすぐに交換することになっても安価で張り替えることのできるものもあります。

布クロスの場合、キッチンでは使えないと思っている人もいるでしょう。火を扱いますので布クロスにもしもの場合、燃え移ってしまうのではないかという懸念もあるでしょう。しかし最近の布クロスの中には、防火認定されているクロスも出てきているのでキッチンに活用することも可能です。このようにいろいろな機能を持った布クロスが販売されているので、自分の用途にマッチするものがきっと見つかるでしょう。

布クロスを購入するデメリットは?

布クロスの場合、ほかの素材と比較するとどうしても値段がします。また布クロスは伸縮性が高いので、施工で手間取る傾向があります。このため、内装工事にはほかの壁紙素材と比較すると多少時間がかかってしまう恐れもあります。

布クロスはビニールクロスと比較すると、汚れが付着しにくく、長く使えるのがメリットと紹介しました。ただしもし汚れてしまうとメンテナンスが大変というデメリットも一方ではあります。

汚れが付着した場合、ビニールクロスなどのように水拭きをしてきれいにするわけにはいかないからです。もし汚れをきれいにしたければ、消しゴムを使うもしくは粘着テープを使ってペタペタはがしとるような形になります。このような対策ではある程度きれいにできますが、完璧に汚れを落とすことは難しいでしょう。

また布クロスを取り扱っている工務店やハウスメーカーが少ないのもデメリットです。ですから業者探しをするのが地域によっては大変かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

こんな場合は窓設置できない!見落としがちな7つのケース

家の構造は意外と複雑です。ここに窓をつけたいと思っていても専門家からすると絶対に …

キッチンの床選び、重要なのは機能性。おしゃれで掃除が楽な床材とは

キッチンというのは、いつも家事をする場所、できれば楽しい雰囲気にしたいものですよ …

天井のリフォームには湿式工法と乾式方法がある・その違いって何?

湿式工法と乾式工法を理解しよう 天井リフォームを検討しているのであれば、業者にお …

天井を吹き抜けにして見ませんか?想像もしえない変化が起こります

思い切った家の改造の1つにリビングや玄関部の天井をぶち抜いて、吹き抜けにしてしま …

壁紙の張り替えをしようか悩んでいる人のための張り替えタイミング講座

10年前後が目安といわれているけれども… リフォームの中の一つに、壁紙の張り替え …

あまり気にしないから逆に難しい?トイレの壁紙を選ぶにあたっての3つのヒント

トイレのリフォームをしたいけれども… リフォームをするにあたって、普段長時間過ご …

畳の張替え。こんな状態が起こったら張り替えよう

日本伝統の畳。昔の方はよく畳と共に生きてきたので、畳をどのように管理するのか、い …

こんなときにはカーペットの張替えが必要。さもないとこんな怖い結果に…

「そろそろカーペット張り替えたほうがいいですよ」 業者がこのように言われるとほと …

寒い冬場に結露でカビが…そうならないようにするための4つの対策を紹介

今日からでもできる換気 冬場の気温の低い時に、窓や壁などに結露の発生することがあ …

壁の撤去をセルフでやるための3つのポイント

家の壁を取り壊すと、今まで太陽の光が入っていなかった部屋にまで光が差し込み、家の …