イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

自宅でアウトドア気分を楽しめる?ベランダグランピングを取り入れてみよう

   

メディアでも取り上げられるベランダグランピング

「ベランダグランピング」という言葉を聞いたことのある人もいるかもしれません。
メディアでもしばしば取り上げられていて、にわかに注目されているライフスタイルです。

日経トレンディという、ヒット商品の最新情報を紹介するマスコミがあります。この日経トレンディの2015年12月号における「2016ヒット予測100」の中で、ベランダグランピングが8位にランクインしています。

トップクラスにランキングされているだけでも、高い注目を集めているトレンドであることがお分かりでしょう。またテレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」というニュース番組の中でも取り上げられています。

 

グランピングはそもそも何?

ベランダグランピングについて解説する前に、そもそも「グランピング」という言葉になじみがないという人もいるでしょう。グランピングとは、英語にすると「Glamping」となります。これは造語でグラマラス(Glamorous)とキャンピング(Camping)を掛け合わせて作られています。

キャンプというとテントの中で寝袋を使って眠る光景を想像する人もいるでしょう。しかしグランピングは、テントやベッド、冷暖房などが装備されているスタイルで、自分で何か準備しなくても快適に自然の中で過ごせるようになっています。

キャンプと言われると必要最小限の装備しかないと思う人も多いはずです。しかしシャワーやトイレ、ベッド、コーヒーテーブル、ソファーなどがそろっているケースもあって、壁や天井が布製であることだけが異なるところで、ちょっとしたホテルに滞在しているかのような感覚を味わえるのがグランピングの魅力です。

 

ベランダグランピングの魅力って?

ベランダグランピングはここまでくればお分かりになるでしょうが、ベランダでグランピングをすることです。
自宅にあるベランダや一戸建てであれば庭などの空間を利用して、ちょっとしたアウトドアを経験できるスタイルです。

グランピングと言っても難しく考える必要はなく、ベランダや庭に机やいすをセッティングするだけでも堪能できます。リビングを屋外に持ってくると言えば、わかりやすいでしょうか。

ベランダグランピングの魅力はコストカットしながらアウトドアを楽しめるところです。まず旅行に行くとなれば、交通費や宿泊費用がどうしてもかかります。しかもいずれの費用に関しても、かなりな額になることもしばしばです。ベランダグランピングであれば自宅なので、宿泊費も交通費も一切かかりません。

そしてもう一つ、無駄な時間の消費を節約できるところも注目です。ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始のニュースの風物詩になっているのが行楽地・帰省する人の高速道路の大渋滞です。各テレビ局とも、ヘリコプターなどを飛ばして長く伸びた車列をカメラに収めています。何十キロという渋滞も普通に発生するので、普通よりも数倍の時間をかけてやっと目的に到着ということもあるでしょう。

しかしベランダグランピングであれば、自宅で行うので渋滞に巻き込まれることは絶対にありません。ですから無駄な時間を費やすこともないですし、何もまとまった休日が取れなくても、土日を使って楽しむこともできるわけです。

 

ウッドデッキを作ってみる

ベランダグランピングは先ほども紹介したように、庭にテーブルやいすを置くだけでも楽しめます。食べ物はキッチンに行って作ればいいわけで、それほど難しいものでもないです。

しかしより雰囲気を出したければ、ウッドデッキを作ってみるのがおすすめです。
市販されているウッドパネルをはめ込んでいくだけでも作れますので、女性でも簡単にDIYできるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

関西の中心的都市・大阪に引っ越すとどんなメリットがある?

魅力的なスポットの多い大阪 大阪は言わずと知れた東京とともに日本のツートップと言 …

グリーンのある生活で穏やかな気持ちに・観葉植物を導入しよう

観葉植物選びの3つのポイント 観葉植物を部屋に導入する人も増えています。植物が部 …

安眠できる環境を整えるには明かりが大事!寝室で使う照明選びのポイント

眠いのに寝られない…それは寝室の照明が問題かも? 眠くて寝たいと思っている、でも …

窓辺をおしゃれに演出してくれるウインドアクセサリー・カーテンホルダーおすすめ3選

  素材によって印象が変わる カーテンをまとめるときに、タッセルを使っ …

九州の中心・福岡は住環境に優れている!そのメリットを6つ紹介

町がコンパクトで移動しやすい九州でも中心的な役割を担っているのが福岡と言われてい …

部屋の雰囲気に飽きてしまった…そんなときアクセントにおすすめなのがDIYタッセル

タッセルとは何か? 部屋のインテリアコーデを行って数年経過すると、その光景に見飽 …

せっかくのスペースが…デッドスペースのアレンジで効率性を高めよう!

ウォールステッカーを使って手軽にアレンジ 部屋を有効に活用するためには、何も使っ …

せまいランドリースペースを上手に活用する方法を公開

洗濯機の上に棚を付けよう ランドリースペースが狭いという人もいるでしょう。 狭い …

気持ち良く寝られるベッドの大きさをチェックしよう!

部屋のサイズを取るか、快適な睡眠を取るか 日々の疲れを癒すベッド。 快適な睡眠を …

絶対に失敗しない洗濯機の選び方、3つのポイント

自分の部屋に最適な洗濯機をしっかりと見極めよう 引越しを機に新しい洗濯機を購入し …