イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

フラット35の中でも最強スペック?ARUHI フラット35の商品内容をチェックしよう

   

全期間固定金利で返済できる住宅ローン・フラット35

マイホーム購入しようと検討している人で、住宅ローンをどうしようか迷っている方も多いでしょう。住宅ローンの中でも、コマーシャルでしばしば宣伝されている商品フラット35があります。フラット35は、最長35年間にわたって返済期間の設定できる住宅ローンです。

フラット35の特色として、全期間固定金利の住宅ローンである点です。金融機関の住宅ローンで、全期間固定金利の商品を販売しているケースは少ないです。ずっと固定金利で利息の支払いをするので、どの程度の返済総額になるのかあらかじめ計算できます。

変動金利の場合、今後インフラ局面に入って金利上昇した場合、利息の負担が大きくなります。しかし固定金利であれば、金利が今後上昇しても負担が重くなる心配がないです。

そのほかにも金融機関の住宅ローンの場合、勤続年数や団体信用生命保険に加入するなどの条件が加わります。フラット35の場合、年収に対する返済負担率の制約はありますが勤続年数は問いません。また団体信用生命保険に加入する必要もないです。転職して間もない人や既往症のある人でも申し込めるのがフラット35のいいところです。

このフラット35は、様々な金融機関で取り扱っています。ただしどの金融機関でも、同じ条件でフラット35を販売しているわけではないです。フラット35で住宅ローンを組みたいと思っているのであれば、金融機関ごとに比較検討しなければなりません。ここではARUHIというところが提供しているフラット35について紹介していきます。

フラット35を販売しているARUHIの概要

フラット35を取り扱っているARUHIは、もともとSBIモーゲージという社名で活動していました。旧社名を見れば想像できるかもしれませんが、SBIホールディングス株式会社の子会社にあたります。ARUHIでは住宅ローンの貸し出しや取次業務を専門的に取り扱っています。

ARUHIは住宅ローンの融資業務を広範囲に取り扱っています。日本全国に170店舗以上の対面で相談・申し込みできる店舗を展開しています。そのほかになかなか忙しくて店舗に行けない人のために、インターネットからの受付業務も行っています。

ARUHIといえばフラット35といわれているほど、密接な関係にあります。フラット35を取り扱っている金融機関は、実に300社を超えます。その中でも2010年から6年間にわたって、フラット35のシェアがトップの座をキープしています。しかもそのシェア率は25%を超えています。ARUHIだけで、日本全国の1/4前後のフラット35を販売実績があるわけです。

なぜここまでフラット35が魅力的かですが、ほかの金融機関にはない特徴があるからです。ARUHIのフラット35は、取扱金融機関の中でも最低水準の低金利で販売しています。また審査スピードが速いので、より迅速に借り入れできる点もほかにはない特色です。つまり借り入れ条件がいいのでフラット35で住宅ローンを組むのならARUHIで、となるわけです。

ARUHIのフラット35の商品内容はどんな感じ?詳細情報を紹介

フラット35は、団体信用生命保険に加入することなく住宅ローンが組めます。

しかしARUHIのフラット35では、団体信用生命保険を任意でつけることも可能です。団体信用生命保険に加入しておけば、返済途中で自分が倒れてしまったとしても保険金で残債を完済できます。家族に住宅ローンを残さないようにしたいと思っているのであれば、団体信用生命保険の加入も検討しましょう。

ARUHIのフラット35の団体信用指名保険には、いくつかのコースがあります。8疾病保障特約プレミアムは、文字通り8疾病にかかって就業不能状態に陥った場合、月々の住宅ローンの返済金額を保障してくれるものです。

この8疾病とは、がんと脳卒中、急性心筋梗塞、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎の8つの疾患です。

これらの病気にかかって、就業不能状態に陥り毎月の約定返済日までその状況が変わらなかった場合、12か月にわたって返済金を保険金で補てんしてくれます。しかも12か月を超えて就業不能状態に陥ると、ローン残高がゼロになります。そのほかに病気やけがにより入院した場合、一時金として10万円が支払われる補償も付いてきます。

そのほかには任意で、失業保障特約三ツ星くんという保障もつけられます。こちらは失業してしまった場合、ほえん金が支払われ、そのお金でローン返済を続けられます。最長6か月・保障期間を通算して36か月にわたって、毎月のローン返済額を充当してもらえます。

ただし失業保障特約三ツ星くんでは、非自発的な失業の時に保障されます。つまり会社が倒産したとか、リストラにあってしまったなどの会社都合の失業の時に保険金が支払われます。ですから自発的に辞表を提出して会社を辞めた場合には、保障の適用外になりますので注意しましょう。

住宅ローンを組むにあたって、いろいろと諸費用を負担する必要があります。住宅ローンでは保証会社をつけるのが一般的で、もし自分が返済できなかった場合、保証会社がその返済の肩代わりをします。保証会社の保証を受けるために、保証料を支払わないといけません。そのほかにも、事務手数料などを負担する必要もあるでしょう。

ARUHIのフラット35の場合、保証料は無料です。事務手数料は、税抜きで借入金額の2%となります。ただし借入金額の2%が20万円未満の場合、事務手数料は一律20万円となります。このようにARUHIのフラット35は、諸費用を安く抑えられるのも人気の理由です。

ARUHIのフラット35借り入れで気になる金利・全期間固定金利で設定

金融機関の販売している住宅ローンの場合、変動金利や固定金利選択型のものが多いです。しかしフラット35は、全期間固定金利であるのが大きな特徴です。全期間固定金利とは、住宅ローンの返済期間中ずっと最初決められた金利で利息の支払いをする方式です。

全期間固定金利で住宅ローンを組んだ場合、契約をした時点で毎月の返済額と利息の支払い額、ひいては返済総額が確定します。

全期間固定金利のメリットは、金利が今後高くなった場合金利が変わらないので、返済総額の節約ができます。また最初の段階で毎月の返済額が決まっているので、家計の計画が立てやすいところも借り手にとってはプラスです。

逆にデメリットになりうるのは、もし今後金利が下がったとしても全期間固定金利の住宅ローンは金利が高いままで余計な利息を支払う羽目になる恐れのある点です。

日本はデフレ経済の状況が続いていて、超低金利政策が進められています。

マイナス金利ともいわれている時代なので、これ以上金利の下がる可能性は低いでしょう。むしろ金利の上がる可能性はありますので、全期間固定金利で住宅ローンを組んだ方が有利になる公算が高いです。

ARUHIのフラット35の金利は、まず借入期間と融資比率によって変わってくる点を理解しましょう。借入期間が15~20年と21~35年とで金利が異なります。

プラス融資比率が9割までとそれを超える比率の場合とでも利率が違ってきます。借入が9割までの場合、15~20年は1.030%・21~35年は1.100%です。借り入れの比率が9割を超えると15~20年1.470%・21~35年1.540%となります。

ARUHIのフラット35は、マイホーム購入するにあたって新規借り入れするときに利用できますし、借り換えでも活用できます。ほかの金融機関の住宅ローンを組んでマイホームを購入して、その後フラット35のほうが現在借り入れている住宅ローンと比較して条件もいいので借り換えたいという人もいるでしょう。そのようなサービスにもARUHIは対応しています。

もし借り換えをする場合、金利は新規借り入れ9割までのケースと一緒です。返済期間15~20年が1.030%・21~35年は1.100%です。
ここでもう一度まとめの意味も込めて、表で金利の一覧を掲載しておきます。こちらで表示されている金利は、団体信用生命保険は別です。もし保険を付けた場合、金利が上昇しますのでその点は理解しておきましょう。

返済期間 金利
新規借り入れ 9割まで 15~20年 1.030%
借り換え 10割まで 21~35年 1.100%
新規借り入れ 9割超 15~20年 1.470%
借り換え 10割まで 21~35年 1.540%

 

ARUHIのフラット35に申し込みたい!気になる審査は?

他のフラット35・住宅ローン同様、ARUHIのフラット35でも住宅ローンに申し込むと融資可能かどうかの審査が実施されます。ARUHIのフラット35では、審査対象の条件を人・物件ともに設定しています。

まず申し込みできる人は、申込時の年齢が70歳未満・最終返済時80歳未満の方です。ただし親子リレー返済も可能で、子供が引き続き返済すれば、70歳を超えた人でも申し込みは可能です。

また年収条件が加わります。年収に対する年間返済額が400万円未満の方は30%・400万円以上は35%以下になることが条件です。ちなみに年間返済額の計算をするにあたりフラット35はもちろんのこと、カードローンなどほかの借り入れがあればその合算が上で紹介した割合以下にならなければいけません。

外国人の方でも、ARUHIのフラット35に申し込むことは可能です。ただし条件があって、永住許可を得ていなければなりません。

物件に関する条件もいくつかあります。まず住宅金融支援機構の定める技術基準に適合していることです。適合証明機関がありますのでそちらに申請すると検査が実施され、合格すれば適合証明書が発行されます。この適合証明書を申込み時提出する必要があります。

床面積の条件もあって、一戸建ての場合70平方メートル・マンションなどの共同住宅の場合30平方メートル以上が申込条件となります。中には店舗や事務所と併用した住宅を購入しようと思っている人もいるでしょう。この場合建物の床面積に占める住宅部分の割合が半分以上でなければなりません。

さらに融資金額の上限も設定されています。新築中古いずれも住宅購入価額、注文住宅の場合土地取得費と住宅建設費用が1億円以下の住宅が対象です。

自分がARUHIのフラット35の融資が受けられるかどうか不安な人もいるでしょう。その場合、事前審査を受けてみるといいでしょう。ARUHIでは住宅ローンの事前審査をWEBから申し込みできます。ただしWEB審査を受けるにあたって、ARUHIのIDとパスワードが必要です。まずはマイページの登録手続きをしてから、WEB審査を受けましょう。

ARUHIのマイページ登録は、WEBから申し込みできます。専用の申込フォームに名前と郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、性別、希望するパスワードを入力します。電話番号は固定電話以外にも、携帯電話の番号でも構いません。パスワードは、合計8文字以上でメールアドレスを一部含んだものはセキュリティ上認められませんので注意です。

WEBの事前審査を通過した場合、本申込の手続きに移りましょう。この本申込は、日本全国にある各店舗のほかにもWEBで手続きすることも可能です。ただしWEB本申込を希望する場合、マイページにWEB本申込書類発送依頼のページがありますのでこちらで申請します。本申込書類が自宅に届けられたら、必要事項を記入し所定の場所に捺印したものを返送します。

本審査を受けるにあたって、必要書類が必要です。

まず本人確認として、世帯全員が記載されている住民票と健康保険証、運転免許証、収入を証明する書類が必要です。ちなみに運転免許を持っていない人もいるでしょう。その場合にはパスポートやマイナンバーカード、印鑑証明書のいずれかを準備しましょう。

さらに物件に関する資料も必要です。敷地・建物の登記簿謄本、既存住宅を購入する場合には売買契約書、注文住宅を購入する場合には工事請負契約書を提出します。

マイホームの売買契約をする際に重要事項説明書が応付されるはずですが、こちらも必要です。マンションの場合床面積や総延床面積の記載されているパンフレット・一戸建ての場合配置図と平面図、公図、敷地実測図を提出します。さらに住宅金融支援機構の指定する適合証明書も必要書類になりますので、準備しておきましょう。

フラット35の審査は販売金融機関が実施します。このため、審査にかかる時間も金融機関によって異なります。通常フラット35の場合、申し込みから融資実行するまで4~8週間程度かかるのが目安といわれています。

しかしARUHIのフラット35は審査がスピーディです。WEB事前審査は1~2営業日で案嶺します。本審査は多少時間がかかるものの、それでも1~2週間程度です。ほかのフラット35の相場と比較して、短期間で審査結果が出ます。できるだけ早く融資を希望する人にはお勧めの住宅ローンといえます。

ARUHIのフラット35で借り入れれば、今後返済を進める必要があります。ARUHIのフラット35は毎月5日に返済をします。ただし約定返済日は13日の扱いとなります。もし5日が土日など銀行が休業日の場合には翌営業日です。返済用口座からの引き落としですが、ゆうちょ銀行をはじめ日本全国1000以上の銀行や信用金庫などが利用できます。

返済方式は、元利均等返済方式と元金均等返済方式のいずれかから選択できます。
元利均等返済方式とは、毎月の返済金額が均等になる返済方法です。一方元金均等返済方式は元金を月々均等に返済する方式で、そこにその時々の利息が上乗せされます。返済総額を少なくしたければ元金均等返済方式、無理なく月々返済したければ元利均等返済方式を選択しましょう。

6か月ごとのボーナス月の際には、通常よりも増額して返済することも可能です。ただし融資金額の40%を上限としてボーナス返済できます。

ARUHIのフラット35で借り入れする場合には、マイホームを担保登記する必要があります。土地・建物ともに、第一順位の抵当権を住宅金融支援機構が登記します。ARUHIのフラット35の融資実行日と同日に抵当権を登記する形になります。そして抵当権を設定するにあたって、登録免許税と司法書士報酬などの諸費用は借り入れする人が別途で負担します。

フラット35で借り入れしたら、期日までに返済しなければなりません。もし期日までに返済しなかった場合、利息のほかに遅延損害金を負担しなければなりません。遅延損害率は年利で14.5%となり、日割りで計算されます。余計なコストを負担しないためにも、期日までに支払いを済ませましょう。
住宅ローンを組むにあたって、連帯保証人をつけないといけない商品も多いです。しかしARUHIのフラット35の場合、保証人をつける必要はないです。

初めてマイホームを購入する人のための住宅ローン講座

これからマイホームを初めてマイホームを購入するのであれば、住宅ローンについての知識を身に着けておきましょう。

まず住宅ローンを組むにあたって、購入予算の枠を決めましょう。
最近では全額融資してくれる住宅ローンも出てきています。しかし返済負担のことも考えると、ある程度の頭金を準備しておく必要があります。頭金は最低2割必要といわれます。これは多くの金融機関で、マイホーム購入価格の8割を上限として融資しているからです。

住宅ローンで債務者が返済できない場合、担保の住宅を差し押さえして競売などにかけ、債権回収することになります。しかし住宅は築年数が経過すればするほど価値は下がるのが一般的なので、全額融資しないところが多いのです。

ただしマイホームを購入するにあたって、諸費用が住宅価格のほかにかかります。諸費用は新築マンションだと物件価格の2.5~5%、中古マンションは5~8%、一戸建ては6~10%が目安といわれています。そう考えると、住宅価格の3割を頭金として準備しておくと安心です。

住宅ローンを組むにあたって、多くの人が勘違いしています。それは「いくらまで借り入れできるか?」です。しかし住宅ローンを組むにあたって本当は、「いくらまでなら返済できるか?」をベースにして決めていくべきです。

住宅ローンの返済計画を立てるにあたって、いくつか目安になるものがあります。
まずは毎月返済額です。一般的に年収に占める住宅ローンの年間返済額の割合が25%以内であれば無理なく返済できるといわれています。フラット35で35年間の返済計画を立てた場合、年収400万円の人は2500万円強、年収600万円なら3800万円弱の借入額であれば25%の機運を満たせられます。

そのほかに住宅ローンの借入額の目安として、毎月返済額の300倍という計算方法もあります。毎月返済できる金額を10万円とすれば、3000万円までの借入金額であれば返済を続けられると推測できます。

さらに現在賃貸物件で暮らしている人は、現在の家賃をベースにしてみる方法もあります。今の家賃が今後は住宅ローン返済に名前が合わるだけで、出ていくお金は一緒なので家計のやりくりもしやすいでしょう。このような返済をベースにして、いくらまでなら借り入れ可能かを考えましょう。

フラット35を利用するにあたって注意すべきことは金利です。
フラット35では一般的に、申込段階ではなく融資実行された段階の金利が適用されます。ですから申し込み時にホームページなどで見ていた金利よりも実際の適用金利が上がっていることも考えられます。ただしARUHIのフラット35はスピーディに融資してくれるので、金利の変わるリスクはさほど高くないでしょう。

住宅ローンに申し込むにあたって、必要書類がいくつかあります。
公的機関で発行申請する必要のある書類も含まれます。住宅ローンの手続きを進めるにあたって、早めに手配をしておきましょう。まず家族全員の住民票、印鑑証明書、健康保険証、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。

さらに収入を証明する書類を提出します。給与所得者の場合、源泉徴収票や住民税課税決定通知書もしくは特別徴収税額の通知書が該当します。自営業者やフリーランスなどの確定申告を毎年行っている人は、納税証明書もしくは住民税課税証明書、確定申告書のいずれかを提出します。両方とも、直近2~3年分の所得を証明する書類が必要になると思ってください。

そのほかに、物件に関する必要書類も準備しなければなりません。売買契約書や重要事項説明書、土地建物の登記事項証明書、パンフレット・販売図面、土地の公図・実測図、建物図面・各階平面図などです。

どのような物件を購入するかによって必要書類は変わってきますが、販売した不動産会社に相談すれば、あらかた書類は準備してくれるはずなので手配を依頼しておきましょう。ただし登記簿謄本は、法務局で入手する必要があるので、自分で手続きを済ませましょう。

マイホーム購入時には、住宅ローン含め、資金計画をどう立てるかがポイントになります。最初に予算を決めてしまえば、マイホームの購入候補もスムーズに絞り込めるでしょう。

ARUHIのフラット35は本当にお勧め?ほかの住宅ローンと比較してみた

フラット35から融資を受けるのと民間の金融機関の住宅ローンを利用するのとどちらがいいのか、金利で比較すると現時点ですが民間の住宅ローンのほうが有利でしょう。

2016年12月時点で、フラット35は1~2%が相場です。一方民間の金融機関の住宅ローンの中には、1%を切るような金利で融資しているものもあります。たとえばイオン銀行の住宅ローンは、2016年11月時点で0.57%となっています。

しかし現時点では民間の金融機関の住宅ローンのほうがお得に借り入れできます。しかし金融機関の住宅ローンの場合、変動金利の適用されることが多い点に着目しましょう。もし今後政策金利が挙げられれば、金利の上昇する可能性があります。現在日本では超低金利政策が行われているので、下がることはなくても上がることは十分考えられます。

一方フラット35は全期間固定金利です。たとえ今後金利が上昇局面を迎えても、契約当初の金利が適用されます。最長35年間の返済期間であることを考慮すると、フラット35のほうが金利上昇リスクをマネージメントするためにもお得と考えられます。

フラット35を販売している金融機関はいろいろとあります。その中でもARUHIのフラット35は、ほかにはないメリットがいくつかあります。
まずARUHIは日本全国に実店舗を展開している点です。2015年度末の段階で、日本全国に168か所を展開しています。これはフラット35を取り扱っている金融機関の中では屈指の多さです。

実店舗を訪れれば、無料で住宅ローンの相談ができます。しかもほかの金融機関の場合、購入する物件が決まった後で住宅ローンについて相談することが多いです。しかしARUHIでは、購入する物件が具体的にまだ決まっていない段階で、住宅ローンについての相談ができます。相談の予約はインターネットから手続きでき、24時間好きな時に申し込みできます。

店舗によって営業時間が異なりますが、中には土曜・祝日でも住宅ローンの相談を受け付けているところもあります。平日は仕事でなかなか相談に行けない人でも、休日を利用して住宅ローンの各種相談ができます。

もう一つARUHIのフラット35が人気のポイントとして、審査スピードの速さにあります。事前審査は最短当日・本審査は最短3営業日で審査手続きが完了します。これは全住宅ローンを見ても屈指の速さといっていいです。

ネット銀行などの住宅ローンに申し込むと、審査だけでも2~3週間・融資が実行されるまで1か月半以上かかってしまうこともあります。このため引き渡しのタイミングまでに間に合わないとか、希望の物件が流れそうになったなどの体験談もインターネットで紹介されています。契約まで時間にあまり余裕がない、人気の物件を購入する際などはスピーディに手続きの進められるARUHIのフラット35で借り入れるといいでしょう。

ほかにもARUHIのフラット35は、保障の充実しているのが特徴です。失業した場合の保障や8疾病保障特約などです。8疾病保障特約は、がんや心疾患、脳血管疾患、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎と日本人の死因で多い疾患が含まれます。フラット35にこのような疾病保障特約を付けたのは、ARUHIが日本で初めてです。

またARUHIのフラット35は、業界でも最低水準の住宅ローン金利であるといわれています。しかも最低水準は一時的なことではなく、2004年に取り扱いを開始してから一貫して最低水準で推移しています。このような利用者にとっては使い勝手のいい住宅ローンということで、ARUHIのフラット35はフラット35利用者の4人に1人が利用しているのです。

ARUHIのフラット35は実際のところどうなの?口コミをピックアップ

ARUHIのフラット35は、多数金融機関の取り扱っているフラット35の中でも圧倒的なシェアを誇っています。ところで実際に利用した人は、ARUHIのフラット35についてどのような印象を抱いているのでしょうか?ここではインターネットから、実際にARUHIのフラット35の融資を受けた人の体験談をいくつかピックアップしていきます。

「ARUHIは日本全国に実店舗があって、私の自宅の近所にもありましたので借入する前にいろいろと相談しました。対面で相談できるのは、安心感があります。返済シミュレーションを専門家と一緒にチェックできますし、何かあった時にはすぐに相談できるのが頼もしい限りです。
コスパで見るとほかの金融機関で安いところもあります。でも住宅ローンのようなかなりまとまった金額を借り入れる場合には、相談がいろいろとできるARUHIのフラット35のほうが安心だと思います」
「手数料がややほかのフラット35と比較すると高いかなという印象があります。でも実店舗で相談できますし、金利も業界内では最低水準なので手数料の高さのデメリットは十分払しょくできると思います。フラット35の中でもシェアがナンバーワンなのも納得ですね」
「日本全国に店舗があって、フラット35の相談の出来るのはたぶんARUHIだけだと思います。住宅ローンを実際に組んでみるとお分かりだと思うのですが、近くで気軽に相談できるのは大きいです。手数料はほかでも安いところが出てきていますが、自信を持ってベストの住宅ローンを組みたいと思っている人はARUHIのフラット35はお勧めですね」
「自分でインターネットなどを使ってフラット35のことを勉強して、自力で住宅ローンを組もうと思っているのであれば、ARUHIよりも手数料の安い金融機関に申し込んでみてもいいかもしれません。でも住宅ローンを組むのが初めてで、自分で選ぶのには自信が持てないのであれば、無料で相談できるARUHIのフラット35も有力な選択肢になると思いますよ」

このように、ARUHIの住宅ローンを選んだ人の体験談を見ると、実店舗で対面方式にて相談できるところを重視しています。住宅ローンはそう何度も組むローンでありませんし、何千万円単位で借り入れをするので専門家と相談しながら組みたいと考える人が多いようです。多少手数料がかかっても、安心感を得るためにもARUHIのフラット35を利用するといいでしょう。

実績を考えればARUHIのフラット35がお勧め

ARUHIは2004年からフラット35の取り扱いを始めていて、10年以上の歴史を誇っています。2010年からは6年連続でフラット35のシェアナンバーワンを継続しています。しかもほかに何百の金融機関が取り扱っている中で、全体の1/4前後のシェアを誇っているのでフラット35ならとりあえずARUHIに申し込む傾向があります。

ARUHIのフラット35が人気なのは、その実績を見ればお分かりでしょう。2014年12月には住宅ローン残高が2兆円を突破していますし、2014年8月には住宅ローン累計実行金額2兆5000億円を突破しています。さらにはフラット35の累計実行件数は10万件を突破していて、これは業界でも史上初の快挙です。

ARUHI自体も安定した経営を続けています。2014年度末の行政は営業収益が123億円・税引き前利益が40億円となっています。

ARUHI利用者はもう一つ特典があって、火災保険の割引サービスが受けられる点も注目しましょう。AIUのホームライフ総合保険という火災保険があるのですが、ARUHIの住宅ローンを組んだお客さんには保険料が20%引きになります。

そのほかにも新築物件割引として10%オフ、発電エコ住宅割引として3%オフ、オール電化住宅割引、耐火性能割引などもあります。マイホームを購入した場合、家事などのもしもの時のために火災保険への加入は必須といえます。その火災保険に割引で加入できるメリットもあります。

フラット35で無理なくマイペースで住宅ローンを組みたい人にはお勧めです。その中でもサービスの内容やこれまでの実績を考慮すると、ARUHIは有力な候補になるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

  関連記事

イエイ不動産一括査定は利用実績300万人超!不動産売却するのに欠かせないツール

そもそもイエイ不動産一括査定ってどんなサービス? 出典:yeah.jp 不動産売 …

ネット銀行ならではの超低金利!イオン銀行の住宅ローン特徴丸分かり

家を建てたい人、いつもイオンで買い物する人、必見住宅ローン 住宅ローンを利用して …

東京オリンピックが2020年に開催!不動産価格に影響は?

前回東京オリンピックはどうだったか? 2020年に東京オリンピックが開催されるこ …

中古不動産を少しでも高く売却したい!そんな人が行うべき2つのコツ

買い手のことを考える 中古不動産物件を所有している人で、手放したいと考えている方 …

不動産の鑑定と査定の違いは公的な重みがあるかどうか

不動産の査定そして鑑定には大きな基準に違いがあります。これから不動産を手放すとい …

免除も可能!?不動産売買の契約時に必要な「印紙税」についての基本的概要

印紙税とは、印紙税法という法律で定められた「課税文書」に課される税金のことです。 …

不動産売却時、固定資産税の費用負担を少しだけでも軽くするには?

固定資産税とは、土地や建物などの固定資産を所有している人に市町村が課す税金のこと …

「不動産がどうしても売れない…」価格値下げのタイミングはどうすべきか?

不動産の取引をおこなうとき、売主側は「できれば高く売りたい」、買主側は「できれば …

適正価格で不動産売却するなら不動産査定エージェント

不動産査定エージェントってどのようなサービスなの? 土地や建物などの不動産を所有 …

不動産をとにかく早く売却したいならこうすればよかった

「急な転勤で今の家を急遽売却したい」 生活の変化に伴って持っている不動産をどうに …