イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

ガス屋の窓口ってどんなサイトか徹底調査!!のプロパンガス料金の安いガス会社を探せます

   

・ガス自由化で新しいガス会社を比較したい時に使いたい!!ガス屋の窓口でガス会社比較する5つのメリット

ニュース番組などで電力自由化の話がある時期たくさん取り上げられたのは記憶に新しいですね。ところで自由になったのは電気だけではないです。2017年4月から都市ガスの自由化も開始されました。これまで乗り換えられなかったガス会社を自由に選択できるようになりました。ガス料金を安くしたい、ほかのガス会社のサービス内容も確認したいと思いませんか?ここではガスの自由化とガス会社の比較のできるサイト・ガス屋の窓口の特徴について詳しく見ていきます。

>> ガス屋の窓口の公式サイトはコチラ!

LPガスって何?

ガス屋の窓口は主にプロパンガス・LPガスの料金に関する情報を提供しているサイトです。LPガスという名称は聞いたことがあるけれども、詳しいことについては知らない人も多いのではありませんか?

LPガスのLPとは「Liquified Pretoleum」の略称です。日本語に訳すと「液化石油」です。プロパンやブタンなどもともと気体であるガスを圧縮して液化したものが燃料源になります。ちなみによく「プロパンガス」という種類もよく耳にするでしょう。プロパンガスもこのLPガスの一種です。

LPガスはどのガスを液化しているかでいくつか種類に分類できます。一般家庭の場合、プロパンガスを多く含んだものが主流です。一方工業用の場合、主成分はブタンであることが多いです。

2013年に資源エネルギー庁が発表しているデータによると、都市ガスの需要家案件は約2900万件で53%の普及率です。一方LPガスの需要家も決して少なくありません。日本全国で約2500万件あり、普及率は44%です。

LPガスと都市ガスの違いって?

上で紹介したように都市ガスとLPガス、両方とも少なからず利用者がいます。都市ガスとは専門の導管を自宅に引っ張ってきて、ガス供給を受けるシステムのことです。都市ガスではメタンなどの天然ガスを主成分としています。都市ガスの場合、気体のままで家庭にガスが供給されます。

一方LPガスは、ブタンやプロパンなど液化しやすいガスを使っています。都市ガスとはガスの種類が異なります。都市ガスのメタンなどの天然ガスは液化するためにはマイナス160度以下まで冷却する必要があり、技術的に見ても非常に難しいです。一方LPガスのブタンやプロパンの場合、常温で8気圧程度の圧力をかければ簡単に液化できます。

LPガスの場合、液体状にして、ボンベに充填して運搬します。このため、都市ガスのように導管を地中に張り巡らせる必要はないです。都市圏ではガス導管が整備されています。しかし地方に行くとまだガス導管のインフラが整備されていない地域も少なくないです。そこでLPガスを熱源として利用している家庭もたくさんあるわけです。

LPガスのメリット・デメリット

都市ガスとLPガスを比較すると、火力はLPガスのほうが強いです。1立方メートル当たりのカロリーで比較すると、都市ガス約1万2000キロカロリー・LPガス約2万4000キロカロリーと約倍の熱量の差があります。炒め物料理をするとき火力が必要ですし、お風呂を早く沸かしたいのであれば、LPガスのほうが理にかなっているといえます。

LPガスのメリットには、汎用性の高さがあげられます。都市ガスの場合、地域によって使っているガスの種類が異なります。しかもガス器具は適応するガスの種類が機種によって違います。ですから引っ越しをして別の地域に行った場合、今まで使っていたガス器具が使えなくなり買い替えないといけないケースも出てきます。

一方LPガスに含まれている成分は日本全国ほとんど共通しています。このため都市ガスのように、引っ越したらガス器具を取り換えないといけなくなる可能性は低いでしょう。

LPガスは自然災害が起きた時に復旧が早いのもメリットです。震災や台風などの自然災害が発生すると、ライフラインが破壊されることも珍しくないです。1995年に発生した阪神大震災の時、最も早く復旧したライフラインはLPガスでした。ガスボンベを設置して点検すればすぐに使えるようになります。都市ガスの場合、ガス管が破壊されているとその修理が必要になり、ガス供給が再開されるまでかなり時間がかかりかねません。

LPガスはメリットだけでなく、デメリットもあります。LPガスは都市ガスと比較すると初期費用は安いです。都市ガスの場合、ガス管を地中から取り出して自宅まで引き入れる工事が必要です。工事費はケースバイケースですが、10万円以上かかることも十分考えられます。LPガスはガスボンベを設置するだけなので、初期費用ゼロ円という業者もあるほどです。

しかし利用料金は高いのがデメリットです。都市ガスとLPガスを比較すると、使用量が一緒ならLPガスのほうが2倍近くも料金がかかります。LPガスはガスボンベの交換・メンテナンスを人の手で行います。この人件費が料金の上乗せされるため、都市ガスと比較して料金が割高になります。

もう一つ安全性の懸念もあります。例えばガス漏れを起こした場合、ガスは空気よりも重いので下に溜まります。ガスがたまった状態で火をつけると大爆発を起こす危険性があります。ただし普通に使用している分においては、まずこのような火災の起きることはないでしょう。

これからはガスも自分で選ぶ時代

電力自由化から遅れること1年、都市ガスの自由化が2017年4月に始まりました。今回は都市ガスの自由化ですが、LPガスの自由化はすでに始まっているのをご存知でしょうか?LPガスの自由化はすでに1997年から行われています。 

都市ガスの自由化とは

2017年4月以前、電力同様ガスも地域によってどの会社から供給を受けるか決められていました。2008年3月31日現在、日本の都市ガス会社は212社あります。その中でも四大事業者は東京ガス・東邦ガス・大阪ガス・西部ガスです。首都圏であれば東京ガス・近畿圏であれば大阪ガスから供給を受ける決まりになっていました。

しかしこれからは都市ガスも自分で自由に選べるようになります。実際ガスサービスを提供するガス会社も新規参入してきています。

ところでもし今使っているところとは別のガス会社と契約した場合、新しいガス会社からガス管を敷かないといけないのでは、と思っている人もいるでしょう。都市ガス自由化しても、これまで敷かれているガス管を引き続き使用できるので工事の必要はないです。新規参入業者は、もともとガス管を敷いている事業者に託送料金を支払います。その上でガス管を使わせてもらう形になります。ガス料金の金額や支払先が変わるだけで、大掛かりな工事などは一切必要ないです。

LPガスにも影響が出るの?

2017年4月のガス自由化は、都市ガスを対象にしています。都市ガス自由化によって、LPガスにも直接的なものはないでしょうが間接的な影響の出る可能性は十分考えられます。まず期待できるのは、LPガスの値下げが起きる可能性についてです。

都市ガス自由化によって、少しでも多くの新規顧客を各事業者獲得しようとするでしょう。そうなると、例えばガス料金を下げるとかサービスを充実させるなど、消費者の関心を引くような工夫を凝らしています。ガス会社同士の競争によって、都市ガスの料金の値下げが進むでしょう。

するとLPガスの割高感がますます増える恐れがあります。先ほども紹介したように、都市ガスとLPガスを比較するともともとLPガスは倍近い料金がかかります。それが都市ガスのほうがさらに安くなると、ますますLPガスのユーザーは不公平感が出てくるでしょう。

そこでLPガスも顧客を離さないようにするために、料金の値下げに踏み切らざるを得なくなるでしょう。都市ガスだけでなくLPガスも今までは地域独占傾向がありました。このため特別努力をしなくても契約者がやってくる商売スタイルでした。しかし自由化されると地域独占ができなくなるので、競争が生じます。ですから黙って待っているだけでは消費者はやってきません。

自分から新規顧客を獲得するために、あれこれサービス面を充実させる必要があります。LPガスもこれからの時代、ただお客さんを待っているだけでは今後経営が成り立たないでしょう。

逆に都市ガスの自由化で、LPガス事業者が都市ガスサービスに参入するケースも出てきています。2017年3月末現在経済産業省によると、11社のLPガス事業者が一般家庭向けに参入を表明しています。例えば東京のニチガスは東京電力と提携して、都市ガスの販路拡大を急いでいます。ニチガスの提供する「プレミアム5+プラン」は東京ガスと比較すると、一般家庭の標準料金が3.6%以上割安になります。

LPガス料金案内サービス「ガス屋の窓口」

ガス自由化によって、自分も現在契約しているガス会社を見直したいと思っている人はいませんか?しかし具体的にどのガス会社と契約をすればいいのかわからないという人もいるでしょう。ガス屋の窓口はLPガスの料金情報を案内してくれます。契約先選びの参考にしてみませんか?
 

どんなサービス?

ガス屋の窓口はプロパンガス・LPガスの会社を案内しているサイトです。皆さんの要望を聞いたうえでもっともその条件にマッチするLPガス会社を紹介するサービスを実施しています。それぞれの地域に対応したLPガス会社を紹介してくれるので、日本各地から利用できます。

「自分のLPガスの料金が適正かどうかわからない」「もっと安いプロパンガス会社があるのではないか?」といった悩みがあれば相談しましょう。そのほかに今まで都市ガスエリアで生活したけれども引っ越しすることになって、今度はLPガスしかない地域に行くことになったという人はいませんか?その場合、どこのLPガス会社と契約すればいいか、ガス屋の窓口のアドバイスを受けるのも一つの方法です。

ガス屋の窓口では、プロパンガス・LPガスの専門スタッフが対応しています。プロがお客さんの現状をヒアリングして正確に分析して、その人に適切と思われるLPガス会社を紹介してくれます。「紹介してもらったガス会社が悪徳というケースはないの?」と不安に感じている人もいるでしょう。しかしガス屋の窓口では信頼できる優良なLPガス会社のみを紹介してくれるので安心です。

ガス屋の窓口グループを介してガス会社の見直しを行ったお客さんは、今までに累計で約8万世帯に上るといいます。いろいろな地方からの依頼を受けていますし、年齢層も幅広いです。ガス会社の変更だけでなく、周辺サービスに関する相談も受け付けています。

例えば給湯器の購入をしたい、寿命が来たから買い替えるので取り付け工事を行ってくれる業者を見つけたいという人もいるでしょう。そのような人のために給湯器業者の紹介も実施しています。さらに現在契約しているガス会社との解約手続き、ガス会社を変更した後のアフターサポートなど幅広く対応しています。どのサービスに関しても無料です。しかも何度利用してもいつでも無料なので、何か困ったことがあれば気軽に相談できます。

適正料金と相場価格を知れる!

プロパンガスの料金は、相場価格が地域によってかなり変わります。例えば関東地方の場合、LPガス会社が多くて選択肢が豊富です。このため、ガス会社の変更が盛んです。競争も激しいので、全国的に見てプロパンガスの料金は安いです。

大半のLPガス事業者はまっとうな商売をしています。しかし一部悪質な営業をしている業者もいるようで、適正価格の2~3倍の料金を請求しているケースも見受けられるといいます。プロパンガスは自由料金制をとっていて、事業者が基本的に自由に料金を決められます。適正価格の2~3倍はモラル上問題がありますが、法律的に見れば自由なわけです。

このようにLPガスの料金は地域による相場の違いや業者の価格差など、今まで不透明なところがありました。ガス屋の窓口では、適正料金でLPガス事業者を紹介するサービスを行っています。優良な大手・中堅ガス会社と提携して適正価格の情報を収集し、不当に割高な値段で契約しないよう案内しています。場合によっては、相場価格よりも割安な料金で提供している業者の紹介も受けられるかもしれません。

ガス屋の窓口を選ぶメリット

LPガスの見直しをしたい、今回LPガスを新規利用することになってどこにすればいいかわかなければ、ガス屋の窓口を利用するのがおすすめです。では具体的にガス屋の窓口を利用するメリットはどこにあるのか、主に5つのポイントに注目して紹介しましょう。

相談からガス会社変更手続きまですべて代行

もし自分でLPガス会社を変更する場合、まずは現在利用しているガス会社に解約手続きをする必要があります。ガス会社に直接解約手続きをすることになります。具体的なやり方はガス会社によって多少異なりますが、最近ではWEB受付に対応しているところがほとんどです。解約してサービス停止するまでに、大体1週間~10日程度かかります。

そのうえで新しいガス会社に新規申し込みをする形になります。通常ガス会社の担当者と打ち合わせを行って、ガス会社の概要やプロパンガスの料金に関する説明を受けます。その内容に納得できれば、申込書に署名・捺印をします。ガス会社の中にはこの申込書が前のガス会社との解約手続きをするための委任状の役割も兼ねている場合もあります。この場合自分で解約手続きをしなくても、プロパンガス会社の変更手続きが進められます。

自分で行うとなると面倒な部分もあります。しかしガス屋の窓口を介してガス会社の変更をする場合、上で紹介した事務手続きをすべてスタッフが代行してくれます。このため、皆さんのガス会社見直しに伴う負担を軽減できます。

相談からガス会社変更手続きまで完全無料

ガス屋の窓口の提供しているサービスはどれもすべて完全無料です。ガス屋の窓口ではあらゆるお客さんのサポートを実施しています。電話による専門スタッフによる相談、ガス料金の見積もり、ガス会社の変更手続きの代行など多岐にわたります。このすべてのサービス利用が無料で可能です。

しかもガス屋の窓口に相談するにあたって、何度利用しても無料です。例えば「前に相談したけれどもやっぱりガス会社の変更をお願いしたい」「ガス会社を変更したけれども納得できない点がある」「前にガス屋の窓口を使ってガス会社を変更したけれども、また見直しをしたい」といった複数回数利用をしても、料金は一切かかりません。
ガス屋の窓口では、提携しているガス会社から営業代行による報酬を受け取っています。お客さんをガス会社に紹介して、契約成立すれば制約手数料を受け取るシステムです。このように業者から報酬を受け取っているので、一般消費者に料金を請求する必要はないわけです。

「イエローカード制度」で優良ガス会社のみ紹介してくれる

プロパンガス業者の中には、不当に適正価格よりも高い料金を請求してくる悪質なところも一部あります。「このような悪徳業者に引っかかったらどうしよう…」と不安に感じている人もいるかもしれません。ガス屋の窓口では、優良なガス会社とのみ提携をして紹介を実施しています。ですから悪徳業者に引っかかることはまずありません。

ガス屋の窓口と提携するにあたり、「一定以上のサービスを提供すること」「不当な値上げを行わない」といったいくつかの独自の条件を設け、基準をクリアしなければなりません。しかもガス屋の窓口では独自のイエローカード制度を導入しています。サッカーのイエローカードよろしく、約束を破り不当な値上げを行った・トラブルが発生してお客さんからのクレームが続出した場合、業務提携を解除する制度です。

このようにまず提携をする前に、高いハードルをクリアしなければなりません。しかも提携後も悪質な営業を行うと即時契約解除になります。紹介する業者を厳しく選定しているので、消費者も安心して紹介を受けられるわけです。

ガス会社乗り換え後のアフターフォローも万全

「ガス屋の窓口で本当に乗り換えても大丈夫なの?」という不安をそれでも抱えている人もいるでしょう。そのようなお客さんのために、ガス屋の窓口では「あんしん保証」といわれる独自の保証サービスを提供しています。あんしん保証とは、「永久料金監視保証」と「1年間返金保証」の2つのパッケージによって構成されています。

永久料金監視保証とは、ガス屋の窓口と提携しているプロパン業者の料金変更を常にチェックする保証内容です。LPガスの料金変更の行われることはあります。例えば原油価格の変動やガス料金の相場に照らして調整を行うためです。しかしガス会社都合によるものや平均的な値上げ幅を大きく上回るような値上げなど、不当に値上げを行う業者もいるのは事実です。

もしガスマーケットの実情を反映しない不当な値上げを行った場合、その業者に値上げの理由をヒアリングします。もし不当であると判断されれば、値上げを行わないように警告を行います。それでも値上げを断行した場合には、その段階で最も条件のいい別のプロパンガス業者を案内してくれるので安心です。

1年間返金保証サービスは、業界でも初の試みです。先に紹介した不当値上げのほかにも、原油価格の高騰や急激なインフレなど正当な理由により、ガス料金の見直しを行わなくてはならないシチュエーションも出てきます。その場合、もしより良い条件のLPガス事業者を紹介できればいいですが市場全般の影響だと他社では対応できないかもしれません。この時契約してから1年間に限り、値上げした分をガス屋の窓口のほうで返金するサービスです。

ガス屋の窓口を介してガス会社の変更手続きを行った場合、保証書が発行されます。たとえ保証書を紛失したとしても、期間内であれば保証を受けられます。名前・住所などを通知すれば、その情報をもとにガス屋の窓口が確認し、保証期間内であれば返金手続きを受けられます。プロパンガス供給会社変更から1年以内であれば、いかなる理由であっても値上げの行われた場合返金対応してくれます。

様々な住居に対応

ガス屋の窓口はどのようなタイプの住居でもガス会社の見直しの相談に乗ってくれるのも特色の一つです。一般家庭の場合、一戸建てやマンション・アパートなどの集合住宅何でも対象です。そのほかにも、マンションやアパートなどを保有している大家さんや工場・店舗などの業務用のガス見直しの相談も受け付けています。特に大家さんの場合、プロパンガス会社をガス屋の窓口で変更すれば、ガス給湯器・エアコンなどの設置を無償で行うというサービスも受けられるのでお勧めです。

ガス屋の窓口のデメリット

プロパンガス会社の変更を行う場合、上でみたようにガス屋の窓口を利用すれば様々な恩恵を受けられます。しかしデメリットとして、対応しているエリアに限りのある点に注意しましょう。

対応エリアは関東地方に東海エリア、山梨県、宮城県、福岡県です。これ以外のところではプロパンガス事業者の紹介を行っていません。もし心配であれば、自分のところはサービス対応しているかどうか、ガス屋の窓口のホームページで確認してからサービス利用しましょう。

見積依頼から作業依頼の流れ

ガス屋の窓口を使ってプロパンガス業者の見直しができますが、具体的にどのような流れで行うのか気になるでしょう。ガス屋の窓口のサービス利用は決して難しくはないです。今回初めて利用する方でも問題なく手続きできるはずなので、ステップごとに紹介していきます。

相談・問い合わせ

ガス屋の窓口のサービスを利用する場合、まずは問合せです。ガス屋の窓口のホームページに問い合わせ用の専用フォームがあります。こちらに必要事項を入力して送信しましょう。インターネットに接続できない環境にある、パソコンなどツールがない場合には電話による受付にも対応しています。フリーダイヤルで電話料金はかかりませんが、受付時間が10~22時となっているので気を付けましょう。

プロパンガスの料金を見直したい、適正価格を知りたいといった問い合わせのほかにも多種多様な相談に乗ってくれます。例えば給湯器やガスヒーターのようなガス器具を購入したい、取り付けしたいけれども施工業者をどこにすればいいかわからないといった相談、今利用している業者から値上げの通知を受けたけれども正当なものかなど、プロパンガス一般の問い合わせにすべて対応しています。無料で相談できるので、気になることがあればコンタクトを取りましょう。

ガス料金の比較・見直し

問い合わせ申し込みをすると、スタッフからコンタクトがあります。そして皆さんの現状についてより詳細に把握するために、いろいろと質問されます。ガス料金や安全性などについて尋ねられますので、正直に答えましょう。またLPガス業者の見直し・変更をするにあたって、何か要望があればこの段階でスタッフに伝えることです。

詳細な状況・要望を聞いたうえで、皆さんの現状をどのようにすれば改善できるか、専門家の見地から提案してくれます。そのうえで、その改善ができるプロパンガス業者と変更した場合のガス料金がどうなるか、紹介してもらえます。

連絡をもらったその場で、複数のガス会社のサービス内容を比較します。そしてお客さんの希望する条件を満たすベストな選択肢を案内してくれます。このように対応がスピーディなところも、ガス屋の窓口が高い人気を得ている理由の一つです。

ガス会社変更の申し込み

ガス屋の窓口から提案されたLPガス業者のサービス内容や料金を比較します。もし提案された内容に納得して、ガス会社を変更したければ、申し込み手続きに進みます。申し込みが受理されると、ガス屋の窓口の紹介した新しいプロパンガス事業者から直接連絡が入ります。

この中で今一度、サービス内容や料金に関する説明があります。またガス会社を移行するにあたっての今後のスケジュールについても詳しい説明がありますので、その内容を把握することです。もしガス会社の担当者の説明の中でわからない点・不安な点があれば、直接質問できます。内容に納得できた、不明な点がなければ、ガス会社の変更申し込みに移行します。

ちなみに新しいプロパンガス業者のサービスが受けられるようになるまで、最短で7日間かかります。ただしこれは新しく契約するガス会社や工事の状況などで多少前後することも考えられます。もし引っ越しなどで急ぎ変更する必要があれば、その旨をガス屋の窓口のスタッフに伝えておくとできるだけ要望に沿う形で手続きを進めてくれます。

料金保証とアフターサポート

ガス屋の窓口はガス会社の紹介・変更手続きが終わったらそれまで、ではないです。アフターサービスが充実しているので、高い支持を集めています。先ほども紹介したように、あんしん保証というガス屋の窓口独自のサービスを実施しています。1年間の返金保証と永久的に不当値上げのないように監視してくれるので、安心してLPガスを利用できます。

ガス会社を変更して気になる点がある、不満なところがあるといった場合には専用のフリーダイヤルがあります。そのほかにも「ガス会社を変更したのを機にガス器具も買い替えてみたい」「友達を紹介したいけれども…」といった相談にもいつでも乗ってくれます。こちらも同じく専用フリーダイヤルを使って問い合わせてみましょう。

ガス会社への不満は、なかなか直接クレームを入れるのははばかられるかもしれません。しかしガス屋の窓口に連絡すれば、皆さんに代わってガス会社との交渉を行ってくれます。もしサービス内容に不満があれば、改善するように勧告も実施しています。

ガス屋の窓口の口コミ・評判

ガス屋の窓口のサービスの充実していることはお分かりになったでしょう。ただし実際に利用した人の生の声を聴きたいと思っている人もいるはずです。そこでここではインターネットに投稿されていたガス屋の窓口の口コミをいくつかピックアップしてみました。

プロパンガスを長年愛用していたのですが、結構ガス料金が家計を圧迫していて見直したいと思っていました。そんな時インターネットで紹介されていたガス屋の窓口に興味を持って、問い合わせしてみました。自分にできるかどうか不安だったのですが、簡単な手続きですぐに担当者の方から連絡がありました。物腰も柔らかで安心していろいろな相談に乗ってもらえそうだなという印象を受けました。ガス屋の窓口でガス会社を変更した結果、月々1万円以上かかっていたのが6000円ちょっとになり、貯金にお金を回せるようになり感謝しております
1万2000円程度ガス料金がそれまで月々かかっていたのですが、8000円ちょっとになって4000円くらい月々節約できるようになりました。LPガスの変更を前々から考えていたのですが手続きが面倒そうな気がして、躊躇していました。でもガス屋の窓口さんにお願いすれば、前に契約していたガス会社との解約手続きを代行してもらえたので、簡単に変更できました。友人でプロパンガスの見直しをしようと思っている人がいれば、ガス屋の窓口さんを紹介したいなと思っています
安い料金のガス会社に変更したいと思っていたのですが、近所の人に『安いところは近いうち必ず値上げをするから危ない』といわれて悩んでいました。でもガス屋の窓口の場合、料金保証が付いてくると聞きました。契約してから1年間で料金値上げになった場合、その理由のいかんに関係なく値上げ分を保証してくれるというものでした。スタッフにこの点を確認したところ、本当に差額分を還元してくれるということだったのでガス会社を変更しました。いざというときのセーフティネットがあると安心ですね。強いて言うなら、担当の方が忙しいらしく、電話に出なかったりってことが多かったですね。

まとめ

毎月ガス料金の請求書が届くでしょうが、その金額についてあまり疑問を持たずに毎月支払いをしている人も多いのではありませんか?しかしガス料金は地域やガス会社によって、設定方法がだいぶ異なります。もしかすると悪徳業者に引っかかっていて、不当に高い料金を毎月負担しているかもしれません。

毎月発生する費用ですから、節約するためにガス料金の見直しをしてみるのがおすすめです。まずは自分の条件で適正価格・相場はいくら程度なのかを理解することです。そのために利用してほしいのが、今回紹介したガス屋の窓口です。

ガス屋の窓口のホームページでは、プロパンガスの適正料金や相場価格に関する情報を提供しています。さらにガス屋の窓口では「自動料金診断」といって、使用量と請求金額を入力すれば、その価格が適正かどうかすぐに診断するサービスもあります。適正でない場合、ガス会社を変更するだけでどのくらい安くなるかもすぐに判明します。

ガス屋の窓口では日本各地の50社のガス会社と提携して、適正価格の調査を実施しています。もし割高と診断されれば、速やかにガス会社の変更を検討しましょう。

ガス屋の窓口では、ガス業界の専門家が皆さんの現状を分析し、適切なガス会社を提案してくれます。しかも変更手続きに関しても代行してもらえるので、面倒な事務処理で手を煩わされることもないです。

ガス会社に関する相談のほかにも、給湯器などのガス機器の購入、取り付け工事などガス関係の問題点の問い合わせもできます。関東地方や東海地方など、日本全国にサービス対応できていないところがデメリットではありますが、対象エリアで暮らしていてLPガスを使っているのであれば、一度ホームページをチェックしてみる価値はあるでしょう。

月間で4000円前後、ガス屋の窓口を利用してガス料金の節約に成功した人も少なくありません。年間でみれば5万円前後の節約効果も期待できるので、使わない手はないのではありませんか?

>> もっと詳しく知りたい方は公式サイトへGO!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

お風呂の水道代を節約するためにできることとは?

お風呂の節約は水道代への影響が大きくやる気が出る! お風呂の水道代は全体の水道代 …

ガス代を節約するための給湯器の使い方とは?

お湯の使用をできるだけ控えることで給湯器に必要とされるガス代を節約できる 出典: …

消費電力の高い電気ポットの5つの節約術とは?

オンとオフの切り替えを上手に行って節約効果を高める 便利なアイテムなので、手放せ …

洗濯機で使う水道代を節約するための4つのこと

それぞれの洗濯に合わせて設定を変えることで水道代を節約できる 洋服を洗うために使 …

電子レンジで電気代節約するためにやりたいポイント

積極的に電子レンジを使うこと電気代の節約につなげる 自炊をする方、惣菜を買う方な …

パソコンの電気代を節約するためにできる4つのこと

設定を変えるだけで節電効果を得られるのがパソコン パソコンなしで生活をするのは、 …

シャワーの利用時にできる水道代節約のポイント4つ

シャワーの節約効果は大きいので楽しんで行って! 水道代の多くを占めるのが、お風呂 …

浴室乾燥機を使う上で知っておきたいガス代の節約方法

浴室乾燥機は消費する’ガス代が高いので基本的には使用を控えるのが一番の節約方法 …

お皿洗いの水道代を節約するためにしたい7つの工夫

小さな工夫の積み重ねで水道代を大幅にカットできるのがお皿洗い お皿洗いは毎日行う …

乾燥知らずの暖房器具床暖房のガス代節約方法とは?

特長を知れば床暖房のガス代節約も簡単にできる ガスを使用した床暖房を導入している …