イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

気持ち良く寝られるベッドの大きさをチェックしよう!

   

部屋のサイズを取るか、快適な睡眠を取るか

日々の疲れを癒すベッド。
快適な睡眠を得るためには最適なものを選ぶ必要があります。そこで今回は気持ち良く使えるベッドの大きさについて紹介していきます。

1人用ベッドの場合

ほとんどの方は「シングルサイズ」を選んでいると思います。
もちろん十分ゆったりと眠れますが、寝相が悪いと落ちそうになったりすることも。なので部屋の大きさにもよりますが「セミダブル」も検討してみましょう。

シングルは横幅97~100cmなのですが、セミダブルは120cmとゆったり。たったの23cmの違いですが、実際に横になってみると驚く程広く感じられるものです。

また狭いですが、セミダブルなら頑張れば2人で寝ることもできます(あまりオススメできませんが…)。

2人用ベッドの場合

一般的に2人で寝るときは「ダブル」を選びがちです。
確かに悪くはないのですが、余裕がほとんどなくなってしまいます。

ダブルのサイズは140cmが一般的。1人あたりの横幅を65cmとすると、2人で横になると10cmしか余裕がありません。
2人とも小柄、など特殊な状況で無いなら、窮屈ですね。
寝返りの度に起きてしまう…といった事態も考えられます。

部屋に余裕があるなら「クイーン」がオススメです。
こちらは80cm×2:160cmの横幅があります。なので2人で寝ても30cmほど余裕が出来ます。これなら寝返りも安心して打てますね!

さらに余裕を持たせたいなら「キング」も検討してみましょう。こちらは90cm×2:180cmとゆったり広々。2人で寝ても50cm余裕が出来ます。
夫婦+子ども1人でもOK!

子どもと3人で使う場合

子どもと夫婦、3人川の字で寝る場合は上記した「キング」が一般的です。
しかし子どもがちょっと大きくなってくると狭く感じられることもしばしば。

それなら「シングル×2(97cm×2:約200cm)」「セミダブル×2(120cm×2:240cm)」の運用も検討してみましょう。

背が高い方はロングサイズを

ベッドには色々な大きさがありますが、基本的に横幅に違いがあるだけで、縦幅は同じなことが多いです。大体195cm。

しかし背が高い方だと195cmでは窮屈に感じられることもありますよね。
思いっきり伸びができなかったり、寝返りを打つうちにベッドの天井に頭をぶつけたり…なんてことも。

そんな方は「長さ207cmのロングサイズ」のベッドを選んでみてはいかがでしょうか。商品は少ないですが、探せば必ず見つかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

老後のためにどんなマイホームを購入する?

マイホーム購入のライフプランで考えるとよい3つのポイントは? 老後をどこで過ごす …

九州の中心・福岡は住環境に優れている!そのメリットを6つ紹介

町がコンパクトで移動しやすい九州でも中心的な役割を担っているのが福岡と言われてい …

スッキリ男前の部屋にしたい!そんな人におすすめの塩系インテリア

スッキリさっぱりのインテリアスタイル インテリアのトレンドはいろいろとありますが …

6畳の部屋でもオシャレな空間に!インテリアコーデのポイントは?

ベッドの置き方がポイントに 一人暮らしをしている人の中には、6畳一間のような限ら …

カギのトラブル!一体いくらかかるの?

カギがない!家に入れない… こんな時、すぐに対応してくれるカギ屋さんがいてくれた …

内装リフォームで天井の張り替えもしよう・その3つのメリットとは?

天井をきれいにすることが可能 壁紙のリフォームといわれると通常であれば文字通り、 …

絶対に失敗しない洗濯機の選び方、3つのポイント

自分の部屋に最適な洗濯機をしっかりと見極めよう 引越しを機に新しい洗濯機を購入し …

リビングにすのこ?目からウロコの活用術があった

すのこの利用でリビングに花もアクセも飾っちゃう すのこは、お風呂場や押入れなどに …

部屋のインテリアに欠かせないカーテン・選び方は3つのポイントにあり

カーテンのサイズを決める カーテンを購入する際には、窓の大きさを考えることが大事 …

関西の中心的都市・大阪に引っ越すとどんなメリットがある?

魅力的なスポットの多い大阪 大阪は言わずと知れた東京とともに日本のツートップと言 …