イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

リフォーム前には見積もりが必要!リショップナビにお願いしよう

   

リショップナビに見積もりをお願いしたい4つの理由を紹介

>>>リショップナビの公式サイトはコチラ!

マイホームを購入する場合、残りの人生そこで暮らそうと思っている人は多いでしょう。しかし住宅は築年数が経過すればするほど、どうしてもいろいろなところが劣化してしまいます。もしできるだけ長くマイホームで生活したいと思うのであれば、リフォームをする必要が出てくるでしょう。

また年齢を重ねると、老化が進んで若いころできたことができなくなることもあり得ます。この場合、バリアフリーの住宅にリフォームする必要もあるかもしれません。このように長い目で見た場合、リフォームは必要になってくると思ったほうがいいです。

リフォームに見積もりは必要か

リフォームを検討する場合、まず業者をどこにするかを決める必要があります。業者を選ぶにあたって、必要なポイントとして「どのくらいの費用が掛かるか?」があります。

私たちが日ごろスーパーやコンビニで物を買う場合、値段は同じ商品であれば決まっています。しかしリフォームの場合、どのような工事内容を希望するか、人によって違います。また同じ工事内容でもどのような素材を使うのか、人員をどのくらい用意するかによっても費用が違ってきます。このような事情もあって、リフォームの場合定価が決まっていません。

ですから前もって見積もりを取って、自分が希望するリフォーム内容の場合、いくらくらい費用が掛かるのかを理解する必要があります。ですから見積もりをお願いする前に、どのようなリフォームを希望するのかを具体的にイメージを固めていくことです。どこをどうしたいのかが固まったところで、見積もりを業者にお願いしましょう。

リフォーム業者に見積もりを取るときに重要なのは、複数の業者に見積もり依頼することです。例えばある一つのリフォーム業者に見積もりをお願いして

「この内容だと50万円になります」

といわれた場合、それが手ごろな価格なのか、割高なのか素人の方は判断できないでしょう。

複数の業者に見積もりをお願いすれば、自分が希望する工事内容であれば、だいたいどの程度の費用が掛かるのか相場観が出てくるでしょう。すると不当に高い業者に工事の依頼をするリスクがなくなります。

また複数の業者に見積もりを依頼すれば、どこがより安い値段で作業を請け負ってくれるかもわかります。なので、リフォーム費用を節約しながらマイホームのメンテナンスができるわけです。

また見積もりを複数の業者にお願いすると、見積もりのスタイルに違いのあることがわかるでしょう。例えば細かく内訳を記載している業者もあれば、ざっくりとした内容の見積書を提示してくれる業者もあります。後者だとたとえ見積金額が安くても

「大雑把な見積もりだから後々追加費用を請求されるのではないか?」

と不安視する人もいるでしょう。このようなことも、複数に見積もりを依頼すると見えてくることです。

「複数の業者に見積もりをお願いすると面倒ではないか?」と思っている人もいるでしょう。複数の業者をピックアップして連絡をして、見積もりをお願いするとなると面倒なイメージを持つ人もいるでしょう。しかし複数の業者に見積もりをお願いすることは、決して面倒ではなくなっています。その理由として、インターネットの普及が関係しています。

皆さんの中でもちょっと店の調べものをする際に、インターネットで検索にかけることもあるでしょう。リフォーム業者のピックアップもインターネットで検索にかければそれほど大変ではないです。「リフォーム 地域名」や「リフォーム 工事内容」などの複合ワードで検索すれば、自分が希望する工事に対応した近所の業者情報はすぐに収集できるでしょう。

しかも最近では、一括査定サイトもあります。複数の業者に同時で見積もり依頼できるサービスで、入力作業にもそれほど時間がかからず、複数業者で見積もりを取るのはそれほど難しいことではないです。より良い業者を見つけるために、複数のリフォーム業者に見積もりを取ることです。

リショップナビってどんなサービス?

複数のリフォーム会社に一括見積依頼できるサイトはいくつかあります。その中の一つに、リショップナビがあります。東京都港区に本社のあるアイアンドシー・クルーズというところが運営している一括見積サイトです。

リショップナビでは厳しい審査をクリアした優良なリフォーム業者しか加盟していません。その優良リフォーム会社を無料で紹介してくれるので気軽に利用できます。

リフォームを希望するといっても、人によってその内容はまちまちです。工事する個所や予算は異なるでしょうし、中にはそれ以外にも細かな工事に関するこだわりを持っている人もいるでしょう。このような希望条件を入力すると、その条件にマッチするリフォーム業者を見つけてくれるのがリショップナビの特徴です。

リショップナビに加盟しているリフォーム会社ですが、厳しい審査をクリアしている業者ばかりです。しかしそれでも日本全国800社程度のリフォーム会社が加盟しています。これだけの会社が加盟していれば、どのような条件・どの地方で暮らしている人でも近場で希望にかなうリフォーム会社がきっと見つけられるでしょう。

しかも希望する工事内容などについて入力すれば、最大5社の見積もりを一気に取れます。これだけ多くの業者の見積もりが取れれば、どの業者にお願いすれば安くリフォーム工事ができるのか、自分のリフォーム工事のだいたいの相場も見えてくるでしょう。

最大5社に同時見積もりするとなると面倒そうと思う人もいるかもしれません。しかし後で詳しく見ていきますが、入力内容はそれほど多くはないです。最短3分で入力作業が完了します。もちろんネットのサービスなので、24時間・365日利用できます。仕事の合間のちょっとした時間を使って、仕事中利用できるチャンスがなければ仕事終わりの自由時間を使って申し込みできる手軽さも魅力です。先ほど紹介したようにサービス利用は無料なので、「今はまだリフォームするかどうか決めていないけれどもどの程度の費用が掛かるのか知りたい」といった用途で活用することも可能です。

リショップナビはただ単に一括見積サービスが利用できるだけでなく、コンテンツも充実しているところが魅力です。例えばリフォームの相場を個所別に紹介しています。

リフォームにかかる費用のだいたいの相場を把握しておけば、「どこまでリフォームするといくらかかるか」おおよその計算ができます。自分の設定している予算と照らし合わせて

「この予算ならこの程度は工事依頼できるだろう」

「ここまでリフォームをお願いすると予算オーバーするから次に回そう」

といったやりくりができます。また一括見積を取る前におおよその相場がわかっていれば、業者の提示した金額が適正価格の範囲かどうかもチェックできます。

またプラン一覧のコンテンツでは、完成後のイメージが画像付きで紹介しています。これはほかにもいろいろとあるリフォームポータルサイトにはなかなか見られない内容です。画像がついていると、リフォームした後の仕上がりのイメージも具体的に抱けるようになります。

そのほかにも複数のリフォーム依頼をした場合のパッケージプランの価格なども提示されています。このようなパッケージプランも見積もり依頼する前に予算と比べて使えるかどうかのシミュレーションができるので便利です。リショップナビのコンテンツをチェックすることで、完成後のイメージがどんどん具体的に湧いてくるのが魅力です。

リフォーム成功のポイントなど、リフォームをするにあたって役に立つ情報がいろいろと提供されています。今回リフォームを初めて行う人は、こちらのコンテンツをチェックするといいでしょう。

>>>リショップナビの詳しいサービスはコチラ!

リショップナビの特徴

リフォーム業者を選ぶにあたって、リショップナビを利用している人は多いです。口コミサイトでもしばしば体験談が投稿されていますし、ランキングサイトの上位に来ることもしばしばです。

なぜリショップナビが支持を集めているのか、ユーザーが安心して利用できる特徴がいくつかあります。その中でも以下では、リショップナビを安心して利用できる4つの特徴について紹介します。リフォーム工事をお願いして失敗したという話も聞かれますが、リショップナビを利用すればリスクも最低限に抑制できます。

カスタマーサポートによる会社の選定

リショップナビの大きな特徴として、カスタマーサービスを設置していることが挙げられます。これは他にはなかなか見られない特徴です。見積依頼手続きが完了すると、カスタマーサービスが皆さんにコンタクトを取ってくれます。

その中で皆さんがどのようなリフォーム工事を希望しているか、より具体的にヒアリングをします。その上で皆さんが希望する工事内容にマッチングするリフォーム会社を紹介してくれます。

ちなみにカスタマーサービスのやり取りですが、電話による連絡になります。ですから細かなニュアンスやリフォームするにあたってのこだわりなどについても、詳しくオペレーターに説明できます。よって自分の希望通りの業者を紹介してもらえる可能性が高いです。

特に初めてリフォームしようと思っている人の中には、リフォームに対してよくわからないこと・不安なことがあるという人もいるでしょう。もし疑問点・不安点があれば、カスタマーサポートに相談することも可能です。不安を感じることなく業者に依頼できるわけです。

厳しい審査を通過した会社のみ加盟

リフォーム業者の中には一部悪徳業者がある、ということはニュースの特集などでしばしば紹介されています。「手抜き工事をされた」、「不当な高額請求をされた」という話が時折聞かれます。このような悪徳業者に引っかからないようにするためには、リショップナビを利用するのも一つの方法です。というのもリショップナビに加盟するためには、厳しい基準をクリアしなければならないからです。

リショップナビでは4つの基準を設けています。そしてその4つの基準をいずれもクリアしていないと、一括査定に参加できません。その4つの条件とは、過去2年以上リフォーム関係の法人としての活動実績がある・関連法規を遵守し、過去2年以内に違反の記録がないこと・リフォーム瑕疵保険や賠償責任保険、建設工事保険などリフォームで必要な保険に年間加入している・建設業許可/建築士事務所登録などリフォーム工事を行うにあたって必要な資格や免許を保有していることです。

このように優良企業でしか、一括見積に参加できないシステムになっています。ですから悪徳業者に引っかかる心配をする必要がないわけです。

リショップナビ独自の保証制度

上で紹介したように、リショップナビに加盟しているリフォーム会社は厳しい審査基準をいずれもクリアしています。このためリフォーム工事を依頼した場合、何らかのトラブルが起こる可能性はかなり低いです。しかし人間のやることなので、完璧に工事ミスを回避できません。

万が一リフォーム工事における何らかのトラブルの発生した場合のために、リショップナビでは独自に安心リフォーム保証制度を用意しています。保証内容は後で詳しく見ますが、引き渡し後1年以内に何らかの瑕疵があった、工事中に事故が起こって損害を被った場合に補償が受けられる内容です。

お祝い金としてQUOカード1,000円分

リショップナビを使ってリフォーム業者に工事の依頼をすると、プレゼントがもらえるのもおすすめポイントです。リフォームお祝い金キャンペーンというもので、リショップナビ経由でリフォームを行った場合QUOカード1,000円分がプレゼントされます。

このプレゼントを活用するためには、リショップナビで紹介を受けたリフォーム会社と契約を交わしたところで、メールにて成約報告をします。するとリショップナビの方から「成約者様アンケート」というメールが返信されます。メールの中にはURLが記載されているのでこちらをクリックすると入力フォームにジャンプしますので、すべての項目を入力して提出します。そうすれば、先ほど紹介したお祝い金がもらえます。

こちらのキャンペーンですが、上の条件をクリアすれば、基本誰でも対象です。ただし1回の契約につき適用されるのは1回だけとなりますので、あらかじめ注意してください。

リショップナビ利用の流れ

リフォームを検討している人の中には、リショップナビの一括査定サービスを使って、複数の業者から見積もりを取ろうと思っている方もいるでしょう。しかし「リショップナビに興味があるけれども、どのように利用すればいいのかわからない」という人もいるかもしれません。

しかしリショップナビの利用方法ですが、それほど難しいものではないです。時間にして3分程度で終わる簡単な手続きです。以下ではリショップナビの利用の流れについて詳しく見ていきます。

見積もり依頼

リショップナビの一括見積サービスを利用するのであれば、まずは依頼手続きからです。リショップナビのホームページに見積もり依頼する専用のフォームがあります。こちらに必要事項を入力して送信します。

フォームに入力する項目はそれほど多くはないです。名前・電話番号・メールアドレス・年齢・郵便番号・都道府県・住所は必須です。そのほかに任意でリフォームの希望やマイホームについてどのような不満があるか入力もできます。リフォーム機能については、わかる範囲で構わないのでできるだけ詳しく入力すると見積もりの手続きがスムーズになります。

中にはパソコンを持っていない・入力するのが苦手・自信がないという人もいるでしょう。その場合には、電話で見積もり依頼することが可能です。フリーダイヤルになっていますから料金の心配をする必要はないです。ただし土日祝日は受付しておらず、平日でも10~19時の受付になるのでその部分はあらかじめ理解しておきましょう。

リフォーム会社の紹介

リショップナビに見積もりの申し込みが完了すると、リショップナビの運営事務局から連絡が入ります。その中で詳しい話についてヒアリングが実施されます。先ほども申し込みフォームの中では、自分がイメージするリフォーム内容について説明しきれないケースもあるでしょう。そのような場合には、運営事務局に話をしましょう。

またリフォームについてわからないこと・気になることがある人もいるでしょう。その場合には、この連絡の時点で相談してみましょう。オペレーターが必要な情報の提供・問題点に対するアドバイスをしてくれます。

お客さんからリフォームについての詳細な話を聞いたところで、その条件に合致するリフォーム会社を紹介してくれます。リフォームの条件・地方によって紹介できるリフォーム会社はまちまちです。しかしリショップナビでは、最大5社までの紹介を行っています。

比較・検討

皆さんからリフォームについての要望をはじめとした条件をヒアリングすると、リショップナビの方から適切と思われるリフォーム業者をいくつか提示してくれます。この紹介が行われると、今度はそのリフォーム会社の担当者から直接連絡が入ります。そしてそれぞれの業者が皆さんの希望するリフォーム工事についての費用の見積もりが提示されるでしょう。

複数社から見積金額の提示がなされます。すべての候補となる業者の見積もりが出揃ったところで、比較・検討を進めましょう。</span>費用はもちろんのこと、見積もり内容について確認をすることです。

リショップナビのコンテンツでも推奨されていることですが、簡易見積もりだけでなく現地に来てもらうことです。スタッフが現地にきて詳しく見積もり調査を行います。ちなみにこのときに要望や条件をメモなどにしてまとめておく、もしくはリフォーム事例の写真をまとめておくのがおすすめです。その方が担当者により具体的に希望が伝わりやすいです。マンションリフォームの場合には、管理規約も用意しておくのがおすすめです。

>>>見積もりの依頼はコチラから!

安心リフォーム保証制度ってなに?

加盟のための厳しい審査・お客さんから要望を聞いてそれに合致するリフォーム会社を紹介して、リフォーム工事に関するトラブルが起こらないように細心の注意を払ってサービス提供しています。しかしそれでも人間のやることなので、リショップナビの紹介を受けてリフォーム工事でトラブルの起きる可能性はゼロにはできません。

もしリショップナビで紹介を受けたリフォーム会社との間にトラブルが起きた場合、リショップナビでは保証を提供しています。安心リフォーム保証制度ですが、具体的にどのような内容か見ていきましょう。

保障の仕組み

リショップナビは安心リフォーム保証制度を用意しています。この保証制度はリショップナビの運営元であるアイアンドシー・クルーズが大手損害保険会社と共同開発した商品です。リショップナビの紹介で工事依頼した際に突発的な事故が起きた、引き渡し後一定期間内で工事の瑕疵が見つかった場合が保証対象です。このようにリスクマネジメントを行っているので、リショップナビを介して安心してリフォーム工事の申し込みができるわけです。

リショップナビの安心リフォーム保証制度に加盟しているリフォーム業者と請負契約書を締結していること・安心リフォーム保証制度にリフォーム会社が申し込みをし、受理されたうえでリフォーム工事を行った場合が対象です。その上で、リフォーム工事中に工事現場にて不足・突発的な事故が工事対象物に発生した・工事完了後1年以内に施工・対象物に何らかの欠陥が見つかると補償の対象になります。壁にタイルを貼り付けてもらったけれどもはがれた・屋根の吹き替え工事後雨漏りが発生した・水回りのリフォームのあとで水漏れが起きた場合などが考えられます。

例えばあるリフォーム会社に工事の依頼をしたあと1年以内に工事の何らかのミスが発覚したとします。このミスが発覚した時点ですでにその施工依頼したリフォーム会社が倒産していたとしても、安心リフォーム保証制度を活用できます。

安心リフォーム保証制度を利用する場合には、申し込みをする必要があります。リショップナビの紹介を受けたリフォーム会社とリフォーム工事請負契約を締結します。この時までに「安心リフォーム保証制度を利用したいのですが…」という風に伝えましょう。

すると工事着工前に安心リフォーム保証の必要書類に必要事項を記入します。そしてリフォーム会社に提出すると、保証書が発行されます。こうすれば、何か問題が発生しても必要な補償を受けられます。

リショップナビの安心リフォーム保証制度を利用すると、キャッシュバックキャンペーンが受けられるというメリットがあります。安心リフォーム保証制度を利用したのであれば、そのことをリショップナビに申告します。専門のメールアドレスが用意されているので、こちらに申告します。

メールを送信するにあたって、タイトルは「安心リフォーム保証利用キャッシュバックキャンペーン」とします。その上で本文には、氏名(フリガナ付き)・住所・連絡先・契約会社名・工事内容・工事金額を入力します。するとリショップナビの方で契約したリフォーム会社に契約と安心リフォーム保証制度の利用の確認を取ります。確認が取れ次第、QUOカード1,000円分を郵送で送られます。

安心リフォーム保証制度を利用するにあたって、免責の発生することに注意しましょう。まず工事現場で事故が発生した場合、リフォーム工事価格から2万円を差し引いた額が限度額となります。もし引き渡し後に何らかの欠陥・瑕疵が見つかった場合には、10万円もしくは購入価格の2割のいずれか高い方が免責金額となりますのであらかじめ理解しておきましょう。

なぜ保証が必要なのか

リショップナビでは独自に紹介するリフォーム会社の審査を行って、クリアした優良な業者を厳選しています。しかしこれだけリスクマネジメントしても工事ミスが絶対に起こらないと断言できません。リフォーム工事の費用ですが、どの範囲で工事をするかによって変わってきますがだいたいのケースで何十万・何百万円というまとまった費用が必要です。もしこの工事で何らかのミスが発生すると、お客さんにかかる経済的な負担は大きくなります。もし工事でミスが起こり、再工事が必要になった場合にその費用をカバーするためにリショップナビでは安心リフォーム保証制度を用意しているわけです。

リフォームについての番組が出てきて、一般のリフォーム・リノベーションに関する関心が高まっています。マイホームは何度も購入できるような金額ではないです。マイホーム購入と比較すると、リフォーム・リノベーションの方が費用も安いのでこちらを選択して、できるだけマイホームを長持ちさせる人も増えてきています。

リフォームが世間的な関心を呼んでいる中で、リフォーム工事を請け負っている業者の数も増えてきています。しかし選択肢が増えると、

「結局どこがいいリフォーム業者なの?」

「どこなら長年おつきあいのできる安心な業者なの?」

という疑問が生じるでしょう。リフォームをどこに依頼するか、判断基準は大変難しいといわれています。

リフォーム工事をお願いしてしばらくすると何か問題が生じた、そのことを問い合わせるとその工事を請け負った業者はすでに倒産した後だった、ということも起こりえます。リフォーム業界はまだ登場してそれほど歴史も長くありません。このため、業界全体が少し不安定なところがあって、名の通った有名なリフォーム会社でも倒産の可能性は少なからずあるといわれています。そこでリフォーム業者が倒産した後で何か問題が発生した時のために、リショップナビでは加盟会社を対象に安心リフォーム保証制度を導入しているわけです。

まとめ

マイホームを持っている人の中には、リフォームをして家を長持ちさせたい、今の生活にマッチする間取りにしたいと思っている人もいるでしょう。しかしリフォームをお願いする業者をどこにすればいいのか、選び方がわからないという話もよく聞かれます。ニュースなどでリフォームをした結果トラブルになったという話も聞かれるので、「変な業者に引っかかってしまうのではないか?」と不安に感じていませんか?

そのような人におすすめなのが、リショップナビです。日本全国の800のリフォーム会社が加盟していて、皆さんの希望するリフォームを請け負ってくれる業者が見つかるはずです。しかもリショップナビでは加盟する際に厳しい審査基準を設定しているので、優良なリフォーム会社しか登録していません。

しかしそれでも不可抗力のミスなどで、リフォームトラブルの起きる可能性はゼロではないです。万が一のためにリショップナビでは安心リフォーム保証制度を用意しています。リフォーム工事中や工事後のアクシデント・欠陥が発生した場合に、リショップナビと損害保険会社が共同で保証してくれる商品となります。このようにもしものためのセーフティネットもありますので、リショップナビを介してなら安心してリフォームの依頼ができるはずです。

>>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

  関連記事

価格をこれ以上落としたくない!「売れない物件」を売りやすくするための戦略

物件が売れない原因、まず考えてしまうのが「価格設定」ではないでしょうか。確かに価 …

新築後すぐに売却する場合に注意したい2つのポイント

地域性で流動する築浅の価格 新築の住宅を購入したけれども、何らかの理由で売らない …

抵当権抹消登記は誰がおこなうもの?手続きに費用をかけずに済ます方法解説

住宅を購入し長い期間の住宅ローンを完済した後は、「抵当権抹消登記」をおこなう必要 …

不動産の売却ではどんな査定基準で算出されているの?

不動産売却をする際にまずは査定をすることになりますが、この査定価格というのはそれ …

築25年以上は危ない…価値のない不動産があるって本当なの?

築25年で不動産価値がゼロになる? 不動産の資産価値に関して、いろいろなことが言 …

イエイ不動産一括査定は利用実績300万人超!不動産売却するのに欠かせないツール

そもそもイエイ不動産一括査定ってどんなサービス? 出典:yeah.jp 不動産売 …

不動産の「ネットオークション」日本での普及状況を徹底調査!

海外における不動産のオークションはアメリカを筆頭に歴史も古く、ヨーロッパやオース …

資産価値が落ちにくい物件の特徴4つを公開

ロケーション・バリューに注目 少子高齢化が進み、これからの日本は人口が減少傾向に …

不動産の査定にお金が掛かることはあるの?どんな時に必要?

不動産を査定してもらう際にどのくらいの費用が必要になるのかを気にする方はたくさん …

短期長期不動産売却 お金だけでは図れないメリットデメリット

不動産を売却しようと悩むのが短期売却にするかそれとも長期売却にするかという点でし …