イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

日本最大級の不動産一括サイト・スマイスターを徹底研究してみました

   

利用者満足度96%!スマイスターの魅力は?

スマイスターってどんなサイト?

自分が持っている不動産を売却したいと思っている人で、やはり少しでも高い価格で売りたいと思うのが本音でしょう。そのような場合には、不動産一括サイトを利用するといいでしょう。複数の不動産会社に査定を一括でお願いでき、価格の比較ができます。

不動産一括サイトはいろいろとありますが、その中でも実績のあるサイトを利用したいと思うのであれば、スマイスターがおすすめです。スマイスターは2006年からサービス開始していて、業界でも屈指の老舗です。2017年5月の時点で17万件の利用実績があります。

スマイスターにはいろいろな不動産会社が登録しています。提携会社の数は実に1,000社程度に達します。その中には住友不動産販売、小田急不動産、野村の仲介+、ハウスドゥ、大協穴吹不動産、近鉄不動産といった大手もたくさん含まれています。このような不動産会社の中から、最大6社の無料査定が受けられます。

スマイスターを運営しているのは、シースタイルという会社です。2004年に創業した企業で、もともとはインターネットの広告代理店業を行っていました。そこから不動産メディア事業も行っていて、その中核を担っているのがスマイスターなのです。

驚異の利用者満足度96%!サイトを利用するメリット

スマイスターの利用者満足度は96%と非常に高いです。なぜここまでユーザーの間で支持されているのか、まず納得できる不動産売却がしやすいからというのがあるでしょう。

スマイスターは提携している不動産会社が約1,000社となっています。かなり多いような印象もあるでしょうが、実は不動産一括サイトの中では提携先の数はそこまで多くはないです。これは提携会社の審査を厳しく設定しているからです。優良不動産会社を厳選しているので、不動産売却するときに満足しやすいわけです。

またスマイスターで査定をして、提携不動産会社と媒介契約を結ぶとギフトカード5,000円分のプレゼントを実施しています。このようなキャンペーンはいろいろとおこなわれていますので、興味のある人は最新の情報をホームページで確認しましょう。あるキャンペーンが終了すると、別のキャンペーンを実施しているので常時何かしらのキャンペーンを実施している形になります。

スマイスターは10年以上の歴史を誇ります。この歴史の長さが安心して利用できる理由の一つです。

このようなインターネットサービスを利用するにあたって、自分の個人情報が流出してしまうのではないかと不安に感じている人もいるでしょう。スマイスターの場合、プライバシーマーク認定企業が運営しているサイトです。プライバシーマークは、利用者の個人情報を保護する対策を行っていると国が認めたことを意味しています。

ですから利用者の個人情報や物件に関する情報を所有者の許可なく、ネットに公開されることは一切ありません。このような部分も気軽に利用できる理由の一つといえます。

通常不動産一括サイトの場合、仲介会社の査定だけというケースが多いです。しかしスマイスターでは、不動産会社が直接買取するための査定にも対応しているのもメリットといえます。このようにいろいろな不動産物件の処理方法に柔軟に対応しているのが、スマイスターの魅力といえます。このように痒い所に手が届く様なサービスを実施しているので、スマイスターは高い満足度が得られるのです。

>>>メリット盛り沢山の不動産一括査定サービス、スマイスターのサイトはこちら!

スマイスターを利用がおすすめな人・おすすめでない人

スマイスターの利用がおすすめな人は、自分が持っている不動産で最大限の利益が出るようにしたいと思っている方です。そのためには不動産売却だけでなく、いろいろな選択肢を残しておきたいのであれば、スマイスターを利用するといいでしょう。

スマイスターでは不動産仲介のほかにも買取してくれる不動産会社も提携先としてあります。また土地活用の方法についても提案してくれます。不動産を売却するのではなく、賃貸経営などを行ったほうが効率的に収益の得られるケースもあります。そのような場合に土地活用の方法で最適なプランを提案しています。

また不動産売買初心者にもおすすめのサイトです。スマイスターは不動産一括査定のサービス以外にも、ホームページではいろいろなコンテンツがあります。不動産に関するコラムも掲載されているので、不動産売買についてのいろいろな情報を得られます。このような情報で学習しながら、売却手続きできるのは初心者の方にとっては魅力的です。

サイト内には利用者の声もたくさん掲載されています。自分と似たようなことを考えて、実際にスマイスターを利用した時の体験談が掲載されているので参考意見として活用できます。

ではスマイスターの利用があまりお勧めできない人はいるでしょうか?ユーザー満足度が高いので、あまりお勧めできない人はいません。しいて上げるとすれば、できるだけ多くの不動産会社の中から高額査定してくれる業者を見つけたいと思っている人です。

スマイスターの提携不動産会社の数は約1,000社です。これは不動産一括査定サイトの中では中程度です。ほかの同じようなサイトを見てみると、1500社を超える提携不動産会社を抱えているところもあります。少しでも多くの選択肢を残しておきたいと思っているのであれば、ほかの不動産一括査定サイトを利用したほうがいいかもしれません。でも1,000社もあれば、十分納得できる価格で自分の不動産を処理できるでしょう。

>>>独自のサービスが受けられるスマイスターのサイトはこちら!

スマイスターの参加不動産会社数はどのくらい?どんな不動産会社なの?

スマイスターは不動産の査定を複数の不動産会社に一括でお願いできるサービスを提供しています。ところでスマイスターの提携不動産会社の数ですが、約1,000社です。日本全国の不動産会社をカバーしているので、どの地方の不動産物件でも査定をお願いできます。

スマイスターの場合、優良不動産会社ばかりなのでどこに売却を依頼しても、高い満足度が得られる可能性が高いです。またスマイスターの場合、大手の不動産会社もあれば、中小の不動産会社もあります。地域密着した中小の不動産会社の方が物件によっては高い査定金額になることも多いです。

中小の不動産会社もしっかりカバーしているのは、スマイスターの強みです。ほかの不動産一括サイトよりも前から運営を開始しているので、日本全国に太いパイプを持っています。

スマイスターの提携不動産会社を見てみると、大手で有名な企業名も数多く連なっています。大京穴吹不動産・三井住友トラスト不動産・三菱地所ハウスネット・近鉄不動産・POLUS・住友不動産販売・野村の仲介+のように有名企業もたくさん参加しています。このような大手企業が利用している不動産一括サイトであれば、安心して利用できるのではありませんか?

スマイスターの利用は難しい?売却するまでの流れを公開

>>>不動産の無料査定はコチラから!

スマイスターの利用方法ですが、それほど難しくはないです。まずウェブサイトにアクセスして、都道府県・市区町村・町名・物件種別をドロップダウンで選択して、「無料査定スタート」というボタンをクリックします。

すると詳しく物件情報を入力するフォームにジャンプします。先ほど登録した町名は保存されているので丁目・番地、分譲マンションならマンション名や部屋番号を入力します。下部に「次へ」というボタンがありますのでクリックすると、次のフォームが出てきます。

すると物件種別で詳細情報を入力する項目が出てきます。土地であれば土地面積・一戸建てであれば建物と土地面積、間取り、築年数・分譲マンションであれば専有面積と間取り、築年数を入力します。

続いて物件の現況とあなたと物件の関係・名義を選択します。物件の現況は居住中・空き・賃貸中・その他の中からいずれか一つを選択します。あなたと物件の関係・名義は物件の名義人が自分かどうか、別の場合名義人との関係について入力します。

次に行うのは皆さんの情報に関する入力です。名前・住所・電話番号を入力していきます。ちなみに住所ですが、物件の名義人が自分の場合、自動的に登録されているので自分で入力する必要はありません。そして電話番号ですが、2つ入力しなければなりません。電話番号と携帯電話の番号、もしくは電話番号とメールアドレスを入力しましょう。

すると査定可能な不動産会社が複数表示されます。そのままで良ければいじらず、候補の中で必要ない不動産会社が混ざっていれば、その部分のチェックを外します。ただしできれば多くの選択肢を残すため、チェックは外さない方がいいでしょう。

そのほかに希望売却価格と希望売却時期を入力する欄があります。もし特別希望のない場合には、価格は「特になし」・希望時期は「未定(急がない)」を選択しましょう。最後に「個人情報の取り扱い(明示事項)に同意する」をチェックして、「送信する」ボタンをクリックします。

すると候補になっている不動産会社から査定結果についてメールなどで通知されます。その内容を比較して、どこに売却依頼するかを選択します。

もし売却を依頼したい不動産会社が見つかったら、現地にきて最終的な査定金額を依頼したほうがいいでしょう。この時点で、不動産会社はあくまでも皆さんの提供する情報をもとにして物件を見ずに査定金額を出しています。実物を見ると評価の変わってくる可能性がありますので、スタッフに来てもらって査定をお願いしたほうがいいでしょう。

売却を正式に依頼するのなら、媒介契約を交わします。媒介契約ですが、3種類あります。まず専属専任媒介契約はほかの不動産会社に仲介を依頼することはできませんし、自分の知人を見つけて売却する場合でもいったん契約した不動産会社を通さないといけません。2つ目の専任媒介契約も先に紹介した専属専任媒介契約と大方一緒です。ただし知人や家族など自分で売却先を見つけた場合、不動産会社を通す必要はありません。

最後は一般媒介契約です。一般媒介契約の場合、複数の不動産会社と契約を交わすことができます。いずれの契約にするかを決めて、不動産会社に売却の依頼をすることです。

査定に必要な書類や情報は?手続きの基礎知識

スマイスターを使って不動産一括査定を不動産会社にお願いします。このとき必要な書類がいくつかありますので、あらかじめ準備しておいて手元に置いて手続きを進めるといいでしょう。

どのような書類が必要なのでしょうか。地図や登記簿などの物件に関する資料です。登記簿は査定をお願いするにあたって必要になることが多いです。ただし単価で査定結果を示す場合には必要ない場合もあります。

スマイスターを使っての簡易査定の場合、あくまでも皆さんの提供した情報だけで実物を見ることなく査定をします。しかし物件の状態などを知らないと、より詳細な査定金額を提示できない場合もあります。その場合には現地に来てもらって、より詳細な査定をお願いしたほうがいいでしょう。この場合、より詳細な資料が必要になります。

先ほど紹介した地図や登記簿のほかにも、購入した時に渡された重要事項説明書や建築関係書類などを準備しておきましょう。別にこのような書類がなくても、不動産会社の方で独自に調査することも可能です。しかしこのような書類を準備しておくと、スムーズに査定手続きを進められます。物件に関する資料はできるだけ多く準備したほうがいいでしょう。

不動産売却をするにあたって注意しなければならないのは、売却金額がそのまま自分の手元に入ってこない点です。いろいろと費用が掛かりますので、その部分はあらかじめ理解しておきましょう。

まず不動産会社に仲介を依頼した場合、仲介手数料を売買契約が締結した時点で支払わないといけません。仲介手数料は売却価格の3%強になります。実は不動産会社の中には悪質な営業をしているところもあって、不当に高い仲介手数料を請求してくるところも一部あるようです。スマイスターを使っている場合、優良不動産会社ばかりなのでこのようなトラブルはまず起こらないでしょう。しかし悪徳業者があることは覚えておいても損はありません。

ほかにも売買契約書を作成する必要がありますが、この契約書には収入印紙を貼り付けます。この印紙代も負担する必要があります。

さらに不動産登記を皆さんの名義から買主の名義に変更する必要があります。このときに司法書士に依頼することになりますが、報酬も準備しなければなりません。このように不動産売却する場合でも費用負担する必要があることは頭に入れておきましょう。

スマイスター一括査定の評判を口コミサイトで検証してみた


スマイスターの評判を見てみると、登録している不動産会社に関する高い評価がよくネット上でも紹介されています。

「スマイスターで一括査定をお願いしたところ、不動産会社が素早く対応してくれた」

「こちらの相談にできるだけ対応できるように根気強く情報収集してくれた」

「売却に関する手続きができるかどうか不安だったけれども全部やってくれたので助かった」

といった意見がしばしば出ています。

不動産取引は、一般の方にとってそう何度もある経験ではないでしょう。初めての不動産売却という人もいるはずです。やり方がわからない、何千万という大きなお金の動く取引なので不安に感じる人もたくさんいるでしょう。しかしスマイスターに登録している不動産会社はしっかりサポートしてくれるので安心という意見はしばしば見られます。

古い物件の場合、土地の境界線がはっきりしないこともままあります。その場合でも境界線をはっきりするため、役所に不動産会社のスタッフが一緒についてきてくれたという体験談も紹介されていました。きちんとした不動産会社ばかりが登録しているので、いろいろと専門的なアドバイス・サポートを受けながら手続きを進められるのはありがたいでしょう。

「一度に最大6社の不動産会社に査定できるのはいい」という意見も多かったです。物件によっては不動産会社の出す査定金額がだいぶ変わってくることもままあります。不動産会社の営業スタンスが変わってくると、査定金額もだいぶ違いが出てくるようです。いろいろな不動産会社の査定を比較できるのは高く売却するために必要なことで、スマイスターであれば一括査定もスムーズであるところが口コミサイトでも評価されています。

スマイスターの悪い口コミはあまり見られません。しかし中には「査定できる不動産会社が少なかった」という意見が時折見られます。スマイスターは1,000社程度の不動産会社と提携しています。これはほかの不動産一括サイトと比較しても突出しているわけではありません。

このため、地方や郊外の不動産の査定を依頼する場合、選択肢が少なくなることもあります。実際口コミサイトの中には「最大6社の不動産会社に査定の依頼ができると聞いていたのに、1~2社程度しか査定してもらえなかった」という意見も出ています。

ただし地方や郊外の場合、ほかの不動産一括査定サイトを利用してもあまり査定できる不動産会社が見つからない可能性は高いです。ですから複数の不動産一括査定サイトを利用して、選択肢を増やすなどの対策を講じる必要があります。おおむね評判がいいサイトなので、不動産売却などを検討しているのであればスマイスターの利用を検討してみるといいでしょう。

>>>利用者に好評な不動産一括査定サービス、スマイスターのサイトはこちら!

他の一括査定サイトとスマイスターとの比較・いい点と悪い点は?

スマイスターがほかの不動産一括サイトと比較して、いろいろな不動産の処理方法について検討できることが強みといえます。不動産一括サイトの場合、通常仲介依頼する業者を選ぶことに特化していることが多いです。

しかしスマイスターの場合、買取任意売却賃貸管理土地活用リノベーションM&Aといったいろいろな査定に対応しています。このような不動産一括サイトはほかにはなかなかありません。

不動産を処分するのなら、できるだけ高い収益を出したいと思うのが普通でしょう。処理方法の選択肢が多いので、自分の不動産を使ってより大きな利益をあげることが可能になります。これはスマイスターのほかの不動産一括サイトにはない強みといえます。売却せずに賃貸経営をした方がベストであれば、その方向で土地活用することも可能なわけです。

またスマイスターでは、一括査定以外にも不動産コラムを充実させているのも強みといえます。不動産売却が今回初めてなど、初心者の方も多いでしょう。そのような人のためにコラムなどを使っていろいろな情報提供を行っています。いろいろなサポートを受けながら、別との不動産の処分方法を学習できます。

スマイスターがサービス開始したのは、2006年12月です。すでに10年以上の歴史を誇ります。今では不動産一括査定サイトはいくつもありますが、その中でも屈指の歴史の長さです。業界におけるパイオニアといっても過言ではないでしょう。運営期間が長ければ、それだけ利用者から高い支持を受けているサイトといえます。

2016年12月の段階で、スマイスターの延べ利用者数は350万人を突破しています。この利用者の多さも、信頼できるサイトを証明しているといっていいでしょう。

スマイスターを利用する時のポイントは時間帯?


スマイスターのホームページの特徴として、トップページにできるだけ多くの情報がすべて掲載されている点が挙げられます。このため、いろいろなところをクリックして移動する必要がありません。一括査定の手続きがシンプルになっているので、初めて利用する場合でもそれほど戸惑うことはないでしょう。しかし必要な情報が1ページに収まっているのは、時としてデメリットになりえます。

1ページに必要な情報がすべて収まっているとなると、サイトがどうしても重たくなります。このため、時間帯によってはなかなかページが表示されないというデメリットの生じる恐れがあります。

一般的にインターネットの回線が混み合う時間帯は、夜です。仕事が終わって自宅に戻って自由時間を使ってインターネットにアクセスする、帰り道の電車・バスの中でスマホなどを使ってネット通信する人が多くなります。

インターネット回線の混みあい方と時間帯の関連についてデータ表示しているサイトもあります。これを見ると、16~17時くらいの夕方辺りになるとネットの利用料がぐんと増加します。そして20時ごろになるとインターネット利用がピークに達します。この夜間にスマイスターをチェックすると、なかなかサイト表示されずにやきもきする恐れがあります。

一方朝を見ると利用者数がかなり少なくなります。通信量を見ると朝8時はピーク時の20時と比較して半分以下です。朝方にネット通信をすれば、スムーズにスマイスターのページも立ち上がってくるでしょう。

朝はネット通信している時間が作れないというのであれば、深夜にアクセスするといいでしょう。というのも0時を過ぎるとネットの通信量がガクッと少なくなるからです。0時以降にネット通信をすれば、スマイスターも見やすくなるでしょう。このようにスマイスターを利用する際には、通信速度も意識してみるといいでしょう。

まとめ

不動産を少しでも高く売却をしたければ、複数の不動産会社に査定依頼することが大事です。しかしいちいち不動産会社のホームページにアクセスして査定依頼するとなると面倒でしょう。不動産一括査定サイトを利用すれば、一回不動産・お客様情報を入力すると複数の不動産会社の簡易査定が受けられます。1日数分もあれば利用できるので、不動産売却を検討している人にはお勧めのサービスです。

不動産一括査定サイトはいろいろとありますが、その中でもスマイスターの利用はおすすめです。スマイスターはすでにサービス開始してから10年以上の歴史を誇ります。これは数ある不動産一括査定サイトの中でも屈指の老舗です。それだけ利用者からの絶大な支持を集めているといえるので、初めて利用する場合でも安心です。

通常不動産一括サイトの場合、仲介業者を紹介することが多いです。しかしスマイスターの場合、買取や土地活用などいろいろな査定に対応しているところが魅力です。少しでも不動産を高い値段で処分したいと思っている人にはお勧めです。

スマイスターの場合、利用するのは無料です。不動産売却しようかどうかまだ決めているわけではない、まだ不動産を売却するつもりはないけれども自分が持っている物件の価値を知っておきたいという人でも利用可能です。自分の不動産の価値を気軽に知りたいと思っているのであれば、スマイスターの利用を検討しましょう。

>>>スマイスターについてもっと詳しく知りたい方はコチラ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

  関連記事

不動産の売却ではどんな査定基準で算出されているの?

不動産売却をする際にまずは査定をすることになりますが、この査定価格というのはそれ …

資産価値が落ちにくい物件の特徴4つを公開

ロケーション・バリューに注目 少子高齢化が進み、これからの日本は人口が減少傾向に …

売却後に不動産会社がクーリングオフすると言ってきた 拒否れる?

日本にクーリングオフという制度があって、購入後8日以内であればその契約を解除でき …

短期長期不動産売却 お金だけでは図れないメリットデメリット

不動産を売却しようと悩むのが短期売却にするかそれとも長期売却にするかという点でし …

困った!不動産の買い手が見つからない… 業者は当然知っている本当の理由

不動産を売り出しているのに待てど暮らせどなかなか売れない。不動産に問い合わせるも …

「クーリングオフ」は不動産取引のときこそ知っておくべき制度!?

訪問販売や通信販売など、「買主」が不利益を被りやすい商取引のときに活用されること …

不動産投資はアプリから始める ビックリするほど能率アップ

不動産投資を成功する秘訣は、何だと思いますか?努力ですか?資金力ですか?いいえ、 …

不動産の査定にお金が掛かることはあるの?どんな時に必要?

不動産を査定してもらう際にどのくらいの費用が必要になるのかを気にする方はたくさん …

アベノミクスがこれから不動産投資にこ~んな影響を与える

アベノミクスは一定の効果を生んだ。というのが一般的な見方です。 特に国外向けの製 …

ユニークな名称でも実力は確か!ふじたろうの不動産一括査定

独自のバリュー機能で誤差の少ない確かな査定 ふじたろうってそもそもどんなサービス …