イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

日本の家屋で最も普及しているビニールクロス・その特徴は?

   

日本の家屋では広く普及しているクロス
壁紙の素材にはいくつか種類があります。その中でも日本の住宅で最も多く使われているといわれているのが、ビニールクロスです。あるところのデータによると、その普及率は9割以上といわれているほどです。ビニールクロスはビニールシートに紙などを裏打ちしたものです。主原料は塩化ビニール樹脂などを使っている場合が多いです。

ビニールの場合、細工処理のバリエーションが豊富です。ですからビニールクロスの種類の充実しているところが魅力です。シンプルなプリントのものもあれば、凹凸表面のエンボスなども出ています。最近ではプラスアルファの機能の付いた壁紙も販売されています。消臭効果や抗菌作用、防汚性に優れた壁紙も出ています。

ビニールクロスがこれだけ豊富なバリエーションで販売できるのは、塩化ビニール樹脂を使っているところが大きいです。プリントや発泡などの加工がやりやすいので、多種多様なデザインや柄の壁紙を開発できるわけです。

ビニールクロスといわれると、安っぽいのではないかと思う人もいるかもしれません。しかし最近ではチープな印象を感じさせないものもあります。例えば天然素材のテイストを感じさせるような壁紙もあって、一見するとビニールクロスとは思えないような風合いのものも出ています。メーカーのカタログを見れば実感されるでしょうが、重厚感のある壁紙も見られます。

ビニールクロスを導入することのメリットは?

ビニールクロスの導入メリットとして大きいのは、先ほども見たように商品のバリエーションの豊富さです。壁紙を使うにあたって、どうしても譲れないこだわりがある人もいるでしょう。ビニールクロスの場合、多種多様な壁紙が出ているので自分のイメージにぴったりマッチするものが見つかりやすいです。

機能性に優れたビニールクロスが出ているのも特色の一つでしょう。ビニールといわれると、燃えやすく火事に弱いのではないかというイメージを抱く人もいるでしょう。しかし販売されているビニールクロスの中には、難燃処理されたものも少なくありません。いざというときのための防火性をアップすることも可能です。

また水回りなど、ちょっと油断しているとすぐにカビの生えてきてしまうスペースに貼る壁紙で悩んでいる場合もビニールクロスは有力な選択肢になりえます。ビニールクロスの中には、防カビ剤の転嫁されている商品もあるからです。

もともとビニールクロスは、メンテナンス性に優れている性質があります。表面に汚れが付着しても、水拭きなどでさっと取り除くことができます。こまめにこのようなお手入れをしていれば、長期間貼り換えたばかりのころとそん色ない美しさを維持できます。

内装のリフォームをするにあたって、できることならあまり費用をかけずに行いたいと希望している世帯もあるでしょう。その場合には、ビニールクロスはおすすめの壁紙といえます。ほかの壁紙の種類と比較すると、施工のしやすいクロスといわれているためです。その結果、施工費用を抑えられ、リフォーム料金を安くできる可能性が高まります。リーズナブルに納得の内装リフォームをしたければ、ビニールクロスは有力な選択肢になりえます。

ビニールクロスの注意点はどこに?

ビニールクロスは上で紹介したようなメリットのある半面、デメリットのある点も留意して選びましょう。前にも紹介したようにビニールクロスはいろいろな種類のものが販売されていて、加工技術も向上しています。ですから一見するとビニールクロスとは思えないような壁紙が出てきています。

ただし実際にクロスを触ってみると、ビニールの感じはどうしても払拭できません。合成製品ならではの感じが出てくるので、素材感にこだわって壁紙探しをしている人にとっては十分な満足感は得られないかもしれません。

メンテナンスに優れたビニールクロスですが、経年劣化はどうしても起きてしまいます。長年使っていると、例えば壁紙がはがれるなどの不具合の生じる可能性があります。しかもビニールクロスの場合、部分的に補修をするのが困難といわれています。このため、補修をするのであれば全面的な補修が必要になるでしょう。

耐久性に優れていないビニールクロスでリフォームをすると、1回当たりの施工費は安くなるかもしれません。ところが何度も補修をしなければならなくなる恐れもあり、長期的なトータルコストでみるとむしろ割高になる可能性も出てきます。

ビニールクロスの場合ネックになるのが、化学物質を含んでいる点です。このため、アレルギー体質の人が長期間いる部屋に使うと健康面で悪影響の出る可能性があります。

また同じく健康面の懸念で、子供部屋に使うのには躊躇する人も出てくるでしょう。さらにこの化学物質の影響で、独特のにおいがしてこれが嫌という人もいるはずです。

しかし最後の化学物質に関する問題は、改善を進めているメーカーもあります。例えば塩化ビニールの使用量を低減している、壁紙を貼り付ける際にでんぷんのりを使うことで環境や健康面に配慮した壁紙も出てきています。もし健康面に関する影響を懸念しているのであれば、どのようなケアをしているか一度確認してみるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

寝室の壁紙をリフォーム・選ぶときの3つのポイントを紹介

人生の1/3を過ごすところ 人間はその人生の1/3を睡眠に費やしているといわれて …

あまり気にしないから逆に難しい?トイレの壁紙を選ぶにあたっての3つのヒント

トイレのリフォームをしたいけれども… リフォームをするにあたって、普段長時間過ご …

フローリング選びで失敗しないために…画期的!この優先順位で考えれば後悔しない

フローリングにはいろいろあるので迷っちゃう。複合フローリングと無垢フローリング、 …

風呂場をリフォームして壁紙を変えたい!押さえるべきポイントを3つ紹介

風呂場の壁紙選びは機能性重視 風呂場をリフォームするにあたって、今までと異なる壁 …

天井が歪んで変形している…原因の候補と対策の方法について公開

天井に歪みが…その原因とは? 天井は本来フラットな状態であるはずです。しかし中に …

フローリングの種類ランキング!みんなこんな理由で素材の木を選んでる

フローリングと言えどもいろいろあります。家を建てるときや改装するときに、フローリ …

空間によってマッチする壁紙は違ってくる・機能をチェックしよう

汚れを防止する壁紙 壁紙を選ぶにあたって、いつまでもきれいな状態を維持できるもの …

壁の撤去をセルフでやるための3つのポイント

家の壁を取り壊すと、今まで太陽の光が入っていなかった部屋にまで光が差し込み、家の …

天井に変化はある?張り替えのタイミングはいつ頃?

天井リフォームのタイミングは築10~20年 リフォームという言葉がメディアで広く …

こんなときにはカーペットの張替えが必要。さもないとこんな怖い結果に…

「そろそろカーペット張り替えたほうがいいですよ」 業者がこのように言われるとほと …