イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

マンションのゴキブリ対策方法とおすすめ商品やサービスまとめ

   

マンションで暮らしていて、ふと床に目をやると黒い物体がササっと動いていく影が見えた、このような経験のある方はきっと多いはずです。

そうです、ゴキブリ出現です。ゴキブリは別に自分に直接害毒をもたらすことは少ないですが、やはり見ると気持ち悪いという人が多いはずです。ゴキブリを撃退したい、けれども怖くて手が出せない、いくら駆除しても次から次へと出てくるので何とかしたいと思っていませんか?

ゴキブリの撃退方法は自分自身でもいろいろとあります。またゴキブリの駆除グッズもいろいろと出ていますので、こちらを駆使してみるのもいいでしょう。

ゴキブリの原因

ゴキブリ対策をするためには、まずなぜ部屋の中に侵入してくるのか、その原因を特定することです。原因が分かれば、その要因をつぶせばいいからです。ゴキブリが部屋の中で発生する原因は、主に2つの候補が考えられます。

まずは当たり前のことですが、ゴキブリは外から侵入してきます。そして部屋の中に侵入してきたゴキブリが卵を産むことで、新しいゴキブリが出現します。この2つの要因でゴキブリが増殖するのです。

ということは、まず何よりも重要なことはゴキブリの侵入を許さないことです。ゴキブリは開いている窓や扉から侵入してきますし、ちょっとした隙間からでもすり抜けることが可能です。そこで自分の部屋を確認してみましょう。隙間や穴が開いていれば、そこをふさいでゴキブリが侵入してこないように対策するのが基本的な撃退法です。

自分でできる!ゴキブリを家に入れないための場所別対策法

部屋の中でゴキブリを増やさないようにするためには上で紹介したように、そもそも部屋の中に入れないことが重要です。では具体的にゴキブリを入れない方法についてみていきましょう。ゴキブリは部屋のいろいろなところから侵入可能で、場所によって具体的な対策法も少し違ってきます。

1. 玄関

 

ゴキブリは外部とつながっているところであれば、どこでも侵入することは可能です。人の出入りのある玄関ももちろん侵入リスクがあります。玄関からの侵入を防ぐためには、とにかくドアの開いている時間を短くすることです。出入りしたら、すぐにドアを閉めるように心がけましょう。

しかし中には風を通すためなどで、ドアを一定時間開けっ放しにしなければならないケースもあるでしょう。その場合には玄関用の網戸が販売されているので、こちらを設置するといいです。そのほかにはゴキブリが嫌がるようなホウ酸団子を玄関の前に置いておくなどの対策を講じましょう。

2. 排水溝・排水管

 

排水溝や排水管も外部とつながっているので、ゴキブリの侵入経路になりえます。排水溝の場合、ゴキブリが通れないようにふさいでしまいましょう。

排水管の場合、こまめに水の貯まるトラップという場所の点検をしましょう。トラップに水が十分ないと、ゴキブリが侵入する危険性が高まります。特に旅行や出張などで長期間自宅を空けるとトラップの水がなくなりやすいです。

排水管からのゴキブリ侵入対策として、ゴミ受けを用意するのも有効です。

3. ベランダ

 

低層階のマンションの場合、ベランダからゴキブリが侵入してくる可能性も考えられます。ベランダ対策の場合、ゴキブリの嫌うにおいを撒く、ホウ酸団子のような毒えさを置いて入ってこられないようにすることです。

ベランダの場合、自分に落ち度がなくても隣人の部屋からゴキブリがやってくる危険性があります。また中にはベランダでガーデニングをしている人もいるでしょう。この場合、肥料がゴキブリの餌になりうるので封をきちんと行いましょう。

そのほかにプランターの底の部分のスペースが住処になる恐れがありますから、隙間のないものを使用する、もしくは隙間をふさいでおきましょう。

4. マンション共用部

 

廊下などの共用スペースでゴキブリが出現する場合もあります。この場合問題なのは、自分でゴキブリ撃退対策ができない点です。今まで紹介した部分は部屋の中なので、自分で自由に対策できます。

しかし共用スペースは自分の専有部分ではないので、勝手なことはできません。賃貸・分譲関係なくそうです。

もし共用スペースからどうもゴキブリが侵入しているのであれば、大家さんやマンションの管理会社に相談することです。必要と判断すれば、大家さんや管理会社などが何かしらの対策を講じてくれるはずです。

家の周りの対策

 

ベランダのところで紹介したように、自分でいくら注意していてもお隣さんがゴミ袋を放置している、枯れた観葉植物をそのままにしてゴキブリが繁殖しているとこちらにも侵入してくる可能性があります。そこでもし隣人がだらしなくしているようであれば、ゴキブリ撃退用の薬剤を定期的に家の周りに撒いておきましょう。

ただし薬剤を巻くときには、周りに人がいないことを十分確認しましょう。通りがかった住人などが不快に思うかもしれないからです。

完全にゴキブリを退治したい方におすすめのサービス

上で紹介したように、自分でゴキブリを撃退する方法はあります。

しかしいくら対策してもゴキブリが次から次へと部屋の中に出現する人はいませんか?対策したいけれども仕事で忙しくて時間が取れないという人もいるでしょう。その場合、ゴキブリ撃退サービスを行っているところにお願いする方法もあります。プロが徹底的に駆除してくれるので、いつゴキブリが出るかこれから心配することもないでしょう。

ダスキン

掃除用品や掃除サービスを提供しているダスキンでは、ゴキブリの駆除サービスも実施しています。ベイト剤と呼ばれるゴキブリ撃退に有効な薬剤を使用しています。従来液剤を散布する方法をとっている業者が多いです。

一方ダスキンでは、少量を限られた場所に設置しますので短時間の作業で対策できますし、キッチンに設置する場合でも食器などの移動をする手間も省けます。臭いもありませんし、人体への安全性も確認されているので小さなお子さんのいる家庭でも安心して使用できます。

>> ダスキンのゴキブリ駆除サービスはこちら

害虫駆除専門【ムシプロテック】

ムシプロテックはゴキブリをはじめとする家庭内で発生した害虫の駆除を専門的に行っている業者です。ムシプロテックに相談すると、専門家がどこから侵入・繁殖しているかを調査して撃退してくれます。

目に見える被害から天井裏や床下などの目に見えない場所まで徹底的にチェックして駆除しています。24時間・年中無休で受け付けていますし、事前に見積もりを出してくれるので安心して依頼できるでしょう。

>> ムシプロテックのゴキブリ駆除サービスはこちら

手軽にゴキブリ退治したい方のためのおすすめ商品10選

ドラッグストアやホームセンターに行くと、ゴキブリの駆除できるアイテムがいろいろと販売されています。こちらを購入して、定期的に使用すれば、部屋の中でゴキブリに出会うリスクも低減できます。ゴキブリ撃退グッズの中でも人気の高いおすすめ商品を以下で10個紹介します。

1 バルサン

 

出典:amazon.co.jp

ゴキブリの駆除商品としてバルサンをイメージする人は多いでしょう。ロングセラーの商品で、いまだに愛用者がたくさんいます。煙を噴霧することで部屋の中の大量のゴキブリを一斉に駆除する効果が期待できます。いくら撃退しても次から次へとゴキブリが出現する場合には、バルサンで対策するのが効果的です。

バルサンを使用する場合には、窓や換気口など煙の逃げるところを締めきって、戸棚や引き出し、押し入れなどを開放してゴキブリの隠れる場所をつぶしておくことが大事です。安全性の高い成分を使用しているので、赤ちゃんのいる家庭でも安心して使用できます。

2 ゴキブリがいなくなるスプレー

 

出典:amazon.co.jp

金鳥から発売されているゴキブリがいなくなるスプレーは、スプレータイプの駆除アイテムです。ピレスロイドが主成分で、即効性に優れています。薬剤の種類によっては使い続けることで耐性のあるゴキブリが生まれることもあります。

しかしこのピレスロイドの場合、耐性を持ったゴキブリが出にくいところもおすすめポイントです。ゴキブリを殺すだけでなく、スプレーをかけた場所に近づきたがらないので家の周囲に吹きかけることで侵入予防もできます。

3 アース製薬ブラックキャップ

 

出典:amazon.co.jp

ゴキブリ撃退グッズはいろいろとありますが、その中でも効果を最優先するのであればブラックキャップがおすすめです。ブラックキャップの有効成分はフィプロニルです。

フィプロニルは神経系にダメージを与える効果があり、毒えさを食べたゴキブリはもちろんのこと、そのゴキブリが子持ちであればその卵までも死滅できます。加えて、性ホルモンも含まれる糞にもこの成分が含まれているので巣に戻ったゴキブリだけでなく、巣で暮らしているほかもすべて死滅させるだけの効果を有しています。即効性にも優れているので、効果重視の人はブラックキャップを購入するといいです。

4 ゴキファイタープロ

 

出典:amazon.co.jp

フマキラーから発売されているゴキファイタープロは、1年間効果が持続するといわれています。その理由として、3段階で効果が期待できるからです。餌を食べたゴキブリだけでなく、その糞を食べたほかのゴキブリ、プラスその糞をさらに食べたゴキブリまで連鎖効果が持続するといいます。

このため、巣ごとすべてのゴキブリを死滅させることも十分可能です。メスの場合、卵にも効果が期待できます。つまり将来生まれてくるゴキブリも根こそぎ駆除できるわけです。

5 ゴキジェットプロ

 

出典:amazon.co.jp

アース製薬から発売されているスプレータイプのゴキジェットプロは、即効性に優れています。イミプロトリンという有効成分が含まれています。こちらはゴキブリの動きをたちどころに止めてしまいます。

ゴキブリは動きが素早いので、退治するのに苦労している人も多いでしょう。しかしゴキジェットプロであれば、秒殺できるのでお勧めです。しかもノズルもついているので、狭い隙間に逃げ込んだゴキブリもしっかり駆除できます。

6 ゴキブリスプレー超凍止ジェット

 

出典:amazon.co.jp

ゴキブリ退治のために殺虫剤を使いたい、でもキッチンやダイニングの場合薬剤が食べ物や食器に付着するのには抵抗があるという人はいませんか?そのような人におすすめなのが、フマキラーのゴキブリスプレー超凍止ジェットです。

ゴキブリスプレー超凍止ジェットには殺虫剤成分が一切含まれていないので、食べ物を取り扱う場所でも安心して使用できます。スプレーを噴射すると-85度に一気に冷却します。この冷却効果によってゴキブリを凍らせて素早い動きを封じてしまいます。ゴキブリを処理した後の壁や床も冷却されるので、除菌効果も期待できます。

7 ごきぶりホイホイ

 

出典:amazon.co.jp

ゴキブリの駆除アイテムとして、ごきぶりホイホイを連想する人も多いかもしれません。1973年に販売開始されましたから、実に40年以上のロングセラー商品となりました。子供のころ、実家で使っていたという人も多いでしょう。

ごきぶりホイホイの中に餌を取り付けて、ゴキブリをおびき寄せます。すると下は粘着シートになっているので、身動きが取れなくなります。そしてそのうち死滅してしまうというグッズです。小屋のようになっているので、そのままごみとして処分でき、ゴキブリを触らなくて済むため、害虫の苦手な人でも気軽に利用できます。

8 コンバット ゴキブリ殺虫剤 屋外用

 

出典:amazon.co.jp

コンバット ゴキブリ殺虫剤 屋外用は商品名の通り、外で使用するゴキブリ対策グッズです。中に毒えさが入っていて、それを食べたゴキブリだけでなく、そのゴキブリの糞を食べた仲間のゴキブリにも効果があるので巣ごと撃退することも可能です。

スリムでコンパクトサイズに作られているので、いろいろなところに設置できます。玄関やベランダはもちろんのこと、窓際や室外機にも手軽に設置できます。ゴキブリを屋内に入れないことが対策の基本で、コンバット ゴキブリ殺虫剤 屋外用はゴキブリ予防のためにうってつけのアイテムです。

9 コンバットハンターゴキブリ殺虫剤

 

出典:amazon.co.jp

毒えさを部屋の中に設置しているけれども、なかなかゴキブリが食いついてくれないという人におすすめなのがコンバットハンターゴキブリ殺虫剤です。コンバットハンターゴキブリ殺虫剤にはえさに酵母が配合されています。このため、従来と比較するとゴキブリの食いつきが20%程度アップしたといいます。また誘引範囲も従来品の約2倍なので、少ない設置数でも高い効果が期待できます。ゴキブリの中には薬剤に対する抵抗力を持っている個体もあります。

しかしこのような耐性のあるゴキブリに対してもしっかり効果を発揮します。

10 自家製のホウ酸団子や重曹

 

出典:amazon.co.jp

ゴキブリにホウ酸団子が効果的という話を耳にしたことはないですか?まだはっきりしたメカニズムはわかっていませんがホウ酸団子を食べると脱水症状を起こし、乾燥死します。ホウ酸団子は市販されていますが、自分で作ることも可能です。

玉ねぎ小1玉準備して、すりおろしていきます。そこにホウ酸200g・小麦粉100g・牛乳少量・大さじ1杯の砂糖を投入します。ここに水を適宜足しながらこねていきます。耳たぶくらいの硬さになったら、直径2~3cm程度の大きさの団子状に丸め、それをつぶします。だいたい先の量で30個程度のホウ酸団子を作れるでしょう。

この団子を1週間程度天日干ししたら出来上がりです。

ゴキブリには重曹も効果的です。ゴキブリが重曹を食べると、私たちが炭酸水を飲んだような状態になります。私たちは体内に炭酸ガスが溜まるとゲップをして外に吐き出します。

しかしゴキブリがゲップができないので、内臓破裂やほかのものが食べられなくなって死んでしまうのです。重曹だけをゴキブリのよく出るところに設置してもいいですし、砂糖と1:1の割合で混ぜておびき寄せる方法も有効です。

いらなくなったストッキングを使う

女性の一人暮らし、家族連れの方でゴキブリ退治に有効なアイテムとして、ストッキングがあります。排水溝やエアコンの排水ホースなどゴキブリの侵入しそうなところに、使わなくなったストッキングを装着するのです。こうすれば、ストッキングに引っかかってゴキブリが外部から侵入しにくくなります。

特に排水口のところにストッキングをかぶせる方法はお勧めです。こうすれば、髪の毛などもストッキングが受け止める形になるからです。髪の毛が排水溝で詰まりを起こすのを防いでくれます。定期的にストッキングを交換して、引っかかっている髪の毛ごとゴミとして処分できます。

まとめ

ゴキブリは見た目がグロテスクですし、素早く動き回るので部屋の中で見かけると不快・怖いとと感じる人も多いでしょう。ゴキブリを部屋の中で見かけないようにするためには、とにかく部屋の中に入れないようにすることが大事です。窓や扉はこまめに閉めるようにする、隙間があればふさいでおくなどの対策を講じましょう。

このような対策をきちんと行っていても、完璧にゴキブリの侵入を防ぐことは難しいです。もし入ってきてしまったのであれば、駆除グッズを駆使して退治することです。

上で紹介したように、最近では殺虫剤や毒えさを実際に食らったゴキブリだけでなく、その仲間も一網打尽にできるようなアイテムも出てきています。いくつかのグッズを使って、徹底してゴキブリを死滅させることも大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

マンションコンシェルジュとは?バイト求人と仕事内容、管理人との違い

求人情報を見てみると、正社員・アルバイトともに「マンションコンシェルジュの募集」 …

マンション管理士の資格は将来的にニーズが高まるから取っておいて損はない?

日本全国にはマンションが多数建設されています。自宅の周辺にマンションのある人がほ …