イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

ネットで手軽にカギが作れる新しい形のカギ屋

   

私が住む住宅街は、小さな子があまりいないため、年中ひっそりとしています。昔は、登下校の際に道を歩く子どもで賑やかだったのに、今では時々通勤のために人がたまに通る程度になってしまいました。治安の面から言うと、一般的に近所の目が多くあるほうが安全だと言われています。「どこの人ですか?」と聞かれれば、普通は悪いことはできませんものね。

また、ご近所との関りが深い地域も空き巣などが少ないようです。知らない人がうろうろしていると、その地域に住んでいる人ではないことがすぐわかるからです。このように、人の目はセキュリティーに一役買っているのです。しかし、状況の変化により、ご近所付合いがあまりなくなることがあります。

それで地域の目が減ってくると気になってくるのが、わが家のセキュリティーですよね。最近では、周りの環境の変化ゆえに、より性能の高いカギに換える人もいます。最近よく出回っている性能の高いカギに、ディンプルキーというのがあります。昔、ピッキングという方法でカギを開けるという空き巣が多くありましたが、このピッキング対策のために使われるようになったのが、ディンプルキーです。

昔よく見られたギザギザの形ではなく、ポツポツと表面に穴が空いています。「ディンプル」とは、もともと英語で「えくぼ」や「くぼみ」という意味があります。こうしたディンプルキーを使うならセキュリティー強化になるのです。これまでのカギにより、高い精度でできているからです。

そこで問題になるのが、スペアキーの作製をどこに注文するかということです。昔はどこのカギ屋さんでも、スペアキーが作れていましたよね。しかし、今では精度が高いカギであればあるほど、作るのが難しくなっています。スペアキーを作れたとしてもカギ屋さんの腕が良くなければ、スムーズにカギが開かなかったりします。シリンダー部分に傷がついてしまうこともあります。また、ディンプルキーの種類によっては、スペアキーを作製するのが難しいものもあります。カギが複雑化しているからです。

また、メーカーが特許を持っていることもあります。この場合は、町のカギ屋さんでは作れません。それで、カギ屋さんがメーカーに発注することになります。例えば、日本でよく使われている「美和ロック」というメーカーの カギ、MIWA(PS、PR)は、「美和ロック」が特許を持っています。それで、カギの上部に記載されているアルファベット、数字で、注文することになります。

では、どこのカギ屋さんに頼めば、確実により早くカギを作製することができるのでしょうか。

「俺の合鍵」なら確実で早い

複雑化するカギに対応するため、カギ業者も日々進化しています。そこで、確実で、しかも迅速に対応してくれるカギ業者をご紹介したいと思います。それは、「俺の合鍵」というカギ業者です。

俺の合鍵」では、他のカギ業者と同様、玄関のカギ、自動車やバイクのカギを作製することができます。さらに、「俺の合鍵」の最大の特徴は、ネットで簡単に純正のカギを作製することができるという点です。

「え?実物が無くてどうやってネットで注文するの?」と思うかもしれませんね。先ほど述べたように、メーカーが特許を持っているカギの場合、カギ業者を通しても、結局はカギ業者がメーカーに発注することになります。

実は発注する時に必要になるのは、カギ本体ではありません。必要なのは、純正のカギの上部に書かれているアルファベット番号です。ですから、ホームページの申込フォームからの注文だけでなく、写メで撮ったカギの写真でも新カギを作ることができるのです。しかも送料は無料ですので、安心ですよね。

「俺の合鍵」では、二つのこだわりがあります。一つ目は、カギの品質です。二つ目は、納品のスピードです。

一つ目のカギの品質が良い理由として、メーカーの純正品を取り扱っているという点があげられます。カギが複雑化しているため、街のカギ屋さんで作られるスペアキーは、精度が十分ではありません。スペアキーは、純正のカギを模倣して作製するので、どうしても誤差が多少でてきてしまうのです。それで、そのまま使い続けると、開けにくいだけでなく、シリンダー内を傷つけたりする恐れがあります。また、カギが折れてしまうこともあります。

そこで、「俺の合鍵」では、メーカーによって作成される純正のカギにこだわっています。純正のカギなら、スムーズに開けることができるからです。また、純正のカギには、普通のスペアキーにはないメーカーの名前やカギの番号が刻印されます。そうするなら、また必要な時にも、簡単に刻印されている番号から純正のカギを作ることが可能になります。純正のカギでない、スペアキーからスペアキーを作ることは非常に難しいので、常に純正のカギを持っているに越したことはありませんよね。

次に二つ目にあげられる特徴として、納品のスピードがあげられます。普通、純正のカギを作る場合、2~4週間ほどかかります。しかし「俺の合鍵」では、最短5日でカギの作製してくれます。これは業界トップのスピードです。

なぜこんなに早くできるかというと、カギを作製してから、余計なルートを通さず直接、注文した人のもとに商品が届くようにしているからです。具体的には、ドロップシッピングというシステムを業界初に導入しているため、メーカーから直送されます。「俺の合鍵」のスタッフであっても、商品に触れることなく、注文者に届けられます。そのため、セキュリティーを確保し、短い納期が実現できるのです。その上、配送料は無料なのもうれしいですよね。

しかし、まだまだ慣れないネットだけのやり取りで、何だか不安という人もいるかもしれませんね。しかし、「俺の合鍵」では、90日間の完全保証があるので安心して利用できます。注文したカギが、破損している、正常に使えないといった場合、商品を受け取ったその日から90日以内に連絡すると、しっかりサポートしてくれます。納品書と保証書、そして破損している、または使えないカギを送り返すと、代金と送料無料で再作製してくれます。

>>>俺の合鍵の公式サイトはコチラ!

「俺の合鍵」の詳細

「俺の合鍵」では、どんなサービスプランがあるのでしょうか。値段はどれくらいかかるのでしょうか。まず、どんなメーカーのカギが多くみられるのでしょう。

「俺の合鍵」で最も注文の多いカギは「美和ロック」のカギです。「美和ロック」とは、創業70年を超え、約60%のシェア率を占める国内トップのカギのメーカーです。「俺の合鍵」では、「美和ロック」サービス代行の承認を得てサービスを展開しています。特に需要が高いカギの種類が、メーカーに発注する必要のあるPR、PSなどです。

そして次に多いカギのメーカーは、「ゴール」というメーカーです。日本で初めてのシリンダー錠、円筒錠、また電気錠を開発した大手メーカーです。大阪に本社があるため、西日本でよく使われているカギのメーカーです。「俺の合鍵」では、ディンプルタイプのカギの種類である、V18やD9などから、ピンシリンダーまで多くの「ゴール」のカギを作製することができます。

また次に多いのが、「リクシル」というメーカーのカギです。一戸建ての玄関ドアに使われるシリンダーのシェアが国内で第一位のメーカーです。2011年「トステム」から 、「リクシル」という名前に変更しました。「リクシル」のカギは、一戸建ての玄関ドアのカギに多く使われています。中には昔の呼び名の、「トステム」と書かれていることもあります。「俺の合鍵」では、このメーカーのカギの注文も毎日のように受注しています。

とはいえ、玄関のドアが「トステム」や「リクシル」でも、カギ自体は「美和ロック」や「ゴール」または「ユーシン・ショウワ」などのメーカーのカギが使われています。例えば、「リクシル」のWXキーなどは「ユーシン・ショウワ」が製造しています。ちなみに、「ユーシン・ショウワ」もカギのメーカーで、ドアロックやセキュリティシステム機器を取り扱っています。「ユーシン・ショウワ」のXキーは代表的なカギの種類です。

このように、「俺の合鍵」では、「リクシル」や「ユーシン・ショウワ」なども多く受注しています。また、複製が最も難しいとされているカギの会社のうちの一つ、スイスの「カバスターネオ」という会社のカギも取り扱っています。「カバスターネオ」のオーナーは登録制で「日本カバ社」でしか純正のキーを複製することはできません。カギの販売も、厳しい審査を通った「Kabaクラブ」を通じてしか行うことができないのです。しかし、「俺の合鍵」では、「Kabaクラブ」に加盟しているので、取り扱うことができます。

また、今注目なのが「マルチロック」というメーカーのカギです。「マルチロック」はイスラエルのカギ会社で、ピッキング対策は世界レベルといわれています。Wディンプル式で、開錠が専用の工具や、ドリルなどでも開けることが非常に困難といわれています。また、普通のカギにはカギ番号が刻印されていますが、「マルチロック」のカギは、カギ自体にはカギ番号が記載されておらず、セキュリティーカードにカギ番号が記載されています。

スペアキーを作る時は、セキュリティーカードと、身分証明書が必要になります。そのため、カギを人に見られて、カギを作製されてしまうということ避けることができます。また、その他にも、様々なメーカーのカギを取り扱っていますので、安心して利用することができます。

では、料金はどのように設定されているのでしょうか。ピンシリンダーなど、比較的簡単に作成できるカギは、2,350円(消費税込2,538円)となっています。また、ディンプルキーや少し複雑なカギになると、4,850円(消費税込5,238円)になります。少し高い気がするかもしれませんね。しかし、ディンプルキーなど精度の高いカギは、どこのカギ屋さんで作る場合も、3,000~5,000円が相場となっています。

>>>鍵のメーカーや値段についてもっと詳しく知りたい方はコチラ!

注文から商品が届くまでの流れ

では、「俺の合鍵」で利用した場合、注文から商品が届くまでの流れはどうなっているのでしょうか。注文方法には、三つの方法があります。一つ目に、カギの写真での注文です。二つ目に、ホームページの中にあるカートを使って注文することです。そして三つ目に、FAXでの注文があります。

一つ目の写真を使っての注文の場合は、注文したいカギをスマホなどで撮影します。必要なのは二枚の写真です。一枚目は、画面いっぱいにカギ全体をはっきり写している写真です。二枚目は、キーナンバーの記載してある場所を、大きくはっきりと写した写真です。ノンタッチキーの場合は、それらに加え、カラーチップを写した写真が必要になります。

こうしたカギの写真を送信フォームから「俺の合鍵」に送ればよいのです。作成可能のカギの場合、「俺の合鍵」から注文者に見積もりと、大体の納期が送られます。また申込フォームへつながるURLも送られてきますので、この申込フォームに、注文者の名前や届け先を入力します。また、作製したいカギの種類や支払方法、そして受け取り方法を確認します。

支払方法は五つの中から選ぶことができます。クレジットカードでの決済や、前払いでのコンビニ支払い、楽天でのID決済、そしてAmazon決済などです。取引にちょっと不安という人は、カギの到着の時に支払う代金引換を利用することもできます。

ちなみに、カギ作製ができない場合は、メールでの連絡があります。カギの写真もすぐ削除してもらえるので安心です。このように、申込フォームを送って、注文が完了します。後日、申込フォームで指定した所に配送されるのを待つのみです。

次に、二つ目の注文方法としてあげられるのが、ホームページの中にあるカートを使って注文することです。注文したいメーカーのカギの写真を探します。トップページには、代表的なカギの形の写真がずらっと並んでいます。その中からカギの種類を選ぶことができます。

また、メーカー名で探すこともできます。メーカー名をクリックし、カギの種類を絞り込んでいくことができます。注文したいカギを見つけたら、フォームから注文するというアイコンをクリックします。カギ番号を入力し、注文したいカギの数を指定します。最後に、カートに入れるという所をクリックし、注文者の名前や、届け先、カギ番号などを入力します。最後に注文ボタンをクリックすれば完成です。

三つ目の発注方法はFAXです。二つ目のカートを使って注文する時と同じように、カギのメーカー、カギの種類を選んでいきます。そして注文したいカギの種類を選んだら、FAXで注文するというアイコンをクリックします。FAX注文専用のフォームをプリントし、必要事項を記入します。注文日や注文者の名前、届け先、カギ番号などです。最後はFAX送信をして完成です。商品が届いてから、運送会社に金額を支払うことになります。

>>>鍵の注文はコチラから!

「俺の合鍵」のメリットとデメリット

ネットでカギを作るというのは、まだまだなじみのない人も多いでしょう。しかし、「俺の合鍵」で注文するメリットはたくさんあります。まず一つ目に、手軽にカギを作ることができる点です。そして二つ目に、確実に使えるカギを受け取ることができます。

一つ目のメリットは手軽さです。「俺の合鍵」では、全国無料で配送してくれます。家から一歩も出ずに、もしくは出先で簡単に注文ができるのです。いつでもどこでも注文することができるので時間の節約になりますよね。

これまでだと、複雑なカギをカギ屋さんに持ち込むと、メーカー取り寄せのカギ扱いになり、お店にカギが届くまで二週間くらいはかかります。それで、注文したお店からの商品到着の連絡を待ち、もう一度お店に取りに行く必要がありました。しかし「俺の合鍵」では、ネットでの申し込みのため、カギ屋さんに行く必要はありません。家で配送されるのを待つだけで、その他の面倒なことは一切ないのです。

特に最近は、複雑で、精度の高いカギが多く出てきています。ディンプルキーの中には、普通のカギ屋さんでは作れないものもあります。そうなると、わざわざカギ屋さんに行っても、カギ作製の注文すらできないこともあります。最終的に、メーカー取り寄せでしか作製できないということが分かるかもしれません。このような面倒な手間を考えると、最初から「俺の合鍵」に注文する方がよかったということになるのです。

また、「俺の合鍵」では、純正のカギを取った写真を送るだけで注文ができるので、万が一カギが一本もなくなってしまったという場合でもスマホなどにカギの写真をあらかじめ保存しておけば、カギを作ることができるのです。

そして、二つ目のメリットとしては、確実に必ず使えるカギが届くということです。これはどういうことでしょうか。「俺の合鍵」では、純正のカギを注文するので、確実に新しいカギがスムーズに使えます。実はカギ屋さんで作製するカギの中には、使いづらかったり、使えなかったりすることがあるのです。使いづらいカギをいつまでも使っているとシリンダー内が傷ついたりして、カギ本体をダメにしてしまうこともあります。ですから、純正のカギをメーカーから取り寄せる「俺の合鍵」では、100%使えるカギが届くので、安心して利用することができます。このように、「俺の合鍵」で注文するなら、手軽に確実に純正のカギを手にすることができます。

では、デメリットはないのでしょうか。もちろん気をつけなければならないこともあります。一つ目は、本来カギ屋さんで安く作れるカギが高くなることです。二つ目は、カギの写真が流出する可能性があるということです。

一つ目のデメリット、カギ屋さんで安く作れるカギが高くなってしまうというというのはどういうことでしょうか。普通のスペアキーをカギ屋さんで作ってもらう場合、簡単な形のカギは、5分から15分ほどで、500円から1,000円ほどで作ることができます。しかし、「俺の合鍵」では、最短でも5日かかりますし、純正キーの作製になるので、安くても2,000円以上することになります。それで、簡単なギザギザしたタイプのカギの場合は、カギ屋さんのお店で、スペアキーを作るほうが経済的で時間の節約になるかもしれません。

二つ目のデメリットとしてあげられるのが、情報が流出する可能性です。カギ番号を写した写真をメールで送る時に、保存した写真が間違って違うところに送られることがあるかもしれません。またあまりよく考えずに、SNSなどでカギの写真を載せてしまうと、赤の他人が同じカギを簡単に作れてしまうことになります。

安易にカギの写真を他の人に送るのは、銀行口座の暗証番号を知らせているのと同じようなものです。

これは実際に起きた事件ですが、インターネットで作ったカギを使用して男が赤の他人の住居に侵入したということがありました。男は、20歳の女子大学生が住んでいたマンションの部屋のカギを所持していたので、自由に出入りができたというのです。どうしてカギを所持していたかというと、カギに刻印されているカギ番号を記憶し、新たにカギを作製していたのです。男は、住居侵入の容疑で逮捕されました。男は、同様の手口で、他の家のカギを複数有していたのです。

こうした例からわかるように、カギに刻印されたカギ番号だけでインターネットで手軽に注文できてしまうのです。カギ番号は、カギの種類や形、またあなたの家で使うカギそのものを表しているのです。ですから、他人にカギを見せないように、また見られないようにする必要があります。見られないように、キーカバーやキーキャップなどを付け、カギ番号を隠すことができます。また、カギの所有者だけがスペアキーを注文できる所有者登録システムなどを利用することもできるでしょう。そうすれば、不正にスペアキーを作られて被害に遭うことはないでしょう。カギの写真はしっかり保管しておきましょう。

また、さらに注意すべき点として、個人情報が流出する可能性があるということです。インターネットを介してカギを作製するわけですから、不正な手口によって、カギ番号と住所の情報が不正に流出することが考えられます。それで、受け取りを郵便局でするなど、安全に十分の注意を払うことができるでしょう。実のところ、一昔前、十数年前は、ピッキングの被害が非常に多くみられました。しかし、カギの精度が上がり、ピッキング防止法などにより、空き巣などの被害が大幅に減少しました。一方で、犯罪の手口も巧妙になっていきています。それで、ネットでカギを作る場合も細心の注意が必要なのです。

このように、メリットとデメリットを理解したうえで利用しましょう。メリットの一つ目は、手軽さです。「俺の合鍵」では、全国無料で配送してくれます。家でも、出先でも、カギの写真や番号があればカギが作れます。二つ目のメリットは、確実に必ず使えるカギが届くという点です。「俺の合鍵」では、純正のカギをメーカーに注文するからです。スムーズに開かないことで、シリンダーを傷つけることもありません。

そしてデメリットの一つ目は、カギの種類によっては、カギ屋さんで安く作れるカギが高くなってしまうという点です。二つ目は、情報が流出する可能性があるという点です。

「俺の合鍵」を利用した人の口コミ

手軽に注文ができて、しかも確実に質の高いカギを手に入れることができる「俺の合鍵」ですが、実際に利用した人の口コミを見ていきましょう。

郵便局での受け取りで安全性抜群!

「一般のカギ屋さんで断られてしまった特殊なカギだったので「俺の合鍵」で作ってもらえて助かりました。私の勤め先で、ときどき利用していたので安心して注文することができました。すごく簡単に注文できますし、便利なのが、郵便局で受け取ることができることです。特に、若い女性だと、近くのカギ屋さんより安全だと思います。」一人暮らし、20代女性

カギ屋に行く時間がなくても便利

「先月に引っ越してきたばかりで、二本あるカギのうち、一本の失くしてしまいました。仕事が忙しく、スペアキーを作る暇がありませんでした。そんな時、知人が「俺の合鍵」を紹介してくれました。特殊なカギでしたので、問い合わせたところ、非常に対応がよかったことから、カギを作製することにしました。受け取るまでに二週間ほどかかりましたが、カギの写真を送るだけで良かったので、忙しい私にはありがたかったです。」20代男性

引っ越し先にも届けてくれるから安心

「近くのカギ屋さんでカギを作りたかったのですが、メーカーに発注するため、三週間ほどかかると言われました。三週間後には引っ越しする予定だったため困っていたところ、「俺の合鍵」を見つけました。全国どこでも無料で配達してくれるということで、新しい住所を届け先に指定できたので助かりました。」30代女性

何本でも、注文はたった五分

「マイホームをようやく手に入れて、二世帯住宅だったので、カギが追加で五本必要でした。「俺の合鍵」をネットで見つけ、注文方法が簡単だったので五分ほどで注文ができました。」40代男性

 

>>>口コミでも好評な俺の合鍵の公式サイトはコチラ!

カギのトラブルは「俺の合鍵」で解決しよう

一昔前は、カギは町のカギ屋さんで作ることができました。しかし、今ではカギが複雑化していることで、一般のカギ屋さんでは作ることができないカギも出てきました。口コミでもあったように、近くのカギ屋さんで断られたために「俺の合鍵」に注文したという人もいます。「俺の合鍵」では多くのメーカーのカギを取り扱っているので、ほとんどの種類のカギに対応することができます。

また、カギ屋さんに行く時間がないという場合も、家で注文ができるので便利ですよね。カギ屋さんに行くと、当日に受け取ることができたとしても、何時間もかかることもあります。複雑なカギやメーカーに発注する場合は、日を改めてまたカギ屋に届いたカギを取りに行く必要があります。そんな場合「俺の合鍵」では、家に直接届けてくれるので、かなりの時間を短縮できます。また、カギを何本も作りたい場合も、かかる時間は同じです。ネット上で本数を指定すればよいからです。

このように、「俺の合鍵」は一般のカギ屋さんで作製することがなかなかできないカギを作る時に便利です。また、カギ屋さんに行く時間がないという場合も、家や出先でも五分ほどで簡単にカギを注文することができるのです。

カギの管理には最新の注意を

防犯対策のためにカギを新しく換えることを考えている人は、スペアキーを製作する時のことも考えて、どんなカギを選ぶか決める必要があります。また、スペアキーをどのように作製するかを、知っておく必要があるでしょう。そうしないと、急ぎでカギ屋さんにカギを持って行っても、メーカーに発注するしかなく、結局は3,4週間かかってしまうことになるからです。

「俺の合鍵」では、どこに住んでいてもネットで簡単に注文できます。しかも、カギ穴を傷めない、質の良い純正のカギを手に入れることができます。また、業界トップクラスの最短5日という早さで、商品が届きます。金額は、ディンプルキーなどは大体相場ですし、全国無料で配送してくれるので、安心して利用できます。

防犯意識が高くなる中で、カギの質も上がっています。それと同時に、スペアキーを作ることが難しいカギが多くなってきました。町のカギ屋さんでは作ることができなくて、断られてしまうことも多々あります。そんな中、「俺の合鍵」では、多くのメーカーの商品を取り扱っているので、確実に質の良いカギを手に入れることができます。

また、ドロップシッピングというシステムを導入しているので、より早く商品が届きます。これは、メーカーから自宅もしくは会社に直送されるというシステムで、「俺の合鍵」のスタッフでも、商品に触れることなく、注文者に届けられるのです。そのため、セキュリティーの確保と、短い納期を実現させることができるのです。

あともう一つ、忘れてはならないのが、カギの管理です。カギ番号はあなたのカギそのものを表すパスワードのようなものです。くれぐれも、目の引く場所に置いたり、人に見せたりすることがないようにしましょう。そうするなら、犯罪に巻き込まれることなく、カギを必要な分だけ、手軽に作ることができるのです。

>>>俺の合鍵についてもっと詳しく知りたい方はコチラ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

セキュリティーの革命児!ディンプルキー しかし業者は教えないデメリットがあるのです

2000年代ピッキングが猛威を振るっていたのですが、ディンプルキーという正義の味 …

「鍵ドットコム」は明瞭な価格設定と24時間対応が魅力

普段の生活の中で欠かせないものといえば、スマホ以外に何があるでしょうか。無意識に …

作業の質が高くて24時間営業!「クラピタル」

「クラピタル」は、暮らしのホスピタルという意味があるそうで、鍵だけでなく、水やガ …

「マンスリーマンション」-運営会社への連絡を忘れずに

ここ数年、海外からの旅行客が増えています。日本語が話せなくても、日本に短期滞在し …

あなたの予想を超えるオートロックマンションの鍵トラブル 失敗しない解決法

いろいろある鍵にまつわるトラブルでも、一番厄介なのが、マンションの集合オートロッ …

「日本ロック」は安さと気遣いの鍵屋さん

「日本ロック」は日本一の安さに挑戦している鍵の専門店です。実際価格を見てみると、 …

鍵が折れた… この折れた鍵に使い道はあるのか? ちょっとあった

鍵というのは突然折れることがあります。 ポケットの中から折れた状態で出てくるとき …

アンティーク派に大人気!棒鍵 意外な長所と 予想される短所

いまだに人気が衰えないアンティーク鍵があります。それは棒鍵です。 名前から察する …

知らないと怖い!カギ業者の良し悪しの特徴。

ここ近年、鍵のトラブルが増加しているようです。以前は年間の発生件数が数千件程度だ …

玄関の鍵が壊れた!これだけはやっていはいけない やってしまいそうなこと

家の玄関の鍵が壊れた!昨日まで普通に使えていたのに… これは焦りますよね。焦った …