イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

売れる不動産の間取りを徹底研究!人気の部屋数や配置の傾向を考えてみる

   

もし間取りを軸に不動産を買う場合、何を基準に検討をしますか?家族構成や生活スタイル、趣味の種類などそれぞれの生活環境を考えたうえで希望する内容を決めるのではないでしょうか。

よほど特質な生活環境でない限り、ほとんどの場合一般的な、誰でも想像しやすい生活スタイルが主流になってくると思います。

その場合に「売れやすい不動産」とはどういうものなのか、一般的な生活スタイルに合致しそうな間取りとはどうなるのか、ご自身の考える生活環境や生活スタイルを想定してみると少しずつ答えにたどり着きそうですね。

これからご紹介する「売れやすい不動産」は、そのような「一般的な生活環境やスタイル」をもとにして考えられています。今後不動産を購入する、または注文住宅として新築する場合、または現所有の不動産を売却することを考えている場合はぜひこの記事を参考にしてみてください。

「売れやすい不動産」部屋数や部屋の種類の傾向は?

不動産の部屋数や種類は、一人暮らし向けや夫婦のみ二人暮らし向け、一世帯家族向けや二世帯家族向けなどさまざまです。売却ということを考えると、

やはり一人暮らし向けや二世帯家族など極端に人数が少ない世帯用の間取りや、大家族向けの間取りは人気があまり多くない傾向が一般的なようです。

やはり人気がでるとすれば、3〜4人家族が無理なく生活できる部屋数や種類のものになってくるのではないでしょうか。

最も人気は「2LDK」「3DK」「3LDK」という部屋数と種類のものに集中してきます。

ポイントは「リビング」。ゆったりと家族と過ごす時間や場所を大事にしたいというのは、間取りを考えるうえで一般的な家庭の方が最もよく希望するものだからです。

もしリビングにそれほどこだわらないとしても、リビングなしで部屋数が2つはちょっと少ないかなと考える方が最も多く選ぶのが「3DK」。もし経済的に余裕があるのであれば、理想的なのは「3LDK」となるわけです。

不動産の部屋数や種類では、以上のような内容が売れやすいか売れにくいかの判断材料になるのではないかと思います。

「売れやすい不動産」部屋の配置や全体の形の傾向は?

住宅は一般的に、基本的な部屋や住宅設備の配置があります。一般的に理想とされる配置になっていれば、比較的に売れやすい不動産と言えるようです。

例えば、トイレやお風呂・洗濯機の置ける洗面脱衣室などは、給排水の関係上や動線として近くにかたまっていたほうが使いやすいのではないでしょうか。また、リビングやダイニング・キッチンなど食事とくつろぎの空間も、できれば近くに配置されているほうが一般家庭としては暮らしやすいようです。

一戸建ての場合は、生活のメインとなる空間や設備が2階にあると、将来年を取ってから使いにくいのでは、というお声もよく聞くことがあります。平屋建てが人気なのは、このことが理由なのです。

たまに見かける先進的な変わった外観デザインの住宅や、やけに吹き抜けが多かったり階段の位置が変わったところに配置してあるこだわりぬいた室内空間なども、偏った趣向の人にしか受け入れられてもらえない可能性があります。

まとめ

「売れやすい不動産」という考え方は、「ビジネス」そのものです。買ってくれる相手がいないことには先に進むことができません。根本としてまずは売れやすいということをよく考えて、最初に不動産の購入や新築を考えるのが理想と言えます。

もしすでに、売れにくそうな不動産を購入済みであったり新築済みであるときに、それでも売却を考えたいのであれば、集客段階から「売れる方法」を考えないといけません。

あとは売買を仲介してくれる不動産会社に、売れるためのポイントを一緒に考えてもらうことです。不動産会社はプロフェッショナルなので、売れにくそうな不動産でも何か付加価値表現やポイントを見出してくれる可能性があります。

不動産の売却に関しては、ご自身だけで考えるのではなく、周りの方や専門家に相談しながらリスクなく進めていくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

  関連記事

最大6社の中から比較できる!すまいValueの特徴を徹底調査

96.7%の人がトラブルなく売却できた!その理由を紹介 >>>すまいValueの …

東京オリンピックが2020年に開催!不動産価格に影響は?

前回東京オリンピックはどうだったか? 2020年に東京オリンピックが開催されるこ …

不動産の鑑定や査定時のホームインスペクションとは住宅診断

不動産売買をする場面でホームインスペクションという言葉を耳にすることがあります。 …

中古不動産売却にリフォームは必要か?それは規模による

費用の回収を考えよう 中古不動産を売却するにあたって、リフォームをした方が良いの …

ネット銀行ならではの超低金利!イオン銀行の住宅ローン特徴丸分かり

家を建てたい人、いつもイオンで買い物する人、必見住宅ローン 住宅ローンを利用して …

不動産売却時、固定資産税の費用負担を少しだけでも軽くするには?

固定資産税とは、土地や建物などの固定資産を所有している人に市町村が課す税金のこと …

ソニーの不動産会社?不動産一括査定を利用するにはソニー不動産がおすすめ

不動産業界で画期的なエージェントによる売却サポートが行われる 出典:sony-f …

不動産譲渡所得税に関する必見の税金知識!安くするための「特例」とは?

不動産譲渡所得税とは、持っている不動産を売却するときに生じる所得に対しかかってく …

不動産オークション 日本でやってるの?

不動産がなかなか売れないというときに、ある人は不動産オークションサイトなどで家を …

不動産が売れないときの「値下げベストタイミング」はコレだ

不動産が売りたくてもなかなか売れないというときに、仲介の不動産会社からも「ちょっ …